MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 16日 ソウル 1.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
微細粉塵で「人工涙液」市場が浮上
記事入力 2018-03-07 17:46 | 記事修正 2018-03-08 16:30:36

連日猛威を振るう微細粉塵にともに、スマートフォン中毒の深化で眼球乾燥症患者が急増するやいなや、「人工涙液」と呼ばれる眼球乾燥症治療剤の市場が急成長している。

微細粉塵がひどくなる春(3~5月)に、ドライアイの診療を受ける患者だけでも毎年100万人を超える。健康保険審査評価院によると、2004年は97万人水準だった眼球乾燥症患者は、2016年には224万人を超えた。 2016年の毎月の診療者数を見ると、1月と2月はそれぞれ29万4000人と29万5000人だったが、3月になると33万2000人に大幅に増えた。

眼球乾燥症とは涙が不足したり、涙がすぐに蒸発してしまうことで目がしょぼしょのする疾患だ。比較的軽く考えてそのままにしてしまうが、患者が増えたことで「人工涙液」と眼球乾燥症治療剤市場が拡大するようすだ。

国内の眼球乾燥症治療剤市場は、2016年は健康保険審査評価院の処方額を基準にして1600億ウォン台と推定される。使い捨て点眼剤(人工涙液)市場は、さらに急成長した。医療機関の処方と薬局で販売している一般的な医薬品を含む、国内の人工涙液市場は約2000億ウォンを超えた。業界によると、国内の人工涙市場は2015年に1300億ウォン、2016年に1600億ウォン、2017年は2000億ウォン規模だ。

このように人工涙液など眼球乾燥症の市場が大きく、国内の製薬・バイオ企業が先を争って治療剤の開発に乗り出している。バイオベンチャーのジーツリーBNT(Gtree BNT)社は、米国子会社のリーゼンツリー(ReGenTree)社を介して「RGN-259」と呼ばれる眼球乾燥症治療剤を開発中だ。ハナオールバイオファーマ(Hanall BioPhapma)社は、バイオ医薬品で眼球乾燥症の治療薬を開発して勝負をかける計画だ。ハナオールバイオファーマは、昨年9月にFDAから「HL036」第2相試験を承認され、11月から本格的な臨床に入った。

HL036は抗TNF抗体を目薬の形で投与できるように開発されたバイオベター(バイオ改良新薬)だ。バイオ企業のヒューオンス(HUONS)社は、ナノ複合点眼剤「HU007」で国内第3相を進めているが、ボトックス製品である「ヒュートクス(HUTOX)」とナノ複合点眼剤を未来の成長動力とするために積極的に育てている。

米国・欧州などに続々と複製薬の輸出契約を締結したサムチョンダン製薬(SCD Pharm)は輸出戦略品目として点眼剤を開発し、ニッチ攻略に成功した。東亜エスティ(トンアST)はジーエルファーム(GL PharmTech)社に眼球乾燥症治療薬候補物質「DA-6034」を技術移転し、国内の臨床第2相まで終えた。

[シン・チャンオク記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

미세먼지에 인공눈물 시장 뜬다

年 안구건조증 환자 2백만 ↑…미세먼지 많은 봄철이 절반
인공눈물시장 2천억대 급팽창…국내 제약·바이오 업체 군침


연일 기승을 부리는 미세먼지에다 스마트폰 중독 심화로 안구건조증 환자가 급증하자 덩달아 인공눈물로 불리는 안구건조증 치료제 시장이 급성장하고 있다.미세먼지가 심해지는 봄철(3~5월)에 안구건조증으로 진료받는 환자만 매년 100만명을 넘어선다. 건강보험심사평가원에 따르면 2004년 97만명 수준이던 안구건조증 환자가 2016년 224만명을 넘어섰다. 2016년 월별 진료 인원을 보면 1월과 2월에는 각각 29만4000명, 29만5000명이었다가 3월이 되면서 33만2000명으로 크게 늘었다. 안구건조증이란 눈물이 부족하거나 눈물이 빨리 증발해버리면서 눈이 뻑뻑해지는 질환이다. 상대적으..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語