MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 19日 ソウル -4.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
名門大学の商・経学生も就職難...ロースクール人気
記事入力 2017-11-13 17:46 | 記事修正 2017-11-14 15:52:46
「希望の企業に就職することは難しく、他の試験を準備することも容易ではないことから、学科の友人はほとんどロースクール進学を考えています。私もどうせなら専門職になることが合理的だと判断し、ロースクールを考えています」高麗大経営学科15学番(2015年度入学生)の学生Aさん。「就職準備をしながらロースクール進学に方向を定めました。弁護士の資格を持つことは、あえて法律事務所ではなくても就職の選択肢が増えることになります。まわりにもこのような考えを持つ友人が多いです」ソウル大経営学科12学番のBさん。

「針の穿を通す」に比肩する就職難のために、ロースクールに目を向ける大学生が急増している。それも就職に問題の無い、国内最上位圏の大学の経営学科の学生さえもがロースクールへの進学準備にオールインする状況だ。高スペック学生の専門職に対する選好現象が強化されつつ、ロースクールに対する人気が急騰している。法曹界ではロースクール卒業生の法律事務所への就職競争率が大幅に上昇することを懸念し、企業では「商経系の優秀な人材を見つけるのが少しずつ難しくなるのではないか」と「人材偏重」の深化を気遣う。

13日、毎日経済が教育部の資料を分析した結果、国内トップレベルのロースクールであるソウル大・高麗大・延世大の各ロースクールに対する商・経系列出身の入学生の割合は平均45%と、ほぼ半数に近いことが分かった。ロースクール制度を初めて導入した2009年に比べて120%も増えた数字で史上最大だ。

これまで大学で最も就職の良い専攻として選ばれてきた商経系列の学生が、激しい就職難でロースクールに向かっているわけだ。特にソウル大・高麗大・延世大の各経営学科のような、最上位圏大学の代表学科でこのような現象が目立つ。学生の目線が高いために、これを満たさない職場に行けないなら専門職を選択するという心理が作用したものと解釈される。端的な例として、ソウル大学ロースクールは入学生の88%がソウル大・高麗大・延世大の卒業生だ。高麗大学経営学科を卒業して釜山大学のロースクールに進学した金某氏(28)は、「経営学部の同期生のあいだでは、もう2~3年苦労して専門職に就くのが長い目で見て得だろうと話している」と語る。

ロースクールを誘致した大学が学部から法学部をなくすことで、これまでロースクールに進学しようとした学生が商経系列や人文社会系に進学したことを考慮しても、商経系列のロースクール進学ブームは激しい方だ。延世大法学専門大学院のイ・ヂュンギョ副院長は、「学部から法学部をなくした大学は少数だが、これに反して商経系列全体の学生のロースクール志願率はそれよりも多く増加した」とし、「一方で理工系学生の支援率は例年よりもしだいに低下している点が目立つ」と述べた。

実際、今年の法学適性試験(LEET)の志願者数は大幅に増加した。去る8月に施行されたLEETに志願した人員は1万58人で、初めて志願者が1万人を超えた。実際に試験を受けた受験生も、制度導入初年度の2009年(9693人)以来で2番目に多い9400人を記録した。 LEET受験生は2010年以来、ずっと7000~8000人のレベルを行きつ戻りつしたが、今年は再び9000人台となった。司法試験が今年を最後に廃止される予定なので、ロースクール受験生はさらに増える見通しだ。

就職難で学部卒業後にすぐにロースクールに直行する学生が増え、ロースクールの入学年齢もますます低くなる傾向にある。実際にソウル大・高麗大・延世大のロースクール合格者の60%は学部卒業生であると集計されたが、2009年に15%から9年のあいだに4倍に増加した。

当初、ロースクール制度の趣旨は、大学を卒業後に各分野でのキャリアを積んだ者がロースクールを通じて、専門性に法学を加味した優れた法曹人材になるようにすることだった。しかし最近ではロースクールが一種の就職の関門に転落し、ロースクール導入の趣旨に合致していないとの批判も出ている。

法曹界ではロースクールの卒業生が経験することになる「2次就職難」を懸念する声が高まっている。ある大手法律事務所の関係者は、「ロースクールを卒業して裁判所・検察・大手法律事務所に行く者の数字は、すべて合わせてみたところで年に300~400人レベルだが、ロースクールを卒業して試験を受ける者は1200~1300人にのぼる」とし、「人材の供給ぶんだけの需要があるべきだが、弁護士市場が難しいことからロースクールを卒業しても就職が容易ではないことを知るべき」だと語った。

企業も「人材偏重現象がさらに深刻化するのではないか」と副作用を心配している。ある金融会社の人事担当者は、「最近は工大生だけ集まってきて、専攻の多様性を確保するのは容易ではない状況」だとし「しだいに優れた商経系列の人材を見つけるのは難しくなりそうだ」と苦情をうちあけた。

[キム・ヒョヘ記者/チョ・ソンホ記者/キム・ヒレ記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[단독] 명문대 경영학과도 취업난…SKY 로스쿨 절반이 상경계

"눈높이 낮추느니 전문직으로"…합격자 45% 상경대 졸업생, 9년전에 비해 120% 폭증
입학연령도 점점 낮아져…학부졸업생이 60% 차지
법조계 "도입취지 퇴색"…기업들은 "우수인력 잃어"


"원하는 기업에 취업하기는 어렵고 다른 고시를 준비하는 것도 쉽지 않다 보니 학과 친구들이 대부분 로스쿨 진학을 고민하고 있습니다. 저도 기왕이면 전문직이 되는 것이 합리적이라고 판단해 로스쿨을 준비하고 있습니다."(고려대 경영학과 15학번 A씨) "취업 준비를 하다가 로스쿨 진학으로 방향을 틀었습니다. 변호사 자격증을 갖게 되면 굳이 로펌이 아니더라도 취업의 선택지가 늘어날 것 같습니다. 주변에도 이런 생각을 하는 친구가 많아요."(서울대 경영학과 12학번 B씨) `바늘구멍 뚫기`에 비견되는 취업난 때문에 로스쿨로 눈을 돌리는 대학생이 급증하고 있다. 그나마 취업..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース