MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
2月 18日 ソウル -3.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
雪原を疾走する選手になったみたい...「仮想現実五輪」
記事入力 2018-02-07 17:33 | 記事修正 2018-02-08 16:23:02

観覧客が江陵オリンピックパーク内のサムスンオリンピックショーケースで4D VRを体験している。現代・起亜自動車やKTなどもオリンピック会場に尖端展示館を設けた。 [江陵=キム・ホヨン記者]

「おお~、乗り越えていく?」。

7日、江原道江陵平昌冬季オリンピックパーク「サムスンオリンピックショーケース」の現場。スケルトン(そり型冬季スポーツ)の形の機器に身を寝かせた後、バーチャルリアリティ(VR)機器を使い始めるや否や、実際の競技が行われるスライディングセンターの全景が目の前に広がる。

続いて心臓がどきどきし始める。まもなく体が空に浮いた感じがすると、スライディングコースで疾走が始まった。そりを動かして支えるやいなや、全身に微細な振動が伝わる。くらっとする疾走が終わってVR機器をはずすやいなや顔に汗が吹き出ている。体はグラグラゆれるが、気持ちだけはスケルトン代表のユン・ソンビン選手になったようだ。

オリンピックの開幕を控え、尖端技術力を保有している企業の現場が熱くなった。サムスン、現代・起亜自動車、KTなどの平昌オリンピック公式パートナーは7日、いっせいにショーケース(広報館)を構築し、自社の技術を世界に広報するための動きに速度を加えた。企業オリンピックの核心キーワードは「体験」だ。 VRや5G(第5世代通信)を通じた鮮やかな競技経験は基本だ。言葉だけで聞いていた自律自動車など、未来の技術を一足先に味わうことができる。

毎日経済新聞が9日以降、一般に公開される主要企業のショーケースを一足先に体験した。最も注目をひきつけるのはだんぜんサムスン電子だ。サムスンは平昌・江陵オリンピックパークと選手村、平昌メインプレスセンターなど9ヶ所にショーケースを構築した。

7日に訪れた江陵ショーケースでは、必要なすべてのものが現実になった。モバイル、VR、モノのインターネット(IoT)などのサムスンが誇る技術が集約された。スケルトン、スノーボード、アルペン・クロスカントリースキーなどの冬季オリンピックの主要種目を最尖端のVRで体験することができる。

ここでは爽快な疾走をするアルペンスキー選手になったが、「雪原の上のマラソンランナー」クロスカントリー選手にも変身することができる。スノーボードも酷寒に震えることなく、いくらでも乗ることができる。鮮やかな体験の後に全身が汗で濡れるのが唯一の欠点だ。

サムスン電子グローバルマーケティングセンターのイ・ヨンヒ センター長(副社長)は、「サムスン電子の革新的な技術が集約されたサムスンのオリンピックショーケースを通じて平昌五輪の経験はより豊かになるだろう」と語った。

KTもほかほかしたスポーツ熱気に加勢した。この日KTはオリンピックの熱気を都心でも生き生きと感じることができるように、ソウル市の光化門に複合文化空間「KTライブサイト」を構築した。ここではVRシミュレータを介して、直接ボブスレーとアイスホッケーを体験することができる。

KT光化門社屋は巨大なスクリーンになる。 KTは大会期間の午後5時から主要な競技を、メディアファサード(建物の壁に映像コンテンツを投影する装置)を通じて送出し、都心で競技を楽しめるようにした。キム・ヒョンヂュンKT平昌冬季オリンピック推進団長は「できるだけ多くの人にKTの5G通信試験サービスを披露する」とした。

現代自動車は世界初の自律走行水素電気自動車(FCEV)の市内走行を平昌で試みて、オリンピック人気の「側面射撃」に乗り出した。 9日から平昌で一般人を対象に、自律走行体験車を運営する。

毎日経済が開幕に先立って5日に乗った自律走行車は、未来の車の感じがそっくりそのまま盛り込まれている。ハンドルに付いている自律走行ボタンを押すと、車は自ら動く。平昌の大関嶺119安全センター前を出発して、アルペンシアリゾート近くのソンボンヂェ交差点までの往復7キロメートルを音もなく走る。ロータリーや上り傾斜路、それにトンネルなどが複合的に混ざっていて、気軽に運転するには手ごわい道だ。しかしハンドルに手を触れなくても自律車は速度を出して、近づいてくる大型貨物車をよけることもしながら8分で安全にコースを完走した。車両に設置されたライダー(Lidar/レーザーを利用した距離測定センサ)6基、レーダー3基、カメラ4基が周辺200メートルをきっちりとにらみ、自動的にリスク要因を避けて走る。イ・ヂヌ現代自動車インテリジェント安全技術センター長は、「平昌オリンピックを契機に、想像が現実になる自律走行技術を確認することができるだろう」と強調した。

流通業界も奔走している。直接着たり食べたり飲んだりできるコーナーを設けて、消費者の接点拡大に乗り出した。オリンピックスポーツアパレル部門の公式パートナーであるヨンウォンアウトドア・ノースフェイスは江陵オリンピックパークに「ノースフェイスビレッジ」をオープンする。ここにはテントゾーンが入っており、事前予約によって休息を楽しむことができる。スキー、バイアスロン、ボブスレーなどの種目別に、テントに立ち寄って選手たちに応援メッセージを送ることも隠れ楽しみだ。

マクドナルドは9日、ハンバーガーとフライドポテトの形をとった店を江陵オリンピックパークに開設して異色の見どころを提供し、「平昌韓牛シグネチャーバーガー」などの地域色がはっきりオリンピックメニューも提供する。コカコーラも江陵・平昌に高15メートルの超大型自動販売機を立て、異色のマーケティングに乗り出した。

ロッテ百貨店は江陵氷上競技場などの競技場の近くで公式ストアを運営し、口コミで人気を集めた「平昌スニーカー」などを販売する。

[平昌・江陵=チョ・ヒョソン記者/キム・ヂョンファン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

설원 질주하는 선수 된것처럼…올림픽 가상현실에 `푹`

삼성·현대차 첨단 `올림픽 체험관` 가보니


◆ 평창올림픽 D-2 ◆ "어엇, 넘어간다~"7일 강원도 강릉 평창동계올림픽파크 `삼성 올림픽 쇼케이스` 현장. 스켈레톤(썰매형 동계 스포츠) 모양의 기기에 몸을 눕힌 뒤 가상현실(VR) 기기를 쓰자 실제 경기가 열리는 올림픽 슬라이딩센터 전경이 눈앞에 펼쳐진다.이내 심장이 두근거리기 시작한다. 곧이어 몸이 하늘에 붕 뜬 느낌이 들더니 슬라이딩 코스로 질주가 시작됐다. 썰매를 움직이고 지탱하자 온몸에 미세한 진동이 전해진다. 아찔한 질주가 끝나고 VR 기기를 벗자 등과 얼굴에 땀이 흥건하다. 몸은 휘청거리지만 기분만은 스켈레톤 국가대표 윤성빈이 된 듯하다.올림픽 개막을..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語