MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 16日 ソウル 1.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国銀行、44年ぶりに総裁再任...李柱烈氏
記事入力 2018-03-02 16:08 | 記事修正 2018-03-06 16:08:22

李柱烈(イ・ヂュヨル)韓国銀行総裁は、韓国銀行の歴史の中で2番目に再任に成功した。韓銀総裁が再任された事例はキム・ソン前総裁(1970~1978年)以来、この40年のあいだなかったことだ。現在の経済・金融政策の安定性を維持するという、文在寅(ムン・ヂェイン)大統領の意志が反映された結果だという解釈だ。

青瓦台は2日、来月から新たに任期を開始する韓銀総裁に李柱烈総裁を内定したと発表した。

青瓦台の関係者は、「李柱烈総裁はこの4年のあいだ金融政策を安定的に運営しており、今後も金融政策の継続のために4年以上リーダーシップを発揮できると判断した」と説明した。当初、韓銀内部を中心に李総裁の再任説が提起され。ただし大勢論ではなかったという点から、「サプライズ発表」という評価が出てくる。

大成高等学校と延世大経営学科出身の李総裁は、2014年に韓銀総裁に就任して以来は継続して量的緩和政策を繰り広げ、昨年11月に基準金利を0.25%ポイント引き上げて市場に強い印象を残した。また、中国・カナダ・スイスなどの主要国との通貨スワップを引き出したことで、国内外に存在感を誇示した。

青瓦台は来る6日の国務会議で、李総裁の人事聴聞会の要求案を議決する予定だ。以後は国会の人事聴聞会を経て、大統領が最終指名を行うことで李総裁は4月から第二期を開始することになる。

経済界では今回の総裁の続投を、2つにわけて解釈する雰囲気だ。新年早々、グローバルな経済環境をめぐる不確実性が大きく高まり、金融政策の安定性を向上させなければならないという声が大きくなったという分析だ。米国が本格的な利上げに乗り出し、韓・米間の金利格差の拡大など、マクロ経済の変数が複合的に変化する状況に置かれたからだ。

この4年のあいだ金融政策を遂行しつつ、主要国の中央銀行総裁と厚い人脈を築いてきており、李総裁を交代するだけの人物を見つけられなかったという解釈も出ている。さらに韓銀総裁職が前回から聴聞会の対象に変わった点も考慮されたという評価だ。すでに李総裁は4年前に聴聞会を通じて検証された状況だ。

[ソン・イルソン記者/キム・イノ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

44년만에…이주열 한국은행 총재 연임

靑, 통화정책 안정·연속성 고려…6·13지방선거앞 청문회도 감안


이주열 한국은행 총재가 한은 역사상 세 번째로 연임에 성공했다. 한은 총재가 연임한 것은 김성환 전 총재(1970~1978년) 이후 44년 만에 처음이다. 현 경제·통화정책의 안정성을 유지하겠다는 문재인 대통령의 의지가 반영된 결과라는 해석이다. 청와대는 2일 다음달부터 새로 임기를 시작하는 한은 총재 후보로 이주열 현 총재를 지명했다고 발표했다. 김의겸 청와대 대변인은 "이 후보자는 1977년 입행해 39년간 한국은행을 이끈, 통화신용정책 분야 최고 전문가"라며 "거시경제와 금융시장에 관해 풍부한 경험과 식견을 지니고 있고, 조직 내부의 신망도 높아 한국은행을 안정적으..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語