MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 15日 ソウル 2.5℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「歴代2位」7月輸出...半導体ほぞけばわずか0.2%増加
記事入力 2018-08-01 17:48 | 記事修正 2018-08-03 16:29:16
去る7月、輸出が5カ月連続で500億ドルを超えて、1956年の輸出統計作成以来で歴代2位の月間実績を記録した。これまで苦戦した鉄鋼やディスプレイが反騰に成功し、輸出増加を導いた。しかし、半導体偏重がさらに大きくなり、輸出構造の脆弱性に対する懸念は消えていない。

1日、産業通商資源部は先月の輸出額が518億8000万ドルで、昨年7月より6.2%増加したと発表した。

これは昨年9月に(551億2000万ドル)に次ぐ歴代2位の実績であり、5カ月連続500億ドル突破は史上初めてだ。品目別では、半導体・一般機械・石油化学・石油製品・鉄鋼・コンピュータなど6品目が二桁の輸出増加率を記録し、ディスプレイ・自動車部品・無線通信機器・繊維などの輸出が増え、13の主力品目のうち10品目の輸出が増加した。

特に半導体は前年同期比で31.6%増の103億8000万ドルを記録し、この5~6月に続いて3カ月連続100億ドルを突破した。しかし、半導体を除けば輸出は事実上足踏みだ。半導体を除く7月の輸出は415億ドルで、昨年7月の409億ドルよりもわずか6億ドル(1.5%)増加した。

1~7月の累積輸出は前年同期比で6.4%増の3491億ドルで、過去最大の実績を記録したが、半導体を除くと0.2%の増加にとどまる。

情報技術(IT)の景気好況による半導体・コンピュータと、国際原油価格の上昇の恩恵を受ける石油化学・石油製品を除けば、輸出を牽引する動力を見つけるのは難しい。国際金融センターのイ・チフン研究員は、「石油化学製品の輸出額増加は、原油価格の反発による錯視効果に留意しなければならない」とし、「韓国の最大の輸出国である中国が、年末から半導体の自体生産を拡大すると見られ、今後の対中輸出の黒字規模はさらに減少することがある」と分析した。

産業部のキム・ソンミン貿易政策官は、「今後の輸出は主要国の製造業の景気好調傾向、原油関連品目の単価安定などが友好的な条件として作用するだろう」とし、「ただし米・中の貿易紛争の長期化、為替変動性の拡大、緊縮的なグローバル金融市場の状況に応じた新興国景気萎縮の懸念などが不確実性の要因」だと語る。産業部は米・中の貿易葛藤が韓国の輸出に与える影響を最小限に抑えながら、新南方・新北方の輸出マーケティングの強化を通じて、輸出上昇を維持していくという戦略だ。

しかし、下半期の貿易環境は明るくない。輸出より輸入が急速に増え、貿易の黒字幅はむしろ小さくなる傾向にある。交易条件も昨年12月以降、継続して100を下回り悪化の一途をたどっている。

先月まで78カ月連続の貿易黒字が続いたが、最近の傾向はよくない。 7月の貿易黒字は70億600万ドルで、前年同月より31.5%も減少した。 1~7月の累積貿易黒字も390億6000万ドルで、前年同期よりも29.1%減少した。

輸出を率いる半導体価格が「高点」論議に包まれるほど、追加の上昇余力が見えない中で、輸入依存度の高い国際原油価格が急速に上昇し、交易条件も悪くなった。韓国銀行によると、6月の純商品交易条件指数は93.29(2010年=100)で、昨年12月以降は継続して100を下回っている。純商品交易条件指数は、韓国が外国のものの1つを輸出して受け取った金で、外国産のものをいくつ輸入できるかを示す指標だ。数値が100未満の場合、交易条件の悪化を意味する。

このために基準金利を定める韓銀の金融通貨委員会でも警告の声が出た。先月31日に公開された「7月の金融通貨委員会議事録」で、ある金通委員は「最近、輸出入価格動向上の名目成長率は、これまでの3年間維持された5%前後よりもかなり低い3%台にとどまる可能性を排除するのは難しい」とし、「これは企業収益、経常収支、政府税収のような名目変数全体の増加を鈍化させて、実質購買力の低下と内需萎縮につながる可能性がある」と明らかにした。

[コ・ヂェマン記者/キム・イノ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`역대 2위` 7月 수출, 반도체 빼면 고작 0.2% 증가

수출 늘어도 한숨 커지는 한국


지난 7월 수출이 5개월 연속 500억달러를 넘어서며 1956년 수출 통계 작성 이후 역대 2위 월간 실적을 기록했다. 그동안 고전하던 철강과 디스플레이가 반짝 반등에 성공하며 수출 증가세를 이끌었다. 하지만 반도체 편중이 더 커지면서 수출 구조 취약성에 대한 우려가 사라지지 않고 있다.1일 산업통상자원부와 관세청은 지난달 수출액이 518억8000만달러로, 작년 7월보다 6.2% 증가했다고 밝혔다. 이는 지난해 9월(551억2000만달러)에 이은 역대 2위 실적이며, 5개월 연속 500억달러 돌파는 사상 처음이다.품목별로는 반도체·일반기계·석유화학·석유제품·철강·컴퓨터 등 6개 품목..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語