MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
8月 17日 ソウル 27.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
現代自、音声認識・人工知能のスタートアップに投資
記事入力 2019-04-15 18:08 | 記事修正 2019-04-17 16:32:27
将来のモビリティ技術を先取りするための鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車首席副会長の「オープンイノベーション(開放型革新)」戦略に速度が乗っている。最近、インドの「オボ」と呼ばれる車両呼び出しサービス業者の「Ola(オラ)」に投資したことに続いて、今回はネイバー最高技術責任者(CTO)が設立したスタートアップに投資してモビリティプラットフォーム技術の先取りに乗り出す。

現代自動車は15日、「モビリティの統合プラットフォームであるユモス(UMOS)を開発するために、ソン・チャンヒョン代表が設立したスタートアップのコード42に戦略投資し、相互多角的な協力に乗り出す」と述べた。

「コード42」は今年初めにネイバーを退社したソン代表が先月、板橋テクノバレーに設立したスタートアップで、音声認識・人工知能(AI)・モビリティ・自律走行・ネイバー地図・精密地図・ロボット・ビッグデータ分野の専門家が続々と合流していることが分かった。

コード42は今年末までに技術者を100人に補強して優秀な人材を継続して確保し、2021年には構成員300人を置く、韓国代表の技術中心の企業に生まれ変わるという腹案だ。現代自のチョン首席副会長は、コード42のこのような専門知識と技術の可能性を評価して戦略投資を決めたことが伝えられた。現代自動車は具体的な投資規模を明らかにしなかったが、コード42が現代自動車グループの関係社として編入されるレベルではないことが分かった。

ソン代表は、米HPやマイクロソフト(MS)などでスーパーコンピュータと仮想マシンのオペレーティングシステム(OS)の開発者を経てアップルに転職し、ソフトウェアのパフォーマンス高度化の専門家として活躍した。2008年、ネイバーに合流してネイバーCTOとネイバーラボラトリーズ最高経営責任者(CEO)を務め、音声認識と機械翻訳(パパゴ)、AIアシスタンス、拡張現実(AR)ナビゲーション、自律走行、ロボットなどの次世代技術の開発を導いた。

現代自のチョン首席副会長は現代自動車を、自動車メーカーから「スマートモビリティソリューションを提供する企業」に転換するというビジョンの下で、国内外の革新的な企業と技術・サービスを協力するための積極的な投資・提携を断行している。東南アジア最大のモビリティ企業「グラブ」に2億7500万ドルを投資したことに続き、最近ではインドのカーヘイリング(車の呼び出し)市場1位を走るモビリティサービス会社である「Ola(オラ)」に歴代最大規模である3億ドルを投資することを決定した。コード42との技術協力はこれよりもさらに長い呼吸を持って、将来の「スマートシティ」に関連付けられるモビリティ統合プラットフォーム「UMOS」を構築するために集中する。

現代自動車の関係者は、「UMOSは都市がデジタル統合システムで運営されるスマートシティでは欠かせない、重要なモビリティプラットフォーム」だとし、「自律走行車からドローン、自動配達ロボットのようなさまざまな形態の自律走行移動手段がUMOSという一つのプラットフォームに連動し、車両の呼び出し、カーシェアリング、ロボタクシー、スマート物流、食品配達などのさまざまなモビリティサービスを提供することになるだろう」と説明した。

チョン首席副会長は最近、ソン代表と会い「コード42の洞察力とサービスプラットフォーム運営の経験は、現代自動車のスマートモビリティソリューション事業に核心的に必要」だとし、「今回の戦略投資をもとに、今後のさまざまなプロジェクトを一緒に進めていこう」と強調した。チョン首席副会長とソン代表は現代自動車が技術高度化のために総力を傾けている自律走行車部門を中心に、ロボット、AI、精密地図分野などで全方位的な協力の意志を確認したことが分かった。

現代自動車の関係者は、「大企業と革新スタートアップが対等な位置でゲームチェンジャーになるための協力を行うことで、国内スタートアップの生態系にも大きな活力を吹き込むつもり」だと述べた。

一方、現代自動車は将来のモビリティ技術への投資に加え、欧州の商用水素自動車市場の攻略のためにスイス現地のエネルギー企業「H2E」と合弁会社を設立することにした。

現代自動車は合弁法人「現代ハイドロジェンモビリティ」に、今年から2025年までの7年間で1600台規模の商用水素トラックを供給することになる。現代自動車「エクシエント」の水素電気トラックモデルの心臓部に、H2E製の190キロワット級「水素燃料電池システム」が搭載される方式だ。合弁会社で最終的に完成されるトラックは大型冷蔵バンと一般バン用で、早ければ来年の下半期から欧州市場を走り回ることになるものと期待される。

この日、ソウル市良才洞の現代自動車本社を訪れたロルフ・フーバーH2E会長は、「水素技術力のリーダーである現代自動車とH2Eの合弁会社設立により、欧州市場で環境に配慮した商用車の拡大に参加できることになり誇りを感じている」とし、「H2Eは現代自動車の水素電気大型トラックが(欧州市場に)定着できるように、水素の生態系づくりにも積極的に取り組むつもり」だと述べた。

[イ・ヂェチョル記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

정의선 "모빌리티 선점하자"…韓스타트업 전략 투자

네이버 CTO출신 송창현 대표가 만든 `코드42`와 협업

자율차부터 배달로봇까지
미래 모빌리티 하나로 잇는
통합 플랫폼 구축에 박차
정의선 "다양한 협업 확대"

유럽 수소트럭 공략도 잰걸음
합작법인 세워 1600대 공급


미래 모빌리티 기술을 선점하기 위한 정의선 현대자동차 수석부회장의 `오픈 이노베이션(개방형 혁신)` 전략에 속도가 붙고 있다. 최근 인도의 `우버`로 불리는 차량 호출 서비스 업체 `올라`에 투자한 데 이어 이번에는 네이버 최고기술책임자(CTO)가 세운 스타트업에 투자해 모빌리티 플랫폼 기술 선점에 나선다.현대차는 15일 "모빌리티 통합 플랫폼인 `유모스(UMOS)`를 개발하기 위해 송창현 대표가 설립한 스타트업 `코드42`에 전략 투자하고 상호 다각적 협력에 나선다"고 밝혔다. 코드42는 올해 초 네이버에서 퇴사한 송 대표가 지난달 판교 테크노밸리에 설립한 스타트업으로, 음..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語