MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 08日 ソウル -5.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
拡大する「ペットノミー」... AI・バイオベンチャーも虎視眈々
記事入力 2019-11-29 17:53 | 記事修正 2019-12-03 15:40:20
バラムシステム(VARRAM SYSTEM)の「ペットフィットネス」ロボットは、主人の代わりにペットの世話をする。人工知能(AI)が適用されて、走行速度を自分で調節しつつペットの運動量を引き上げる。ユーザーが設定した時間におやつも与える。主人の外出がいっそう楽になった。

この製品を開発するためのクラウドファンディングに6億3858億ウォンが集まった。また別のスタートアップのフィットペット(Fit Pet)は、ペット用尿検査キットを開発した。サムスンSDSのエンジニア出身であるコ・ジョンウク代表が2017年に設立した。創業2年目の今年の売上高は100億ウォンをにらんでいる。アプリケーションで試薬を分析し、10種類以上の病気を検査する機能を持っていて人気だ。このメーカーは世界初の伴侶犬の鼻文(鼻柄)認識技術も開発したが、ペット保険の導入に乗り出した保険会社から協業のオファーが相次いでいる。

「ペットノミー(ペット+エコノミー)」がスタートアップの中核話題として浮上した。ペット市場が急成長して「1000万ペット」をつかむための創業需要が殺到している。 29日の農村経済研究院によると、医療と保険を含む今年の国内ペット市場は3兆ウォンと予想される。2014年の1兆5000億ウォンに比べて2倍に増加した。毎年2桁成長を続けながら、2023年には4兆5000億ウォンを突破するものと予想される。

ペット市場が有望な理由は、1~2人世帯が増加してペットへの関心が高まっているからだ。少子高齢化の傾向が大きくなりつつ、ペットを飼う人口は1400万人以上と推定される。農林畜産検疫本部によると、ペットを育てる国内世帯の割合は28%に達している。

ペット市場のトレンドは、ペットの「ヒューマネーゼーション(humanization)」だ。単に医療サービスや飼料の質を改善することをこえて、ペット専用保険やタクシー、ロボットなどの新たな市場が創出されている。スタートアップはAIやモノのインターネット(IoT)などの新技術を組み合わせた分野で頭角を見せている。排泄を自動的に処理するスマートトイレ、外出時には主人の代わりに餌を与えるAIロボットなどが代表的な事例だ。大企業が飼料や医療サービスなどの既存市場で投資を拡大することとは対照的な流れだ。

[パク・ウィミョン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

커져가는 펫코노미…AI·바이오벤처도 `눈독`

올해 3조원으로 시장 급성장

애견 돌봄용 AI로봇 개발에
펀딩 목표액 120배 몰리고

건강검사용 소변키트 매출
창업 2년만에 100억 되기도


◆ 3조시장 `펫코노미` ◆ 바램시스템의 `펫 피트니스 로봇`은 주인 대신 반려동물을 돌본다. 인공지능(AI)이 적용돼 주행속도를 스스로 조절하며 반려동물의 운동량을 끌어올린다. 사용자가 설정한 시간에 간식도 준다. 주인의 외출이 한결 편해졌다. 이 제품을 개발하기 위한 크라우드펀딩에 6억3858만원이 모였다.또 다른 스타트업 핏펫은 반려동물용 소변검사 키트를 개발했다. 삼성SDS 엔지니어 출신인 고정욱 대표가 2017년 설립했다. 창업 2년 만인 올해 매출액 100억원을 바라보고 있다. 애플리케이션으로 시약을 분석하고 10가지가 넘는 질병을 검사하는 기능을 갖고 있어 인기다..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語