MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 18日 ソウル 20.5℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
斗山バブコック、英原発と2億の設備契約
記事入力 2019-09-05 18:03 | 記事修正 2019-09-09 16:04:59
斗山重工業(会長パク・チウォン)の英国子会社である斗山バブコック(Doosan Babcock)は2000億ウォン規模の設備供給契約を獲得した。

斗山バブコックは5日、英国現地で「ヒンクレーポイントC」原子力発電所のプロジェクト設備供給契約を締結したと明らかにした。発注先はヒンクレーポイントC原発州事業者であるフランス電力公社(EDF)傘下の「NNB GenCo」だ。

斗山バブコックは現地企業のアルトロッドなど4社とジョイントベンチャーを攻勢し、機械・電気計測・空調設備などを共同受注した。

斗山バブコックが受注した金額は2000億ウォン規模だ。「ヒンクレーポイントC」プロジェクトは、英国で20年ぶりに新たに建設される原発という点で注目されている。

総3200メガワット規模で英国南西部のサマセット州に建設中であり、2025年に完成する予定だ。

斗山重工業によると、斗山バブコックは今回の原発建設再開前の1995年に建設された「サイズウェルB」プロジェクトに蒸気発生器を提供するなど、英国が世界初の原発を稼働した1956年から主要設備企業としての重要な役割を果たしてきた。今年の5月にも英国セラフィールド社と20年間で2兆2000億ウォン規模に達する、放射性廃棄物の処理のための設備供給の長期契約を締結した。

モク・チンウォン斗山重工業パワーサービスBG長は、「久しぶりに再開された英国の原発市場に参加しながら、グローバルな新規原発市場への進出のための橋頭堡を整えた」とした。

[ノ・ヒョン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

두산밥콕, 英원전에 2천억 설비 계약


두산중공업(회장 박지원) 영국 자회사인 두산밥콕이 2000억원 규모 설비 공급 계약을 따냈다.두산밥콕은 영국 현지에서 `힝클리 포인트 C` 원자력발전소 프로젝트 설비 공급 계약을 체결했다고 5일 밝혔다. 발주처는 힝클리 포인트 C 원전 주 사업자인 프랑스 전력공사(EDF) 산하 `NNB GenCo`다. 두산밥콕은 현지 기업인 알트라드 등 4개사와 조인트 벤처를 이뤄 기계·전기 계측·공조 설비 등을 공동 수주했다. 두산밥콕이 수주한 금액은 2000억원 규모다. `힝클리 포인트 C` 프로젝트는 영국에서 20년 만에 새로 짓는 원전이라는 점에서 주목받고 있다. 총 3200㎿ 규모로 영국 남서부 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語