MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 27日 ソウル 11.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
実質賃金、韓>日...過去14年間の賃金上昇率OECD1位
記事入力 2015-02-12 17:38 | 記事修正 2015-02-16 17:56:19
購買力を基準に換算した韓国労働者の平均賃金は、史上初で日本を追い抜いたことが分かった。また、1990年から2013年までの賃金上昇率も、韓国が経済協力開発機構(OECD)諸国の中で最も高いことが分かった。しかし、賃金不平等はOECD加盟国の中で2番目に高い水準だった。賃金は急峻に上昇したが、大企業の労働者を中心に上がり、労働者間の賃金不平等は深刻化したという話だ。

12日、経済社会発展労使政委員会が発刊した「2014賃金報告書」によると、2013年末現在、韓国のフルタイム労働者の購買力基準の平均賃金は3万6354ドルで、日本(3万5405ドル)よりも高かった。名目賃金はまだ日本(4万798ドル)が韓国(3万99ドル)を大きくリードしているが、物価水準を考慮した実質賃金は日本を追い抜いたわけだ。賃金統計で日本をリードしたのは初めてだ。OECD28カ国のうち、韓国の購買力基準賃金は17位で日本は18位だった。

レポートの作成に参加したソウル科学技術大学のチョン・イファン教授は、「フルタイム労働者の年間総賃金を基準にしたものなので、労働時間が勘案されていない限界を考慮しなければならない」と語った。

1990年から2013年の間のドル表示基準の賃金上昇率は、OECD加盟国の中で韓国が1.69倍で最も高かった。2013年の平均賃金は1990年の平均賃金の1.69倍という話だ。同じ期間、日本は1.05倍の増加でほぼ停滞状態であり、米国は1.33倍に増加した。自国通貨基準の賃金上昇率も、1990~2013年の間に4.68倍で、韓国が圧倒的に1位だった。自国通貨基準で3倍以上増加した国は韓国だけだった。

とは言え、労働者間の賃金不平等は深化していることが分かった。報告書によると、韓国の低賃金労働者の割合は2012年現在25.1%で、OECD加盟国のうちで米国(25.3%)の次に高いレベルだった。低賃金労働者の割合は、労働者の平均賃金の3分の2未満を得る労働者がどれくらいなのかを示す指標だ。

[キム・ギチョル記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

실질임금 韓 > 日…지난 23년간 임금상승률 OECD 1위


구매력 기준으로 환산한 한국 근로자들의 평균 임금이 사상 처음으로 일본을 앞지른 것으로 나타났다. 또 1990년부터 2013년까지 임금상승률도 한국이 경제협력개발기구(OECD) 국가 중 가장 높은 것으로 조사됐다. 하지만 임금불평등도는 OECD 국가 중 두 번째로 높은 수준이었다. 임금은 가파르게 상승했지만 대기업 근로자 중심으로 올라가면서 근로자 내 임금 불평등이 심화됐다는 얘기다.12일 경제사회발전 노사정위원회가 발간한 ‘2014 임금 보고서’에 따르면 2013년 말 현재 한국 풀타임 근로자의 구매력 기준 평균 임금은 3만6354달러로 일본(3만5405달러)보다 높았다. 명목 임..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース