MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.5℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
現代自動車が領土拡張...自律走行車の試運転
記事入力 2018-07-02 17:38 | 記事修正 2018-07-04 16:49:40
■ 国土部が臨時運行許可

現代自動車は国内で初めて、自律走行大型トラックの実戦走行に乗り出す。

現代自動車は国内で自律走行車の運行に関するビッグデータを蓄積し、ドライバーひとりだけで複数の車両を同時に運転できる先端技術(群集走行/platooning)を整える計画だ。

国土交通部は2日、「現代自動車が申請した、貨物輸送用の自律走行大型トラックの臨時運行を許可した」と明らかにした。貨物用の大型トラックが臨時運行許可を受けたのは今回が初めてだ。

国土部は2016年2月、民間自律走行技術の開発(R&D)を支援するために自律走行車臨時運行許可制度を導入した。以後、現代自動車とサムスン電子やSKテレコム、あるいは電子通信研究院などが運用する47台の自律車が臨時運行許可を受けたが、大型トラックが実際の走行に乗り出した事例はなかった。政府の許可で現代自動車は自律走行技術が適用された大型トラックを、実際の道路に出して運行できるようになった。仁川港に向かう嶺東高速道路と、第2京仁高速道路が主要な運行コースだ。

現代自動車の自律走行車は、音波を放つことによって車両周辺を認識するレーダーが基本で搭載される。これに加えてライダー(レーザーセンサー)と精密度地図認識装置を搭載し悪天候でも周辺を認識する能力を大幅に増大させた。

今回の運行許可は現代自動車がこれまでの自律走行車のほか、トラックとバスなどの商用車に自律車事業の領域を拡大したという点で意味がある。

商用車は現代自動車の年間内需で26%(17万9520台)を占める重要な市場だ。現代自動車グループが自律走行技術力を確保した部品会社(現代モービス)を掌握しているように、商用車を通じて系列会社間のシナジー効果を拡大するという戦略を本格化したものと解釈される。未来車の事業ポートフォリオ上で、商用車の自律走行技術を確保すれば、△乗用・商用自律走行車、△電気自動車、△水素自動車などの未来車のうちで中核の3つの軸を完成することになる。

現代自動車グループの高位関係者は、「内部的には商用車の群集走行デモテスト(内部試験走行)を完了した」とし、「トラックはもちろん、バスにまで商用車の自律走行技術の適用を準備している」と語った。

群集走行は最近、グローバル市場で急浮上している商用車の自律走行システムだ。先頭のトラックが道路を走ると、残りのトラックは運転手がなくても衛星測位システム(GPS)と車両間の無線ネットワークやカメラなどを利用して、一定の間隔を置いて自動的に前の車を追う技術だ。ドライバー一人だけで大量の貨物を積載し運ぶことができ、物流コストを削減できる次世代の核心技術として評価される。

複数台の車両が最適化された車間距離などを計算して移動するので、道路渋滞を緩和することができ、後続のトラックは空気抵抗を少なく受け、燃料消費量を最大15%まで下げることができるということも強みだ。

国土部の関係者は、「自律走行技術を活用した物流・交通体系の改善のために、カーシェアリングとトラックの群集走行などの実証研究開発を段階的に推進している」とし、「今回の許可が群集走行などの自律走行物流革新の信号弾になるだろう」と述べた。

世界の商用車メーカーの間では、すでに群集走行技術の先取りに速度が加わった。スウェーデンの商用車メーカーのスカニア社は最近、群集走行を通じてシンガポールターミナル間の貨物を輸送するプロジェクトを進め、ドイツ系のマントラック社は現地の物流業者と手を組んで運用テストに入った。ボルボトラックもスウェーデン・ドイツ・オランダを結ぶ国家間の自律走行試験に乗り出して技術力を積んでいる。

現代自動車は自律走行車の実戦走行とは別に、来年に量産する商用車から走行中に車線を逸脱するとドライバーに警告信号を与える自律走行の初期技術を適用することが伝えられた。ある自律走行企業の役員は、「現代自動車は商用車・自律車の部品事業の両方を持っており、自律走行商用車で成長の可能性が大きい代表的なメーカー」だと評価した。

この関係者は、「商用車は典型的な企業間市場(B2B)で、物流費の削減効果が確認された場合、高性能レーダーや光学カメラなどの高価な自律走行部品が装着された車両を大量に購入できる余力が大きい」とし、「一般的に自律車と乗用車をまず思い浮かべるが、部品単価の引き下げなど市場の底辺拡大のために必ず経なければなら通路はまさに商用車」だと分析した。

[キム・ヂョンファン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

현대차의 영토확장…자율주행 트럭 시운전

자율주행 승용차 넘어 국내 첫 상용차 자율주행
운전자 한명이 여러대 운전 `군집주행` 기술 업그레이드…물류혁신 신호탄 쏜다


■ 국토부 임시운행 허가 현대차가 국내 최초로 자율주행 대형 트럭 실전 주행에 나선다.현대차는 국내에서 자율주행 트럭 운행에 대한 빅데이터를 축적해 운전자 한 명만으로도 여러 대 차량을 동시에 운전할 수 있는 첨단 기술(군집주행·platooning)을 가다듬는다는 계획이다.국토교통부는 "현대차가 신청한 화물 운송용 자율주행 대형 트럭에 대해 임시운행을 허가했다"고 2일 밝혔다.화물용 대형 트럭이 임시운행 허가를 받은 것은 이번이 처음이다. 국토부는 2016년 2월 민간 자율주행 기술개발(R&D)을 지원하기 위해 자율주행차 임시운행 허가 제도를 도입했다. 이후 현대차·삼성..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語