MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
2月 23日 ソウル 5.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン「メモリショック」...インテル、半導体「王座」奪還
記事入力 2019-01-31 17:21 | 記事修正 2019-02-07 16:22:51
サムスン電子は昨年、売上高・営業利益・当期純利益などでこれまでの記録を塗り替える「トリプルクラウン」を達成したが、第4四半期にメモリ半導体(DRAM・NAND型フラッシュメモリ)の市況低迷と価格下落で営業利益が前年同期比で28.7%も下落した。市場調査機関のDRAMエクスチェンジが発表した今年1月のDARM価格は前月より17.2%も下落しており、1四半期の業績に対する懸念が高まっている。ただしサムスン電子は下半期からメモリの需要が息を吹き返すと見通した。

サムスン電子は31日、昨年第4四半期は連結売上高59兆2700億ウォンと営業利益10兆8000億ウォンを上げたと公示した。当期純利益は8兆4600億ウォンだ。第4四半期の売上高は前年同期比で10.2%減少し、前四半期比で9.5%減少した。営業利益は前年同期比で28.7%減少し、前四半期との比較では38.5%低下した。

これでアサムスン電子は昨年、売上高243兆7700億ウォンと営業利益58兆8900億ウォン、当期純利益44兆3400億ウォンなどで3つの部門で歴代最高記録を塗り替えるトリプルクラウンを2年連続で達成した。昨年の売上高と営業利益は、2017年と比較するとそれぞれ1.7%と9.8%増えた数値だ。特に昨年全体の営業利益のうち75.7%に達する44兆5700億ウォンが半導体事業から出たほど、半導体事業に対する依存度が高かった。

しかし半導体に対する高い依存度は、昨年第4四半期に実績が急落した理由になった。昨年の第4四半期からサムスン電子の主力商品であるメモリ市場で供給過剰と価格急落が現れ、このことが実績の鈍化につながった。メモリメーカーが先を争って投資して生産性を大きくしたうえに、スマートフォンの販売不振、データセンターの構築の鈍化などでグーグルやアップルなどの主要需要先でも購入を先送りしたことで現れた現象だ。

DARMの価格(DDR4 8Gb、固定取引き基準)は昨年9月は8.19ドルまで記録したが、同年10月に7.31ドル、11月に7.19ドル、12月に7.25ドルなどで弱気を続けた。特に今年1月は6ドルで、前月に比べて17.2%も急落した。 NAND型の価格(128Gb MLC固定取引き基準)も昨年の6月は5.6ドルだったが、12月には4.66ドルまで下落した。今年1月の価格は前月よりも3%落ちた4.52ドルにとどまった。

昨年第4四半期のサムスン電子の半導体営業利益は7兆7700億ウォンで、前四半期比で43.1%減少し、2017年の第4四半期よりも28.7%減少した。半導体の売上高は2018年第3四半期の24兆7700億ウォンから、第4四半期には18兆7500億ウォンで24.3%減少した。売上高が20兆ウォンの下に落ちて、昨年第4四半期に20兆9000億ウォンを達成したインテルに、2017年の第1四半期以来の7四半期ぶりに、四半期の売上高で「半導体1位」というタイトルの座を譲った。

半導体部門の営業利益は、2017年第4四半期に初で10兆ウォンを突破した後、昨年第1四半期は11兆5500億ウォン、第2四半期には11兆6100億ウォンで上昇傾向に乗った。昨年の第3四半期には13兆6500億ウォンで前年同期比で37%の垂直上昇をしたが、第4四半期に勢いが折れた。これにより、サムスン電子全体の営業利益における半導体部門が占める割合は、昨年第3四半期の77.7%から第4四半期は71.9%に減った。これまで半導体がサムスン電子の実績を好調に見せかける「錯視論」が優勢だったが、半導体さえも困難に直面するのではないかという半導体危機論が現実化する部分だ。

メモリ事業部が対外環境の悪化と顧客の在庫調整の影響で需要が減少したことが最大の原因だとすれば、システム事業部はイメージセンサの需要鈍化、ファウンドリ事業部は仮想通貨の縮小にともなうサーバー増設の需要鈍化が原因だと指摘された。これまで半導体産業は携帯電話やデータセンターサーバーの需要の増加→半導体の供給拡大→供給過剰へ進入→需要の鈍化→半導体価格の下落→出荷鈍化につながったが、下降局面への進入速度が予想より早かったという評価が優勢だ。サムスン証券はサムスン電子の昨年12月のDRAM販売量が前月よりも15%ほど減少したと推定した。

KB証券のキム・ドンウォン研究員は、「2年ぶりに半導体価格の下落が始まるやいなや、顧客がメモリの在庫を縮小しながら購入を遅らせるしている」とし、「サムスン電子の半導体の平均販売単価は前年比でDRAMは10%、NAND型メモリは20%下落すると予想される」と述べた。

サムスン電子は今年の半導体市場は、「上半期に鈍化、下半期に上昇」という上低下高の流れを示すものと予想した。サムスン電子は「下半期から新しい中央処理装置(CPU)の拡散とスマートフォンの新製品発売にともなうメモリ需要が増え、需給は徐々に安定するものと期待している」と説明した。また、短期的にはコスト削減と生産性の向上に合わせて、中長期的には、電装事業とファウンドリ(半導体受託生産)などを開拓する計画だ。

サムスン電子は「技術の難度が急激に高まり、供給が急激に増加することが難しくなり、これまでのPC中心から現在はサーバー・モバイルなどで多様化され、需要の季節性が緩和された」とし、「これまでのような需給不均衡現象が現れは、容易ではないだろう」と予想した。サムスン電子のチョン・セウォン副社長は、「メモリ技術のリーダーとして、消費者のニーズに合わせて大容量サーバー用RAMなどの差別化された製品の競争力を土台に、技術的リーダーシップを確保する」と述べた。

[キム・ギュシク記者/イ・サンドク記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성 `메모리 쇼크`…반도체 `왕좌` 인텔에 내줬다

삼성전자 4분기 실적 발표

반도체 영업이익 43%나 급감
매출도 24% 줄어 20조원 아래로
D램값 하락 지속…1월 17.2%↓
삼성 "메모리 수요 2분기부터 개선"

연간 매출·영업이익·순이익은
`트리플 크라운` 신기록 달성
영업익 반도체 의존도 75% 달해


삼성전자가 지난해 매출·영업이익·당기순이익 등에서 기존 기록을 갈아치우는 `트리플 크라운`을 달성했지만 4분기에는 메모리반도체(D램·낸드플래시) 시황 부진과 가격 하락으로 영업이익이 전년 동기 대비 28.7%나 하락했다. 시장조사기관인 D램익스체인지가 발표한 올해 1월 D램값이 전월보다 17.2%나 하락해 1분기 실적에 대한 우려가 커지고 있다. 다만 삼성전자는 2분기 이후 서버·모바일을 중심으로 메모리 수요 개선이 이뤄지기 시작해 하반기에는 수요가 회복될 것으로 예상했다.31일 삼성전자는 지난해 4분기 연결 기준으로 매출 59조2700억원, 영업이익 10조8000억원을 올..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語