MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子、メモリの鈍化をファウンドリで補う
記事入力 2018-12-04 17:36 | 記事修正 2018-12-06 16:24:40
サムスン電子はメモリ供給過剰によるDRAM価格の下落で、半導体「超好況」景気が止まる兆しを見せて、半導体受託生産であるファウンドリに対する技術開発に拍車を掛ける方針だ。

サムスン電子半導体事業の売上高のうち85%はメモリに依存し、ややもするとメモリ価格が暴落すれば事業全体が危険にさらされることがありうる一方で、ファウンドリ事業は第4次産業革命で需要が増えており、ポートフォリオの調整が急務だという判断からだ。特にサムスン電子は、超微細工程技術力では1位の台湾TSMC社との格差を狭くするという戦略を打ち出した。

サムスン電子のファウンドリ事業部長鄭殷昇(チョン・ウンスン)社長(写真)は3日(現地時間)、米国サンフランシスコで開催された国際半導体素子学会(IEDM)に参加し、「サムスン電子は2020年の量産を目標に現在、3ナノ(1ナノメートルは10億分の1メートル)プロセスの性能検証を終えて技術完成度を高めている」と述べた。

サムスン電子はファウンドリ事業で32ナノ・14ナノ・10ナノメートルプロセスの半導体を世界で初めて量産することに成功したが、7ナノプロセスは第1位のTSMCに先を越されたことがある。このため3ナノ。プロセスだけは先に量産に成功して、1位との格差を狭めようというメッセージだ。

これとともにチョン社長は「第4次産業革命の時代に合わせて、ファウンドリ事業の範囲を現在の単純な半導体受託生産からデザインサービス・パッケージ・テストにまで拡大する」と強調した。第4次産業革命とともに登場した新しいアイデアを実現するには、レベルの高い半導体技術はもちろん、顧客に合わせたカスタマイズ生産が必要だと主張したわけだ。

またチョン社長は、「半導体の集積度を高めて性能と電力効率を継続的に向上させる」と語った。このために細かく回路を刻み込むことができる次世代の技術である「極紫外線(EUV)露光技術」や、電源を切ってもデータが消えない半導体メモリである「STT-MRAM」などの尖端ファウンドリー技術の重要性を強調した。

またチョン社長は、サムスン電子が保有する「GAA(Gate-All-Around)トランジスタ構造を適用した3ナノメートルプロセス」など、最先端の技術を紹介して注目を集めた。 GAAはトランジスタ内の電流の流れを調節するゲートを上面・下面・前面・背面のすべてを使用する技術だ。

このようにサムスン電子がファウンドリの重要性を強調した理由は、第4次産業革命の時代を迎えてオンデマンド半導体の需要が急増しているからだ。現在、グーグル、テスラ、アップル、アマゾン、フェイスブックなどのようなグローバルIT企業を中心として、別個に半導体の設計チームを置くところが増えている。

市場調査会社のIHSマキトは、グローバルファウンドリー市場は2021年までに毎年7.7%ずつ成長すると観測した。これはNANDフラッシュメモリ(7%)よりも高い水準だ。

現在、第1位は1号ファウンドリである台湾のTSMCで、昨年を基準にして50.4%を占めている。 2~4位はグローバルファウンドリー、UMC、サムスン電子の順だ。 2005年にファウンドリ事業を開始したサムスン電子は昨年、事業チームを事業部に格上げしてチョン社長を事業部長に発令した。それだけファウンドリ事業に速度を加えるという方針だ。

さらにサムスン電子は、技術力の確保と顧客拡大という「二匹のウサギ」に邁進している。米国サンタクララ、中国の上海、ソウル、東京、独ミュンヘンをむすぶ「サムスンファウンドリフォーラム」を開き、顧客に最先端の技術を説明している。

またクアルコム社とは7ナノプロセスに関連する協力関係を結び、中・長期の成長基盤を確保したという評価を得た。電気自動車のリーダー、テスラ社とも協力することが伝えられた。

今年の第1四半期の業績を発表するときに、「年内に売上げ100億ドルを達成、業界2位達成」という大きな目標を提示した。サムスン電子はファウンドリ事業で超微細工程技術力を土台に市場を開拓し、これによってメモリ半導に対するの依存度を減らすという方針だ。

[イ・サンドク記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성전자, 메모리 둔화 파운드리로 넘는다

자율주행차·스마트홈 성장에
파운드리 연 7%이상 고성장

"2020년 세계 첫 3나노 적용"
정은승 사장 美학회서 밝혀


삼성전자가 메모리 공급과잉에 따른 D램 값 하락으로 반도체 `초호황` 경기가 꺾일 조짐을 보이면서 반도체 수탁생산인 파운드리에 대한 기술 개발에 박차를 가한다는 방침이다. 삼성전자 반도체 사업 매출액 중 85%가 메모리에 의존해 자칫 메모리 값이 폭락하면 전체 사업이 위험에 처할 수 있는 반면 파운드리 사업은 4차 산업혁명과 함께 수요가 늘고 있어 포트폴리오 조정이 시급하다는 판단에서다. 특히 삼성전자는 초미세 공정 기술력으로 1위인 대만 TSMC와 격차를 좁히겠다는 전략을 내세웠다.삼성전자 파운드리 사업부장인 정은승 사장(사진)은 3일(현지시간) 미국 샌프란시스..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語