MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 20日 ソウル 30.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
李韓銀総裁、金利引き下げを示唆
記事入力 2019-06-12 17:54 | 記事修正 2019-06-14 15:56:47
第1四半期のマイナス成長の衝撃にもかかわらず「基準金利引き下げで対応する状況ではない」と、金利を下げることに否定的な立場を見せた李柱烈(イ・ヂュヨル)韓国銀行総裁が、半月もたたずに今後の金利引き下げの可能性を示唆した。

李総裁は12日、ソウル市中区のプヨン太平ビルで開かれた韓国銀行創立第69周年記念式で、今後の金融政策の方向と関連して「最近の米国と中国の貿易紛争と半導体景気など、対外要因の不確実性が大きく高まった」とし、「その展開推移と影響を綿密に点検しながら、経済状況の変化に応じて適切に対応していく」と述べた。これと関連し、式典後に記者らと会った李総裁は、「米・中貿易紛争がわが国の経済を難しくする方向に展開しており、半導体景気も当初の予想よりも回復時期が遅れる可能性があるようだ」とし、「わが国の経済の流れを左右することがありうる2つの要因が予想よりも難しい方向に向かっている」と説明した。

先月の31日に金利凍結の決定直後に開かれた記者懇談会の時でさえも、李総裁は金利引き下げに否定的な立場だった。

当面は国内経済が困難に見えても、下半期に入って政府の拡張的財政政策とあわせて輸出・投資不振が緩和されると、成長の流れが良くなるという期待があった。しかし米・中貿易の葛藤が長期化する兆しであるうえに、6月の輸出さえ半導体を中心に大幅に下落することが確実視され、立場に変化が生じたものと考えられる。基準金利の引き下げかどうかを決定する韓銀の金融通貨委員会は7月18日に行われる。

[イ・ユソプ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

이주열 韓銀총재 금리인하 시사

국고채 금리 일제히 급락


지난 1분기 마이너스 성장 충격에도 불구하고 "기준금리 인하로 대응할 상황이 아니다"며 금리를 내리는 것에 부정적인 입장을 보였던 이주열 한국은행 총재가 보름도 안 돼 향후 금리 하향 조정 가능성을 시사했다.이 총재는 12일 서울 중구 부영태평빌딩에서 열린 한국은행 창립 제69주년 기념식에서 향후 통화정책 방향과 관련해 "최근 미국·중국 무역분쟁, 반도체 경기 등 대외 요인의 불확실성이 크게 높아졌다"며 "그 전개 추이와 영향을 면밀히 점검하면서 경제상황 변화에 따라 적절하게 대응해 나갈 것"이라고 말했다. 이와 관련해 기념식 후 기자들과 만난 이 총재는 "미·중 무..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語