MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 14日 ソウル 15.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
あるCEOの訴え...「このままでは規制で全て失うことに
記事入力 2018-09-11 17:48 | 記事修正 2018-09-13 16:23:25
「数年のあいだ全従業員が骨を削る構造調整を行った末に、会社は生きながらえました。せっかく会社が発展できる投資機会がやってきたのに、緑地規制で工場を建てることができないので眠ることができずにいます」。

国家産業団地緑地規制に妨げられて、産業の機会を逃す危機にひんしたカプロ(Capro)社のクォン・ヨンデ社長は11日、毎日経済新聞とのインタビューで、「規制だけ解いてもらえれば雇用を創出し、後方産業が発展するように死力を尽くすのに、とても残念だ」と語った。

蔚山市の尾浦(ミポ)国家産業団地に位置するカプロ社は最近、日本のU社と共同で1500億ウォンを投資して、「1,6-Hexanedio(1,6-ヘキサンジオール)」の生産工場を建設することを約束した。

風力発電機の翼のコーティング剤などに使われる1,6-ヘキサンジオールは、化学界で「金の卵を産むガチョウ」にあげられる。しかし現在のカプロラクタム(Caprolactam)工場とパイプの連結が可能な土地が、産業団地の緑地比率規制で用途変更が不可能になり、ヘキサンジオール工場の設立が難しい状態だ。現在、国家産業団地(300平方メートル以上)は10~13%以上の緑地を確保しなければならないが、カプロ社が位置するミポ産業団地の緑地率は8.45%にとどまり、増設は難しいというわけだ。

クォン社長は今年の上半期に蔚山市と政府部処を訪ね歩き、工場を建てられるように東奔西走した。 30年前にカプロに入社したチョ・ギョンホ労組委員長も会社を生かさなければならないという危機感で、クォン社長と行動をともにした。

規制を解かなければ1500億ウォンの投資と50人の直接採用計画は水の泡になる。

カプロは2008年に初めてヘキサンジオール工場の建設を検討したが、今回のような用地の用途問題で断念した。当時は中国への輸出が好調だった惜しいことはなかったが、2012年から輸出が急減し、会社は門を閉める危機にまで行った。クォン社長は「今は再び輸出が増えて工場の稼働率が上がっているが、今回の事業多角化を行えないと次の危機の時に工場を閉めることもありうるという気がした」と語った。クォン社長はまた、「世界でたった2つの会社だけが生産技術を持つこの製品を国内で生産する場合、後方産業が発展する土台が整って、さらに多くの雇用が生じるだろう」と語った。

[ソク・ミンス記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[단독] CEO의 호소 "황금알 낳는 유화공장, 규제로 접을 판"

권용대 카프로 사장 인터뷰
日기업과 1500억 합작 투자
산업단지 녹지규제에 위기


◆ 규제혁파 이번엔 제대로 (13) ◆ "수년간 전 직원이 뼈를 깎는 구조조정을 한 끝에 회사를 살렸습니다. 모처럼 회사가 발전할 수 있는 기회가 왔는데 녹지 규제로 공장을 세울 수 없다고 하니 하루도 잠을 이루지 못하고 있습니다." 국내 유일한 카프로락탐(나일론 원재료) 생산 업체인 카프로의 권용대 사장 목소리에는 절박감이 묻어났다. 그는 11일 매일경제신문과 인터뷰하면서도 연거푸 "속상하다"고 심경을 토로했다. 울산시 미포국가산업단지에 위치한 카프로는 2012년 수출이 급감해 생사 기로에 선 경험이 있다. 권 사장은 "다시 수출이 늘어 가동률이 오르고 있지만 사업 다..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語