MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
1月 18日 ソウル 3.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
LG、家電超えAI・ロボット・電装を攻略
記事入力 2019-01-07 17:48 | 記事修正 2019-01-09 16:19:49
LG電子は8日(現地時間)、米国ラスベガスで開幕する世界最大のIT・家電展示会「CES 2019」で人工知能(AI)、ロボットや自動車電装部品など、家電事業を超えてコアビジネスとして浮上する未来事業を大挙展示する。 AI機能を大幅に強化したテレビと高級生活家電でプレミアム製品戦略を強化し、昨年に買収した豪州の自動車用ヘッドランプ企業ZWKとの共同マーケティングによって、グローバルな自動車電装部品市場の攻略に拍車をかける。

LG電子が今回の展示会で将来の新成長動力を前面に押し出して大々的な戦略の策定に乗り出したのは、家電とテレビ中心の現事業体系では、持続的な成長が容易ではないという危機感が反映されたためだという分析だ。 LG電子は昨年の第4四半期の実績は、予想よりも低調になるだろうという観測が出ている状況だ。

このことから、LG電子は今回のCES 2019で新たなビジョンを公開することが急務と見て、AIとロボットを前面に打ち出したわけだ。

LG電子は展示館内に「LG ThinQ AIゾーン」を大規模に造成し、観覧客たちに革新的なAIのエクスペリエンスを提供する計画だ。 LG電子が独自開発したAIの「LG ThinQ」の新しいバージョンを使用して、単純な音声コマンドによって動作する方法を越えてユーザーカスタマイズのエクスペリエンスを提供する。 LG電子はこれによって、△ユーザー体験の拡大、△最高の性能を維持するための能動的製品管理、△状況に応じた最適のサービスの提供などを実現することに成功した。

これまでのバージョンのThinQは、「エアコンをつけてくれ」などの音声コマンドに応じて機器を操作することが主な機能だったが、CES 2019で公開されるThinQはユーザーの使用パターンと外部環境を認識し、洗濯機の洗濯槽の洗浄、製品の消耗品の交換、修理の予約案内などを自ら提供する。 AIがコマンド実行を超え、自らの製品を積極的に管理して意見を提供する段階へと進化したわけだ。

LG電子はロボットの展示スペースで、人が直接着用できる筋力補助用ウェアラブルロボットの「CLOi SuitBot(クロエスーツボット)」の最新製品である、腰の筋力をサポートするための製品を新たに展示する。この製品はユーザーが一定の角度以上に腰を曲げると、ロボットがこれを検出して準備状態に入り、ユーザーが腰を伸ばすときにロボットが力を補助してユーザーの腰にかかる負担を低減する。

LG電子はCES 2019で公開するクロエスーツボットを含め、案内ロボットと掃除ロボット、芝刈りロボットなど9種のロボット製品を展示し、家庭・商業用から産業・医療用まで、さまざまな分野で活用可能な製品の開発に没頭している。 LG電子はロボットのポートフォリオを継続して拡大し、ロボットソリューションの分野でのリーダー企業として成長するという計画だ。 LG電子は最近、組織改編で最高経営責任者(CEO)である趙聖鎮(チョ・ソンヂン)副会長直属の「ロボット事業センター」を新設し、この事業を積極的に拡大している。

イ・ヒェウンLG電子グローバルマーケティングセンター長(副社長)は、「顧客が日常で実質的な価値を体験できる技術革新と進化するAIを加え、グローバル市場を持続してリードする」と語った。

今年LG電子は「よりよい生活のための革新」をテーマに、2044平方メートル規模の展示館を設けた。展示館の入り口では「OLEDフレキシブルサイネージ」260枚をつなぎ合わせて作られた超大型造形物の「OLED瀑布」が観覧客を迎える。 LG電子は今回の展示会で88インチ8K OLEDテレビを世界で初めて展示・公開し、8KスーパーウルトラHDテレビも公開する。OLEDテレビは現存するOLED製品の中で最も大きな画面を誇る。これらの製品は最適な画質と音質を実現できるように、AI画質チップ「アルファ9第2世代」を搭載した。第2世代の「アルファ9」画質チップはフルHDと4K画質のコンテンツを8Kレベルに引き上げるアップスケーリング機能をサポートする。

LG電子は世界的な自動車企業の顧客を招待し、次世代自動車部品を展示するプライベート展示スペースも用意した。特に今回の展示会では、昨年買収した豪州の自動車用ヘッドランプ専門企業であるZKW社と初めて共同で展示を行う。 LG電子はプライベートショーでAVナビゲーション、カーインフォテインメント、自律走行、OLEDランプソリューションまで、さまざまな分野の次世代自動車電装部品を紹介する計画だ。

[ラスベガス=キム・ギュシク記者/ソウル=チョン・ギョンウン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

LG, 가전 넘어 AI·로봇·車전장 공략

사용자 명령 수행하던 AI 씽큐
스스로 제품 관리하도록 진화
헤드램프 자회사 ZKW와 함께
완성차 기업에 비공개 전시도


◆ CES 2019 ◆ LG전자가 8일(현지시간) 미국 라스베이거스에서 개막하는 세계 최대 IT·가전 전시회 `CES 2019`에서 인공지능(AI), 로봇, 자동차 전장부품 등 가전사업을 뛰어넘어 핵심 사업으로 부상할 미래 먹거리들을 대거 선보인다. AI 기능을 대폭 강화한 TV와 고급 생활가전으로 프리미엄 제품 전략을 강화하고, 지난해 인수한 오스트리아 자동차 헤드램프 기업 ZWK와의 공동 마케팅을 통해 글로벌 자동차 전장부품 시장 공략에 박차를 가한다.LG전자가 이번 전시회에서 미래 신성장동력을 전면에 내세우고 대대적인 전략 수립에 나선 것은 가전과 TV 위주의 현 사업체제로는 지속..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語