MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
8月 17日 ソウル 27.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ソカー、テスラと手を組んで車両共有経済の底辺拡大
記事入力 2019-04-17 17:43 | 記事修正 2019-04-19 16:20:36
韓国の車両共有企業ソカー(SOCAR)社は電気自動車市場の強者の米テスラ(TESLA)社と手を握り、車両共有市場の拡大に乗り出す。ソカーは16日、テスラと「ソカーXテスラプロジェクト」のための業務協約(MOU)を締結したと発表した。このプロジェクトはテスラのプレミアム電気自動車「モデルS」をソカーのプラットフォームで、長期共有方式として提供することだ。

今回のMOUで顧客は革新的な未来車を車両共有プラットフォームで体験できることになった。

また、所有しなくても自分の車のように利用できるサービスモデルを提示し、車両共有市場の底辺を拡大する。車両のオーナーはふだん自分が所有する車のように使用し、オーナーが使用していない時間に他のユーザーと共有することができる。車両の共有時間を多くすればするほど、オーナーに対するレンタル料の割引き幅が大きくなる。月5回の共有時には50%程度の割引きが予想される。車両内部のオプションとアイテム選択が可能な項目を追加し、個性と趣向を反映できるようにした。

先月、ソカーXテスラプロジェクトのパートナー1次募集では、定員20人が開始と同時にあっというまに完了した。現在、車両の引き渡しまでを仕上げた。ソカーは今回のMOUでコストと資源の効率性を高めながらも、多くのユーザーの移動の問題を解決できると説明した。両社は共有サービスに最適化された車両の購入、共同マーケティングやプロモーション、充電施設の開発などの全分野にわたって密接に協業する予定だ。

ソカーは今回のプロジェクトを皮きりに、テスラのような特色のある車両の提供を拡大する。リーズナブルな価格で自分の車のように使用したいユーザーは、車両とともに特別な経験や好みを他の人と共有できるように結び付けるプラットフォームとして育成する。車両共有の経済的利点に趣向までを反映したパーソナライズサービスで、日常生活の移動経験を変えるように誘導する。

このために今年の下半期に、多様な個人的趣向の反映が可能なカスタム車両共有サービスモデルとプラットフォームを構築する。オーナーとユーザーの好みに合った多様な車種と合理的な料金プランを提供する。現在、ミニハッチバックなどの多様な完成車に対しても、オーナー募集を行っている。ソカーのイ・ジェウン代表は、「オーナーとユーザーの好みや経験によって、さらにパーソナライズされた車両の共有文化とシステムを構築するためにさまざまな実験を継続する」と語った。

[オ・デソク記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

쏘카, 테슬라와 손잡다

전기차 장기공유모델
월 5회 공유시 반값


차량공유 기업 쏘카가 전기차 시장 강자 테슬라와 손잡고 차량공유 시장 확대에 나선다. 쏘카는 16일 테슬라와 `쏘카X테슬라 프로젝트`를 위한 업무협약(MOU)을 체결했다고 밝혔다. 이 프로젝트는 테슬라 프리미엄 전기차 `모델 S`를 쏘카 플랫폼에서 장기 공유 방식으로 제공하기 위한 것이다.이번 MOU로 고객들은 혁신적인 미래 차를 차량공유 플랫폼에서 경험할 수 있게 됐다. 아울러 소유하지 않아도 자기 차처럼 이용할 수 있는 서비스 모델을 제시해 차량공유 저변을 확대한다. 차량 오너는 평소에 자기가 소유한 차처럼 이용하고, 사용하지 않는 시간에는 다른 사람에게 공유할 수 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語