MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 25日 ソウル 21.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ポスコケムテック社、電気自動車の好況で相次ぐ工場増設
記事入力 2018-04-05 17:31 | 記事修正 2018-04-06 16:22:50

ポスコケムテック(POSCO CHEMTECH)社は、2次電池の主要材料である陰極材の需要に備えて増設を継続している。去る2月に就任した崔正友(チェ・ヂョンウ)社長は新事業の陰極材に集中し、2020年の市場占有率30%達成という積極的な目標に向かって近づいている。

5日の業界によると、今年の初めに6・7号機を増設して1万6000トンの生産能力を確保したポスコケムテックは、10月の完成を目標に400億ウォンを投入して、8・9号機の増設工事を進めている。新設ラインの生産能力はそれぞれ4000トンで、同社は今年末までに年産2万4000トンの陰極材生産システムを構築することになる。これは30キロワット級の自動車用バッテリー81万台ぶんを生産できる分量だ。

陰極材は代表的な二次電池であるリチウムイオン電池に使用される素材で、原料は黒鉛だ。リチウムイオンが陽極から陰極に移動する充電過程で、陰極に到達したリチウムイオンが黒鉛の間に入って保存される。陰極材はバッテリー寿命などに影響を与える重要な材料だ。

ポスコケムテックは国産化を目標に、2011年に天然黒鉛系の陰極材事業に国内で初めて進出した。現在、ポスコケムテックはサムスンSDI、LG化学、中国のBYDなどに陰極材を供給している。これら以外の国内外の多くのメーカーと製品の供給テストを協議中だ。これまで二次電池の陰極材は日本の三菱化学や中国企業が市場を掌握し、わが国は全量を輸入に依存していた。

ポスコケムテックは石炭化学などの基礎素材事業のノウハウをもとに、迅速に事業化に成功して成長している。特に同社は日本企業がノウハウを持つ人造黒鉛の研究開発にも乗り出している。内部的には2020年までに、年産4万トンの天然黒鉛以上の生産システムを備えるための長期計画を策定している。これによって年間2000億ウォンほどの売上げを上げる計画で、市場の状況と長期契約注文などを考慮して増設に速度を加えている。

チェ社長はポスコケムテック赴任前は3年間、グループ全体のコントロールタワー格として価値経営センター長兼最高財務責任者(CFO)を務め、グループの経営合理化を成功裏に終えて、将来の成長基盤を整えたという評価を得ている。チェ社長は鉄鋼ほんらいの競争力の回復と財務健全性の強化を掲げ、グループの構造改編を強く推進した。選択と集中によって非中核事業と資産を売却し、事業部門を効率よく再編した。その結果、7兆ウォン規模の累積財務の改善効果をあげて、ポスコ建設とエネルギーは黒字転換に成功した。去る2月からポスコケムテック社長に席を移して、新成長動力事業の育成に飛び込んだ。ポスコケムテックは二次電池の主要材料である陰極材と炭素材料事業に進出し、ポスコグループの素材分野での中核子会社として浮上した。

チェ社長は就任後初の公式日程だった6・7号機の竣工式で、「グローバル市場で電気自動車をはじめとする、エネルギー産業の急激な成長が予想される」とし、「先制的な設備投資で生産基盤を拡充し、人造黒鉛系陰極材の技術開発を通じた事業化を推進し、市場をリードする」と明らかにした。

チェ社長は差別化された事業競争力を確保するために、製造業の第4次産業革命概念を適用した「スマータイゼーション(Smartization/スマート化)」に重点を置いてスマートファクトリーを構築し、グローバルレベルの品質競争力の確保に積極的に乗り出す。このようにすばやく増設する理由は、電気自動車市場の開花などでバッテリー需要が急速に増加しているからだ。最近、サード問題の影響で国内のバッテリー業界の輸出を妨げていた中国のバッテリー補助金の除外問題も解決される兆しを見せて、期待感はさらに高まっている。

トーラス投資証券のチョン・サンヨン センター長は、「国内企業が作ったバッテリーを搭載した電気自動車を中国は補助金支給のリストから除外したが、最近はサード問題が解け始め、技術力で大きく進んだLG化学やサムスンSDIなどの対中国輸出が再開されるものと見られる」とし、「ポスコケムテックは LG化学との3060億ウォンにのぼる陰極材契約などで、今年は創立以来で最高の業績を達成すると予想される」と分析した。

[イ・ドンイン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"고맙다! 전기車 호황" 포스코켐텍 잇단 증설

2차전지 핵심소재인 음극재, 6·7호기 이어 8·9호기 증설…올 10월 2만4천톤 양산체제
최정우 사장 "선제 투자로 2020년 글로벌 점유율 30%"


포스코켐텍이 2차전지 주요 소재인 음극재 수요에 대비해 증설을 지속하고 있다. 지난 2월 취임한 최정우 사장(사진)이 신사업인 음극재에 집중하면서 2020년 시장점유율 30% 달성이라는 공격적인 목표를 향해 다가서고 있다.5일 업계에 따르면 올해 초 6·7호기를 증설해 1만6000t의 생산능력을 확보한 이 회사는 오는 10월 완공을 목표로 400억원을 투입해 8·9호기 증설 공사를 진행 중이다. 신설 라인의 생산능력은 각 4000t으로 이 회사는 올해 말까지 연산 2만4000t의 음극재 생산 체계를 구축하게 된다. 이는 30㎾급 자동차 배터리 81만대를 생산할 수 있는 분량이다.음극재는 대..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語