MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 15日 ソウル 2.5℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
超大型・超豪華...サムスン、家電も「超格差」
記事入力 2018-08-05 17:42 | 記事修正 2018-08-08 16:25:23
サムスン電子は最高級戦略を前面に出して、家電市場での復活に乗り出す。サムスン電子が先行獲得した75インチ以上の超大型テレビ市場での影響力を持続的に拡大し、下半期の高級家電市場の攻略を強化するという戦略だ。第2四半期におけるテレビ部門の活躍で、前期との対比で大きく改善された実績を引き出しながら、下半期の実績期待感も高まっている。

5日の家電業界によると、サムスン電子の家電事業を統括するCE(Consumer Electronics)部門は、下半期に75インチ以上の超大型テレビ製品群を拡大し、新製品を発売してQLEDテレビの販売を増やす計画だ。

中長期的には、解像度が高解像度(HD)級の30倍以上である8K級の超高画質テレビやマイクロLEDテレビなどの革新的な製品を発売し、高級テレビ営業を強化していく方針だ。高級製品のQLEDテレビと75インチ以上の超大型テレビの第2四半期の販売量は、前四半期比でともに3倍以上も増加した。上半期全体で見ると、QLEDテレビは昨年上半期よりも販売が4倍に増え、超大型テレビも3倍の水準を記録した。

サムスン電子のテレビ販売の急増は、今年はワールドカップとアジア大会などの大型スポーツイベントが多く、75インチ以上の超大型製品の市場攻略を拡大した戦略がうまく合ったためだ。サムスン電子が今年販売したQLEDテレビの中で、70インチ以上の製品の販売は全体の20%に達した。

市場調査機関のIHSマキトによると、全世界の75インチ以上のテレビ市場でサムスン電子が占める割合は、金額ベースで第1四半期58.5%と圧倒的な1位だった。サムスン電子はこの市場で、2016年の42.3%から2017年には46.2%へ着実にシェアを拡大した。

サムスン電子は2016年に買収した米国の家電ブランド「デイコ」を前面に出して国内事業を本格化し、最高級のビルトイン家電市場の攻略にも乗り出す。サムスン電子は第4四半期中に、ソウル市の大峙洞に消費者が直接体験できるデイコショールームをオープンする予定だ。

デイコの国内事業展開が本格化すると、サムスン電子のビルトイン家電は「サムスンビルトイン」とプレミアムビルトインの「シェフコレクション」に続き、最上位の超プレミアムビルトイン「デイコ」までブランドが展開される。

サムスン電子はまた下半期中に、LG電子が「LGスタイラス」で独占している国内市場で衣類管理機を発売し、LGの牙城に挑戦する。最近出荷された大容量の乾燥機「グランデ」は消費者から高い人気を得て、第2四半期の乾燥機売上げは前年比で4倍に拡大した。人工知能(AI)のBixby(ビクスビー)を採用した「ファミリーハブ」冷蔵庫と「キューブ」空気清浄機などのプレミアム製品の販売拡大は、CE部門の業績改善に肯定的に作用する見通しだ。サムスン電子は「下半期、シェフコレクションは大型乾燥機などのプレミアム新製品の販売を増やし、ビルトイン家電製品の販売を強化して収益性確保に注力する方針だ」と説明した。

金融投資業界では、今回の第2四半期はサムスン電子の業績記録行進がしばらく停滞したが、第3四半期には営業利益17兆ウォン台に戻り、史上最大の実績記録を塗り替えると展望した。半導体がサムスン電子の実績を率いるなかで、家電部門も5000億ウォン台半ばから多ければ6000億ウォン以上の営業利益を出すことが推定される。

しかしLG電子のテレビ・家電事業部門の半分にも満たないの収益性は改善しなければならない課題だ。 LG電子は今年、OLEDテレビでプレミアム製品で頭角を現しており、乾燥機や衣類管理機などの新生活家電市場を先取りしながら、上半期にテレビで12.4%という驚くべき営業利益率を出し、家電事業部門でも9.9%の営業利益率を達成した。サムスン電子の上半期のテレビ・家電営業利益率は3.9%にとどまった。

サムスン電子CE部門の第2四半期の業績は、テレビ事業の好調によって前年比で59.3%増の5100億ウォンの営業利益を記録した。

[チョン・ギョンウン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

초대형·초호화…삼성, 가전도 초격차 시동

QLED 대형 TV·건조기 약진, 2분기 영업이익 59% 증가…超프리미엄 전략에 실적 순풍
하반기엔 럭셔리 빌트인 개척…의류관리기 신제품도 출시
`LG의 절반` 수익성은 과제


삼성전자가 최고급 전략을 앞세워 가전시장에서 부활에 나선다. 삼성전자가 선점한 75인치 이상 초대형 TV 시장에서 영향력을 지속 확대하고, 하반기 고급 가전 시장 공략을 강화한다는 전략이다. 2분기 TV부문 활약으로 전기 대비 크게 개선된 실적을 이끌어내면서 하반기 실적 기대감도 커지고 있다. 5일 가전업계에 따르면 삼성전자의 가전사업을 총괄하는 CE(Consumer Electronics)부문은 하반기 75인치 이상 초대형 TV 제품군을 확대하고 신제품을 출시해 QLED TV 판매를 늘릴 계획이다. 중장기적으로는 해상도가 고화질(HD)급의 30배 이상인 8K급 초고화질 TV와 마이크로 LED TV 등..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語