MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 19日 ソウル -4.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ユニリーバ、1兆2千億でカーバーコリアを買ったワケは?
記事入力 2017-11-02 17:30 | 記事修正 2017-11-03 16:58:18

化粧品ブランドAHCで有名なカーバーコリア(CARVERKOREA)が世界的な生活用品企業のユニリーバ(Unilever)社に3兆2289億ウォンで売却されたことにより、売却者のベインキャピタル・ゴールドマン・サックスコンソーシアムとイ・サンロク会長は2兆5100億ウォンに達する売却差益を得た。

サードの余波で国内の化粧品企業が苦境に置かれた状況で、莫大な売却差益を上げたという点でよりいっそう輝く成果だ。ベインキャピタルコンソーシアムは2016年6月、カーバーコリアの株式60.39%をイ・サンロク会長などから購入した。イ・サンロク会長は株式売却後も株式35%の大株主として、経営に引き続き参加してきた。

カーバーコリアが他の化粧品企業と区別される部分は、A.H.Cの持つブランド力だ。俳優イ・ボヨン、キム・ヘス、カン・ソラのような国内トップスターはもちろん、海外スターのアン・ハサウェイまでモデルに起用し、しっかりとしたブランドパワーを作り出した。

このようなブランドパワーに加え、カーバーコリアと取引している国内メーカーの開発生産(ODM)企業のコスメクス(COSMAX)や韓国コルマ(KOLMAR KOREA)などに対する魅力が、グローバル企業のユニリーバ社を引き寄せたという分析も出ている。

化粧品業界の関係者は、「多国籍企業は文化的・言語的障壁などの要因により、世界で最も技術力が高いという評価を受ける国内ODM企業と協業することは容易ではない」とし、「カーバーコリアを通じて、国内ODM企業への接近性を向上させるつもりだろう」と分析した。

ユニリーバはカーバーコリアの買収によって、アジアの化粧品市場に対する攻略の拠点を設けると同時に、化粧品生産の品質管理のための「マネージャー」を採用する効果まで得たわけだ。カーバーコリアは企業が現金を創出する能力の指標である償却前営業利益(EBITDA)が、昨年の1830億ウォンから今年は2000億ウォンに成長したと推定される。企業売却価格が通常はEBITDA比で10倍のレベルで形成されることを考えると、ユニリーバは1兆2000億ウォンを超える追加のプレミアムを与えたわけだ。

このおかげで株式35%を持っていたイ・サンロク会長は、売却代金1兆ウォン水準の現金を確保した。これは当初、ベインキャピタルコンソーシアムがカーバーコリアを買収する当時、株式100%換算の企業価値である7167億ウォンを超える金額だ。ベインキャピタルコンソーシアムが自分たちの利益のために企業価値に力を注いだ結果、既存のオーナーも利益を得てWin-Winになったわけだ。

国内の投資銀行(IB)の関係者は、「イ・サンロク会長の成功神話に鼓舞された企業オーナーがベインキャピタルをたずね、企業を買って欲しいとドアを叩くケースが大きく増えた」と語る。今後、ベインキャピタルは国内企業の買収・合併(M&A)市場で役割が増えるだろうという業界の見通しが出てくる理由だ。特にイ・ジョンウ韓国代表が任命された2015年以降、カーバーコリアのほかにもバイオ企業のヒュージェル(HUGEL)まで買収するなど、活発な動きを続けていることから、最も選球眼に優れた私募投資ファンドという賛辞を得ている。

隠遁の経営者として知られているイ・サンロク会長は、エンターテイメント事業を準備することが分かった。 IB業界の関係者は、「イ会長は公演と音楽などに対する個人的な情熱が強くて造詣も深い」とした。イ会長が化粧品業界に続き、エンターテイメント業でも新しい風を起こすのか注目される。

[カン・ドゥスン記者/ハン・ウラム記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[핫딜 막전막후] 카버코리아, 유니레버에 1조2천억 웃돈받고 팔린 까닭

화장품 AHC 브랜드파워에 코스맥스·한국콜마 등 ODM기업 거래도 한몫
베인, 1조5천억 평가 차익…현금1조 확보한 이상록회장 향후 엔터 사업 진출 전망


◆ 레이더M ◆ 화장품 브랜드 AHC로 유명한 카버코리아가 글로벌 생활용품 기업 유니레버에 3조2289억원에 매각됨에 따라 매각자인 베인캐피털·골드만삭스 컨소시엄과 이상록 회장은 2조5100억원에 달하는 매각 차익을 얻었다. 사드 여파로 인해 국내 화장품 기업이 곤경에 처한 상황에서 막대한 매각 차익을 올렸다는 점에서 더욱 빛나는 성과다. 베인캐피털 컨소시엄은 2016년 6월 카버코리아 지분 60.39%를 이 회장 등으로부터 사들였다. 이 회장은 지분 매각 이후에도 여전히 지분 35%를 가진 주요 주주로 경영에 계속 참여해왔다.카버코리아가 다른 화장품 기업과 차별된 대목은 AH..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース