MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 17日 ソウル -6.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ロッテ、果敢なロシア開拓...極東にもLOTTEワールド
記事入力 2017-12-01 16:05 | 記事修正 2017-12-05 16:15:40
ロッテグループはロシア極東地域の大規模な投資を通じて、政府の「新北方政策」に力を添える見通しだ。

1日、ロッテグループは現代重工業が保有するウラジオストクの現代ホテル(ウラジオストクビジネスセンター)と、ウスリースク地域の農場3ヶ所の買収契約を締結したと発表した。買収金額は総865億ウォン水準だ。現代ホテルはウラジオストク内の唯一の5つ星ホテルで、近くの交易都市ウスリースクの農場の規模はソウル市の面積の6分の1に達する。

ロッテグループ側は、積極的な海外新市場開拓を注文した辛東彬(シン・ドンビン)会長の意志によるものだと説明した。とくに最近、ウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」に文在寅(ムン・ヂェイン)大統領が出席し、鉄道や港湾など9つの課題に対する韓国・ロシア間の経済協力を強調しただけに、ロッテの今回の発表は極東地域における韓・ロ協力の信号弾という評価だ。

ホテルロッテが100%買収したウラジオストクの現代ホテルは、地下1階~地上12階建ての規模で、5つの宴会場と153室の客室を備えた5つ星ホテルだ。モスクワとサンクトペテルブルクに続き、ホテルロッテがロシアで3番めに保有することにしたホテルであり、年末に日本でオープンするロッテアライリゾート(LOTTE ARAI RESORT)に続く10番めの海外ホテルになる見込みだ。

ロッテの関係者は、「現代ホテルは既存のモスクワとサンクトペテルブルクのホテルとともに、ロシア内で最高のホテルとして定着するだろう」とし「今回の現代ホテルの買収で、極東地域でも高級ブランドイメージをいっそう強化できるようになった」と語った。

これとともに、ロッテ商事は沿海州地域で9917万3554平方メートル(約3000万坪)規模の土地耕作権と営農法人の買収契約を締結した。現代重工業が保有している農場の「現代ホロルアグロ」の株式100%をはじめ、「現代ミハイロフカアグロ」の株式100%、「現代プリモリエカ」の株式49.99%を取得する。これにより、ロッテ商事は韓国に近い沿海州地域に、営農事業の基盤を確保することになった。ロッテ商事は最近、将来の食料資源の確保と開発事業を着実に推進してきた。ロッテ商社側は農業のほかにロシアの水産業など、関連事業に対する機会を模索できるものと期待している。

現代重工業の沿海州農場事業はこれまで、海外営農の優秀事例として紹介されるほど成功裏に運営されてきたため、流通・食品事業に強みのあるロッテとの相乗効果を出しつつ、一段階跳躍できるという展望も出ている。

ホテルロッテとロッテ商事は諸般の手続きを経て、来年2月までに買収を終える計画だ。現地の労働者たちは雇用を継承することにした。専門性のある人材を維持しながらロッテの事業能力を加え、ロシア極東地域の攻略に総力戦を繰り広げるという戦略だ。

すでにロシアで観光・流通・食品事業などを活発に行ってきたロッテは、今回の買収によって領域をロシア極東地域にまで広げた。このようなロッテのロシアにおける事業強化は、ムン・ジェイン政府が推進している「新北方政策」と脈を同じくするという評価だ。ムン大統領は9月、ウラジオストクで開かれた「第3回東方経済フォーラム」で「東北アジア諸国が極東で経済協力に成功している姿を見ると、北韓もこれに参加することが利益だと悟るだろう」と、新北方政策の推進を力説している。ムン大統領は当時、ガス・鉄道・港湾・電力・北極航路・造船・雇用・農業・水産など9つの分野での協力を意味する「9つの橋」を提示して、ロシアの極東地域の開発に積極的に参加するという意志を明らかにした。一部ではロッテがサードの影響で中国事業が危機を迎え、ロシアとベトナムなどに事業の方向を向けているという指摘も出ている。

ロッテグループの関係者は、「海外の新市場開拓のためにシン・ドンビン会長の意志があまりにも強く、中央アジアや極東地域への進出を積極的に模索している」とし、「政府が新北方政策を通じてロシアとの協力を明らかにしただけに、この地域への進出を準備中の他の韓国企業とも相乗効果を出すことができると思う」と語った。

ロッテグループは1988年のソウルオリンピック当時、ソビエト連邦の選手団を後援してロシアと縁を結んだ後、1990年に両国の国交樹立とともに本格的にロシアに対する進出を検討し始めた。以後、2007年にロッテデパート、2010年にロッテホテルと順番にモスクワへの扉を開いて、業界初の海外事業を進めた。ロッテ製菓は2010年にロシアのカルーガ州にチョコパイ工場を建設して運営している。

[ペク・サンギョン記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

신동빈의 거침없는 러 개척…이젠 극동도 `LOTTE` 월드

롯데, 러 블라디보스토크서 현대가 운영하던 호텔 인수
연해주 초대형 농장도 함께 총 865억원 공격적 투자…정부 新북방정책과 시너지


롯데그룹이 러시아 극동 지역에 대한 대규모 투자를 통해 정부의 `신(新)북방정책`에 힘을 보탤 전망이다.1일 롯데그룹은 현대중공업이 보유한 블라디보스토크의 현대호텔(블라디보스토크 비즈니스센터)과 우수리스크 지역 농장 3곳에 대한 인수계약을 체결했다고 밝혔다. 인수금액은 총 865억원 수준이다. 현대호텔은 블라디보스토크 내 유일한 5성급 호텔이고, 인근 교역도시 우수리스크에 있는 농장 규모는 서울시 면적의 6분의 1에 달한다. 롯데그룹 측은 적극적인 해외 신시장 개척을 주문한 신동빈 회장의 의지에 따른 것이라고 설명했다. 특히 최근 블라디보스토크에서 열린 동방..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース