MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
6月 21日 ソウル 20.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
今年の3%成長「赤信号」...第1四半期GDPは1%
記事入力 2018-06-01 16:04 | 記事修正 2018-06-04 16:15:53

政府が目標としている今年の実質国内総生産(GDP)成長率3.0%達成に非常灯が灯った。前四半期比で第1四半期の成長率は、速報値よりも0.1%ポイント低い1.0%と集計されたからだ。暫定値が下がったのは、2016年第3四半期以来で初めてだ。韓国銀行が1日に発表した「2018年第1四半期の国民所得(暫定)」によると、第1四半期の実質GDPは395兆6058億ウォン(季節調整系列)で前四半期よりも1.0%増加した。

4月発表の速報値1.1%よりも低くなった理由について、金永泰(キム・ヨンテ)韓銀国民計定部長は「3月の統計などが追加反映されて、速報値よりも建設投資が1.0%ポイント、設備投資が1.8%ポイント下落したせい」だとし、「ただし民間消費は0.1%ポイント上昇した」と説明した。今年の第1四半期を前年の第1四半期と比較した成長率は2.8%だった。これは2016年第4四半期の2.6%以来、5四半期ぶりに最も低い数字だ。年間3.1%を記録した昨年は四半期ごとに2.9%→2.8%→3.8%→2.8%と成長を見せた点と、今年は「上高下低」成長を示すという予測が多いという事実を考慮すると、今年の3%成長は不透明に見える。

事実上、成長率は政府が引き上げた。健康保険給与費などが大幅に増え、政府消費が前期比で2.2%成長し、24四半期ぶりに最高を記録した。民間消費も輸入車や家電、バッグなどの販売増によって0.7%を記録し、昨年の第1四半期以来で最も良かった。

問題は製造と建設部門だった。製造業が多く行う設備投資部門の第1四半期の伸び率は前期比で3.4%を記録し、速報値5.2%よりもはるかに低かった。設備投資と関連し、韓国開発研究院(KDI)は前日に発行した「2018年上半期経済見通し」で、「中国製造業の成長と半導体景気の調整などのリスク要因が浮き彫りになると、投資鈍化が早まる危険性がある」と警告した。

製造業は(サムスンとSKによる)「半導体双船」成長がはっきりしたことで、リスクもそれだけ大きくなった。第1四半期の情報通信技術(ICT)産業の成長率は前期比10.7%だったが、非ICT産業の成長率は1.8%まで低下した。これら2産業の昨年の年間成長率はそれぞれ7.1%と2.6%だった。

建設投資は第1四半期の増加率が前期比1.8%と、速報値の2.8%よりも低くなった。生産面を見ると、建設業は前四半期と比べて生産増加率も2.1%で、昨年の第1四半期(4.8%)と2016年の第1四半期(3.7%)よりも低い。

否定的な数字にもかかわらず、韓国銀行は「まだ良好な成長の流れ」と評価した。キム・ヨンテ部長は「4月に入って製造・建設部門が増加に転じている姿と、中国人の入国者数と輸出通関実績の増加、消費者心理指数の上昇などを考慮すれば、信頼できる成長を見せるだろう」と述べた。韓国銀行は今後は四半期平均で0.82~0.86%成長すると、年間見通しの達成は可能だと分析した。

最近、金東兗(キム・ドンヨン)経済副総理兼企画財政部長官は、「輸出は3~4月に史上初の500億ドル以上だったし、工業生産も鉱工業を引けば悪い流れではない」とし、3%の成長経路にあると述べている。

一方、民間の専門家らは現在の景気局面を見たときに悲観的だとの見方が多い。現代経済研究院のチュ・ウォン研究室長は、「雇用、製造業の稼働率、投資指標がすべて良くないことから、堅実な回復と見ることはできない」とし、「低迷までではないが、下降局面と見ることができる」と述べた。

輸出も不安な好況を続けた。

1日の関税庁によると、去る4月に前年同期比で1.5%減少傾向を示した5月の輸出が、13.5%を記録して2桁増加傾向に反転した。しかし全体の輸出額509億8000万ドルのうち、半導体の輸出(108億5000万ドル)が21.3%を占めるほど「半導体錯視」が大きかった。

[チョ・シヨン記者/キム・イノ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

빨간불 켜진 올 3% 성장…1분기 GDP 1% 턱걸이

건설·설비투자 부진…한은 1분기 GDP 0.1%P↓ 조정


정부가 목표로 하는 올해 3.0% 실질 국내총생산(GDP) 성장률 달성에 비상등이 켜졌다. 전 분기 대비 1분기 성장률이 속보치보다 0.1%포인트 낮은 1.0%로 집계됐기 때문이다. 잠정치가 내려간 것은 2016년 3분기 이래 처음이다. 한국은행이 1일 발표한 `2018년 1분기 국민소득(잠정)`에 따르면 1분기 실질 GDP는 395조6058억원(계절조정계열)으로 전 분기보다 1.0% 증가했다. 4월 발표 속보치 1.1%보다 낮아진 이유에 대해 김영태 한은 국민계정부장은 "3월 통계 등이 추가 반영되면서 속보치보다 건설투자가 1.0%포인트, 설비투자가 1.8%포인트 하락한 탓"이라며 "다만 민간소비는 0.1%포..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語