MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 16日 ソウル 1.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
LG電子、音声で命令...人工知能TV「OLED TV」
記事入力 2018-03-05 17:30 | 記事修正 2018-03-06 16:13:12

クォン・ボンソクLG電子HE事業本部長(右)とチェ・サンギュ韓国営業本部長は5日、ソウル市良才洞の瑞草R&Dキャンパスで「2018年LGテレビ新製品発表会」を開催し、「LG OLED TV AI ThinQ」を紹介している。 [キム・ホヨン記者]

「いま見ている番組が終わったら消してくれ」「ゲーム機に接続して」。

音声だけで制御できる人工知能(AI)テレビが国内で市販される。 LG電子は5日、ソウル市瑞草区良才洞に所在する瑞草R&Dキャンパスで、「2018年LGテレビ新製品発表会」を開催し、人工知能チップで画質改善と利便性の「二匹のウサギ」を握ったOLEDテレビの新製品を披露した。

LG電子は独自の人工知能プラットフォームである「ディープシンキュ(DeepThinQ)」を採用した「LG OLED TV AI ThinQ(シンキュ)」と「LGスーパーウルトラHD TV AI ThinQ」で、人工知能テレビでも市場をリードする計画だ。

LG電子がこの日発表したOLEDテレビの主要モデルには、独自開発した人工知能画質エンジン「アルファ9」が搭載された。アルファ9は入力映像を分析し、4段階でノイズを除去する。映像の欠けた部分やくすみを除去し、色のにじみを緩和する。対象物と背景を分離した後、それぞれ最適のコントラスト比と彩度を探し出して値を調整する。これによって対象物は鮮明になり、背景は遠近感が加わってさらに立体的な映像が得られる。

クォン・ボンソクHE事業本部長(社長)は、「アルファ9で色補正アルゴリズムはさらに精巧になった」とし、「正確な色を表現するのに役立つ色座標の基準色を、一般のテレビに比べ7倍以上に細かく分け、より正確で鮮やかな色表現が可能だ」と述べた。

LG電子は、人工知能テレビは自然言語音声認識機能を活用し、「人工知能カスタム検索」から「人工知能テレビ制御」「人工知能映像・サウンドモード調整」まで可能だ。これまではユーザーがテレビで検索したり設定を変更するときには、ボタンを複数回押して複雑な手順を経たが、LG人工知能テレビならマジックリモコンのマイク表示ボタンを押した後に命令すればいい。

世界のプレミアムテレビ市場の規模は、昨年の160万台から今年は250万台に拡大すると予想される中で、LG電子はOLEDテレビを前面に出して市場の優位性を守っていくという戦略だ。クォン社長は「3年間OLEDテレビを中心にプレミアム市場のシェアを拡大しつつ、売上げと収益性を改善した」とし、「昨年のOLEDテレビの販売比率は売上げの15%だったが、今年は20%を超えるものと予想している」と述べた。

LG電子が今年国内で発売するOLEDテレビは、全部で10モデル(77・65W8W、65W8K、65・55E8、77・65・55C8、65・55B8)だ。OLEDテレビの価格を昨年よりも20%ほど低く設定し、OLEDテレビ市場の拡大に乗り出す。OLEDテレビの価格は55インチ型で300万ウォンから360万ウォン、65インチ型は520万ウォンから1100万ウォン、77インチ型は1700万ウォンから2400万ウォンに策定した。

LG電子は壁と一体になる壁紙デザインの「LGシグネチャOLED TV W」スタンド型(65W8K)を追加した。 LG電子は画面サイズが大きくなっているプレミアムテレビ市場攻略のため、超大型77インチ型OLED TV(77C8)を1000万ウォン台のリーズナブルな価格で発売した。クォン社長は「OLEDテレビは3年前の価格に比べて3分の1以下の水準に下げた」とし、「このように、LG電子は受容可能な価格を提示するために、コスト革新を成し遂げていく」と説明した。

OLEDテレビ陣営に合流して爆発的上昇を示している、競合社のソニーに対しては余裕のある立場を示した。市場調査会社のIHSマキトによると、ソニーは昨年2500ドル以上のプレミアムテレビ市場でのシェア36.9%を記録し、1位を占めた。

LG電子は33.2%で2位に終わったが、これもまた意味があるという意味だ。クォン社長は「市場シェアを基準にして、10位企業の7社がOLED陣営に合流した。OLED陣営が大きくなるのは長期的な観点から悪くない」とし、「依然としてLG電子が主導している状況であり、今年も同じだと思う」と自信を見せた。クォン社長はまた、「LG電子はOLEDテレビを中心に、プレミアムテレビ市場で2倍以上の堅調な成長を続けている」とし、「今年は完璧なブラックと画質にAIを追加することにより、OLEDテレビは一段階高まる年になるだろう」と述べた。

[イ・ドンイン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

말 알아듣는 `인공지능 LG 올레드TV` 출격

AI 플랫폼 `딥씽큐` 적용…완벽화질 자동으로 찾고 가격도 작년보다 20% 낮춰
권봉석 사장 "올 TV매출 올레드 비중 20% 넘길것"


"지금 보고 있는 프로그램 끝나면 꺼줘." "게임기에 연결해줘." 음성만으로 제어할 수 있는 인공지능(AI) TV가 국내에 시판된다. LG전자는 5일 서울시 서초구 양재동에 위치한 서초R&D캠퍼스에서 `2018년 LG TV 신제품 발표회`를 열고 인공지능 칩으로 화질 개선과 편리함이란 두 마리 토끼를 잡은 올레드 TV 신제품을 선보였다고 밝혔다.LG전자는 독자 인공지능 플랫폼인 `딥씽큐(DeepThinQ)`를 적용한 `LG 올레드 TV AI ThinQ(씽큐)`와 `LG 슈퍼 울트라 HD TV AI ThinQ`로 인공지능 TV에서도 시장을 선도할 계획이다.LG전자가 이날 내놓은 올레드 TV 주요 모델에는 독자 개발한 인공지..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語