MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 17日 ソウル 14.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「独居」高齢者世帯、30年後は405万に
記事入力 2019-09-18 17:46 | 記事修正 2019-09-20 16:03:40
急激な高齢化で2040年には「老人家長」が1000万人を超える見通しだ。世帯主が高齢者である世帯の割合も、全体の半分ほどに増える。

18日に統計庁が発表した「将来の家具推計:2017~2047年」によると、世帯主の年齢が65歳以上の世帯は2017年の399万8000世帯から、2040年には1001万2000世帯に拡大される。 2047年には高齢者の世帯主が1105万8000世帯までに増え、全世帯に占める割合は49.5%に達する見込みだ。

2017年の高齢世帯主の割合は20.4%だった。全人口の65歳以上の割合が2067年までに46.5%にとどまるものと比較すると、世帯主の高齢化ははるかに速いペースで起こるわけだ。これは20歳未満の人口が世帯主として集計される確率がほとんどないからだ。

世帯主の中位年齢は2017年の51.6歳から、2047年には64.8歳に13.2歳高くなる。また2017年には世帯主が50代の割合が24.0%ですべての年齢層の中で最も高かったが、2047年には70代の世帯主が21.4%で最も高くなり、60代(19.9%)と80歳以上(17.8%)がその後に続く。

韓国の総世帯数は2017年の1957万1000世帯から毎年増加したが、2040年には2265万1000世帯で頂点をきわめ、2041年からは減少傾向に転換する見込みだ。総人口は2028年から減少傾向に転換するが、世帯数は1人世帯の増加で減少時点が遅くなった。大家族は減る一方で1・2人世帯の割合がますます高くなり、平均世帯人数は2017年の2.48人から2047年には2.03人まで減少する。

1人世帯の年齢別割合も大きく変化する。現在は30代の割合(17.4%・97万4000世帯)が最も高く、20代(17.1%・95万2000世帯)と50代(16.9%・94万5000世帯)が続く。職場・学校の近くで自炊する青年が1人世帯の多くを構成しているわけだ。しかし2047年にはほとんどの1人世帯は「独居老人」だと予想される。1人世帯全体で65歳以上の世帯主の割合は、2017年の24.1%(134万7000世帯)から2047年は48.7%(405万1000世帯)に増えたためだ。

[ムン・ジェヨン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`나홀로` 노인가구 30년 뒤에 405만

통계청 가구구조 변화 전망

독거노인 비중 급격히 늘며
2047년 1인가구중 절반 차지
노인 가장 가구도 1천만 돌파


급격한 고령화로 2040년에는 `노인 가장`이 1000만명을 넘어설 전망이다. 가구주가 노인인 가구 비중도 전체 중 절반가량으로 늘어난다.18일 통계청이 발표한 `장래가구 추계: 2017~2047년`에 따르면, 가구주 연령이 65세 이상인 가구는 2017년 399만8000가구에서 2040년 1001만2000가구로 확대된다. 2047년에는 노인 가구주가 1105만8000가구까지 늘어 전체 가구에서 차지하는 비중이 49.5%에 이를 전망이다. 2017년 노인 가구주 비율은 20.4%였다.전체 인구에서 65세 이상 비율이 2067년까지 46.5%에 그치는 것과 비교하면 가구주의 고령화는 훨씬 빠르게 진행되는 셈이다. 이는 20세 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語