MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 17日 ソウル 14.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン、AI分野の世界的権威をスカウト
記事入力 2018-06-04 17:50 | 記事修正 2018-06-07 16:16:18

サムスン電子は人工知能(AI)分野の大物人材であるセバスチャン・スン米プリンストン大教授(52・韓国人スン・ヒョンミョン)とダニエル・リー米ペンシルバニア大学教授(49・韓国人イ・ドンリョル)を同時に迎え入れることに成功した。サムスン電子はこれらのAI人材の確保のために、社内の役職に「最高研究者(Chief Research Scientist)」を新設した。

サムスン電子は4日、「AI分野の研究能力を強化するために、世界的なAIの権威として知られているセバスチャン・スン教授とダニエル・リー教授を副社長級で迎え入れた」とした。彼らはサムスン電子のAI研究の心臓部である「サムスンリサーチ」で、それぞれAI戦略と先行研究アドバイス、次世代機械学習アルゴリズム、ロボット関連の研究を進める予定だ。

スン教授は脳の神経工学に基盤下AI分野の最高の碩学のうちの一人だ。米ハーバード大学で理論物理学の博士号を取得して、ベル研究所の研究員およびマサチューセッツ工科大学(MIT)物理学教授を務めた。スン教授は脳を構成する1000億の神経細胞の接続構造とシナプスの活動原理が込められた脳地図の「コネクトーム(Connectome)」の世界的な研究を主導してきた人物でもある。

在米の哲学者であるスン・ゲホ米テキサス大客員教授の息子であり、2008年にはAIコンピュータを実現する基盤を作った功労を認められ、湖巌財団から授与される「湖巌賞工学賞」を受けた。サムスン電子は社内の初の「最高研究者」役職を新設し、スン教授にタイトルを付与するなど、スカウトに格別の念を入れたことが伝えられた。

同じく副社長級で迎え入れたリー教授は、AIロボット分野の碩学だ。ハーバード大学とMITで物理学を専攻した後、ベル研究所の研究員を経て2001年からペンシルバニア大学電気工学科教授として勤務した。 AI分野の学会である神経情報処理システム(NIPS)と人工知能発展協会(AAAI)の議長であり、米国電気電子学会(IEEE)の研究者だ。

「2014ロボカップ」はリー教授の率いるペンシルバニア大チームが大人実物大のロボット「トールウィン」で1位を獲得した。

サムスン電子はAIの分野でも、異なる専門性を持った二人の教授が革新的な研究成果を出すことを期待している。彼らは1999年に人間の脳の神経作用からインスピレーションを得て、人間の知的活動をそのまま模倣したコンピュータプログラムを世界に先駆けて共同開発するなど、すでに共同研究を通じて研究成果を導出している。

サムスン電子の関係者は、「二人の教授はハーバード大(学士)とMIT(博士)の卒業生であり、ベル研究所でも一緒に在職した履歴がある」とし、「長い期あいだ一緒にAIの研究に専念した彼らは、サムスン電子のAI戦略と研究成果に大きな貢献をするものと期待している」と語った。

これに対してスン教授は、「革新の歴史を作ってきたサムスン電子がAIの分野でも新たに跳躍している」とし、「サムスンの新しいAIへの挑戦に貢献したい」と所感を明らかにした。

リー教授も「AI技術が急速に発展する時期に、サムスン電子で研究することになって意義のあることに思う」とし、「未来のAIの核心となる次世代マシンラーニングとロボットの研究開発に最善を尽くしたい」と抱負を語った。

サムスン電子は昨年、セット部門の先行研究組織であるサムスンリサーチを新設したことに続き、韓国・米国・英国・加・露の5カ国にグローバルAI研究センターを設立し、AI人材の確保に熱を上げてきた。昨年の末には、米マイクロソフト(MS)の音声認識の個人秘書「コルタナ」の開発を主導したマシンラーニングの専門家ラリー・ヘック博士を専務として電撃スカウトした。

センター別の研究分野も特化した。ソウル市牛眠洞のサムスンリサーチ傘下のAI総括センターを中心に、米国シリコンバレーのセンターでは言語・映像理解の分野の研究に集中する。英国センターは感情認識の研究を、カナダのトロントセンターは音声認識の分野で重要な研究プロジェクトを実施する。

サムスン電子はAIの能力を引き上げるため、2020年までに国内600人と海外400人など、総研究人材を1000人以上に拡大する計画だ。

[イ・ヂェチョル記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성, AI 인재에 초특급대우…2020년 1000명 확보

서배스천 승·대니얼 리 교수 동시 영입


삼성전자가 인공지능(AI) 분야 거물급 인재인 서배스천 승 미국 프린스턴대 교수(52·한국명 승현준)와 대니얼 리 펜실베이니아대 교수(49·한국명 이동렬)를 동시에 영입하는 데 성공했다. 삼성전자는 이들 글로벌 AI 인재 확보를 위해 사내 직위로 `최고연구과학자(Chief Research Scientist)`를 사상 처음으로 신설했다. 삼성전자는 4일 "AI 분야 연구역량 강화를 위해 세계적인 AI 권위자로 알려진 서배스천 승 교수와 대니얼 리 교수를 부사장급으로 영입했다"고 밝혔다. 이들은 삼성전자 AI 연구의 심장부인 `삼성리서치`에서 각각 AI 전략 수립과 선행연구 자문, 차세대 기계학습..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語