MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 14日 ソウル 15.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
発足5年...LG電子の電装事業、四半期黒字出す
記事入力 2018-07-09 17:43 | 記事修正 2018-07-11 16:34:44
具光謨(ク・グァンモ)時代のLGグループの次世代事業に選ばれるLG電子の電装(VC)事業本部が本格的に成果を出し、発足5年目の今年は黒字転換元年を迎えると予想される。 LG電子は世界的なメーカーと協業して、電気自動車・自律走行車で競争力を育てる一方で、大規模な買収・合併(M&A)にティア1(Tier1)電装部品メーカーとしてすでに生まれ変わったという評価だ。

電装業界によると9日、VC事業本部の今年の営業利益は四半期ベースで実質的な黒字に転じると予想される。 VC事業本部は2015年、50億ウォンの営業利益を記録したことがあるが、ビジネスの成果を通じて営業利益を出すことは事実上、今年が初めてとなる可能性が大きい。

電装などの自動車部品事業は、長年に及ぶ完成車メーカーとのコラボレーションを通じて利益を出す事業で呼吸の長い事業だ。 VC事業本部は2013年の設立以来、製品開発に大規模な投資を集中し、見た目は継続して成長したが営業赤字を免れなかった。

業界関係者は「これまでLG電子が国内外の完成車と進めた製品の開発成果が、今年から本格的にあらわれる見通し」だとし、「今年を基点に来年からは実質的な利益を出す事業部として生まれ変わるだろう」と説明した。

国内証券会社の分析は、このような見通しを裏付ける。毎日経済がユジン投資証券、キウム証券、ハナ金融投資、現代投資証券、DB金融投資など国内5つの証券会社の、LG電子VC事業本部に対する実績推定値の平均を出してみた結果、第3四半期に22億ウォンの営業利益を出して黒字に転じ、第4四半期は142億ウォンに黒字幅が拡大すると予想された。来年には顧客に対する製品の供給が本格化し、1000億~2000億ウォン台の利益を出す人気事業本部に生まれ変わるだろうという分析だ。

LG電子は2013年7月、電装部品事業を育てるために自動車インフォテインメント部品事業を行うカー事業部、電気自動車のモータやインバータとコンプレッサーなどを開発する最高経営責任者(CEO)直属のエネルギーコンポーネント(EC)事業部、自動車部品設計会社のV-ENSを統合してVC事業本部を新設した。

VC事業本部はグローバル自動車メーカーに主要部品を供給し、着実に成長してきた。 2016年にはGMの「シボレーボルトEV」モデルに駆動用モーターとインバーターそしてバッテリーパックなどの核心部品11種を供給し、電気自動車の部品技術力を認められた。

特にLG電子は、コネクテッドカーの核心部品であるテレマティクスコントロールユニット(TCU)市場で昨年はグローバル1位を占め、すでに未来車の部品市場での影響力を拡大している。市場調査会社のカウンターポイントリサーチによると、データの送受信装置であるTCU市場でLG電子は昨年のシェア26%で1位を占めた。

現在、VC事業本部は車両用テレマティクス、オーディオ・ビデオナビゲーション(AVN)などのインフォテインメント製品を中心に、電装と電気自動車用部品事業を拡大している。昨年には組織を改編してカーインフォテインメントを総括するスマート事業部と、環境にやさしい電気自動車の部品を担当するグリーン事業部に統合し、顧客のニーズに対応できるようにした。また、北米・ヨーロッパ・中国で開発・生産・品質・営業を統括する事業センターを運営している。

LG電子はVC事業本部強化のために果敢な投資を続けている。去る4月には豪州のヘッドランプメーカーであるZKW社を1兆4400億ウォンで買収した。昨年、12億6000万ユーロ(約1兆6500億ウォン)の売上げを記録したZKWの実績は、最近の5年間で年平均20%の成長を続けてきた。 ZKWの実績がLG電子の財務諸表に本格的に反映される来年には、LG電子の電装関連実績は大きく増えると期待される。

今年の初めには2500万ドルを投資して、米国ミシガン州に延べ面積2万2000平方メートル規模の電気自動車部品工場を設立した。現在はバッテリパックを生産しているが、今後はモーターなどの電気自動車の主要部品に生産品目を拡大していく計画だ。

LG電子は自律走行などの次世代自動車市場で主導権を握るために、グローバル企業とのコラボレーションも強化している。昨年末には高精度地図を代表する企業であるオランダのヒア(HERE)社と、自律走行車の核心技術を共同開発すると発表した。今年初めには世界1位の車両用半導体企業である米国NXP社、高度な運転支援システム(ADAS)ソフトウェア企業のヘラー(HELLA)社と次世代ADAS統合ソリューションの開発パートナーシップを結ぶこともした。

NH投資証券のコ・ヂョンオ研究員は、「VC事業本部はエコカーの部品などの出荷量が拡大し続けながら、実績改善傾向を維持するだろう」と説明した。

[チョン・ギョンウン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

출범 5년만에…LG전자 전장사업, 첫 분기 흑자 낸다

3분기 영업익 22억, 4분기 142억…VC사업본부 설립후 본격 성과
커넥티드카 핵심부품 세계1위…1.4조 인수 ZKW와 시너지효과


구광모 시대 LG그룹의 차세대 먹거리 사업으로 꼽히는 LG전자의 전장(VC)사업본부가 본격 성과를 내며 출범 5년 만인 올해 흑자 전환 원년을 맞을 것으로 전망된다. LG전자는 글로벌 업체와 협업해 전기차·자율주행 경쟁력을 키우는 한편, 대규모 인수·합병(M&A)으로 티어1(Tier1) 전장부품업체로 이미 거듭났다는 평가다. 9일 전장업계에 따르면 VC사업본부는 올해 영업이익이 분기 기준으로 실질적인 흑자로 돌아설 것으로 전망된다. VC사업본부는 2015년 50억원의 영업이익을 기록한 적이 있지만 사업 성과를 통해 영업이익을 내는 것은 사실상 올해가 처음이 될 가능성이 크다.전장..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語