MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 24日 ソウル 9.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
現代自動車グループの社長団人事おわる
記事入力 2018-01-05 16:04 | 記事修正 2018-01-08 16:24:31
■ 現代自動車グループの社長団人事

現代自動車グループ内の9人の副会長のうち2人が顧問に退き、後任の社長は50代半ばから後半の年齢に若くなった。第二の外国社長昇進者も出た。

現代自動車グループは5日、現代・起亜自動車試験・高性能車担当のアルバート・ビアマン副社長を社長への昇進を発令したと発表した。 BMWの高性能車開発総括責任者として働き、2015年に現代自動車グループにスカウトされたビアマン社長は、短い期間に現代・起亜自動車の走行性能を世界レベルに引き上げたという評価を受ける。

ビアマン社長は鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長が直接スカウトした人材であり、BMWの高性能ブランド「M」を導いた人物としても有名だ。現代自動車でも高性能のブランド「N」の開発を統括しており、昨年9月に独フランクフルトモーターショーで「Nブランド」の初期作である「i30N」を欧州市場に公開した。

ビアマン社長の昇進で、現代自動車グループは現代・起亜車のデザイン総括を担当しているペーター・シュライヤー社長とともに2人の外国人社長を置くことになった。

2009年から10年近く現代グロービスを率いて、会社を販売規模15兆ウォンの大型物流会社に育てたキム・ギョンベ社長は現代ウィア社長に席を移した。現代ウィアは現代・起亜自動車の自動車部品や工作機械などを供給している会社で、現代モービスとグループ内の核心的部品会社にあげられる。

現代グロービスの後任社長には、現代・起亜自動車の購入本部長を務めたキム・ヂョンフン副社長が昇格発令をうけた。 1960年生まれで現代・起亜自動車の統合部品の開発室長と購入本部長を務めたキム・ヂョンフン社長は、仕事の発注偏り論難など、現代グロービスの山積した課題を解決する任務を与えられた。

現代・起亜自動車のパワートレインを担当していたムン・デフン副社長は現代パワーテック社長に、パク・トンウク現代建設財形本部長(副社長)は現代建設社長にそれぞれ昇進発令をうけた。現代自動車グループ内で最高のガソリンエンジンの専門家として通じるムン・デフン社長は、今後は現代ウィアで一次元高い変速機の開発を引き受けることになる見込みだ。パク・トンウク社長も現代建設のバリューチェーンの拡大と収益性の向上に邁進するとみられる。

イ・ヒョングン前起亜自動車副会長とキム・ヘヂン前現代パワーテック副会長、チョン・スヒョン前現代建設社長、ユン・ヂュンモ前現代ウィア社長、キム・テユン前現代自動車社長(中国担当)は、それぞれ顧問に委嘱された。イ・ヒョングン前副会長が去る起亜自動車は、前副会長とともに共同代表取締役であるパク・ハヌ社長が率いるとされる。チョン・スヒョン前社長は現代自動車グループのグローバルビジネスセンター常勤顧問に委嘱されて、グループの新社屋建設に力を加えると思われる。

イ・ヒョングン元副会長とキム・ヘヂン元副会長が一線から退いて、現代自動車グループ内の副会長は9人から7人に減った。

グループ内の副会長にはオーナー一家に属するチョン・ウィソン現代自動車副会長と、チョン・テヨン現代カード副会長がいる。専門経営人としては現代・起亜自動車の戦略企画を担当するキム・ヨンファン副会長、研究開発(R&D)側のヤン・ウンチョルとクォン・ムンシク副会長、労務・国内生産のユン・ヨチョル副会長があり、関連会社では現代製鉄のオ・ユチョル副会長が唯一だ。

今回、副社長から社長に昇進した3人は、すべて1960年代生まれの50代に属する。 60代を超える副社長2人が退陣し、現代自動車グループの社長団の年齢は若返った。

[イ・スンフン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

현대위아 김경배·글로비스 김정훈·건설 박동욱 사장

현대파워텍은 문대흥 지휘봉, BMW 출신 알버트 비어만
2번째 외국인 사장 승진…부회장은 9명에서 7명으로


■ 현대차그룹 사장단 인사 현대자동차그룹 내 9명의 부회장 중 2명이 고문으로 물러나고 후임 사장들은 50대 중후반의 나이로 젊어졌다. 두 번째 외국인 사장 승진자도 나왔다. 현대차그룹은 5일 현대·기아자동차 시험·고성능차 담당인 알버트 비어만 부사장을 사장으로 승진 발령했다고 밝혔다. BMW에서 고성능차 개발 총괄책임자로 일하다 2015년 현대차그룹으로 영입된 비어만 사장은 짧은 기간에 현대·기아차의 주행성능을 세계적인 수준으로 끌어올렸다는 평가를 받는다. 비어만 사장은 정의선 현대차 부회장이 직접 영입한 인재로, BMW에서 고성능 브랜드 M을 이끌었던 인물로 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語