MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 20日 ソウル 31.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
セルトリオン「レムシマSC、ブロックバスターになるだろう」
記事入力 2019-06-13 17:22 | 記事修正 2019-06-17 15:48:59
バイオシミラー(バイオジェネリック)市場の規模が急に大きくなり、脅威を感じた多国籍製薬会社がオリジナル薬価を大幅に引き下げて、バイオシミラーの牽制に乗り出したうえに製薬会社も相次いで参入し、最近はバイオシミラー市場の競争が激化している。このためにバイオシミラー市場がレッドオーシャン化しているという懸念が大きくなる中で、セルトリオン(Celltrion)などの国内用バイオ企業は、投薬の利便性を大きく高めたバイオジェネリック医薬品を新成長動力として正面突破に乗り出した。

スペインのマドリードで開かれた「2019欧州リウマチ学会(EULAR)」で去る13日(現地時間)、セルトリオンはリウマチ関節炎などの自己免疫疾患のオリジナル治療剤である「レミケード(Remicade)」のバイオシミラー「レムシマ(Remsima)」を皮下注射製剤にした「レムシマSC」の臨床第3相の結果を初めて発表した。既存のレムシマは静脈用であることから、病院を訪問して2~4時間のあいだ投与するが、レムシマSCは皮下注射型であるために、糖尿病患者が自らインスリンを投与するように自宅で一人で注入することができる。挙動が不便な高齢者など、病院の訪問が困難な患者に適している。

セルトリオンの関係者は、「リウマチ関節炎患者362人を対象にした臨床の結果、投与30週次まではレムシマSCと既存の静脈注射型レムシマ投与群の間で類似した安全性の結果を得て、反応率などの効果の面ではレムシマSCがむしろ僅かに高かった」と述べた。レムシマSCの臨床を主導したベルギーのゲント大学のルネ・ウェストホーフェン教授はこの日の記者懇談会で、「8週間ごとに投与するレムシマは投与後の効果は時間が経つにつれて落ちるが、レムシマSCは2週間間隔での自己接種を通じて均一な血中濃度を維持することができる」とし、「このことを勘案するとき、30週が過ぎるとレムシマSCの効能がさらに良く出てくる」と説明した。

オリジナル製品である「レミケード」には皮下注射型の製品がないため、レムシマSCが発売されれば新たな市場を創出できるだろうというのが業界の分析だ。特にセルトリオンはレムシマSCが同じ自己免疫疾患治療剤でありながら、世界1~2位のバイオ医薬品であるHUMIRA(ヒュミラ、20兆ウォン)、ENBREL(エンブレル、12兆ウォン)を処方されてきた患者も吸収することができるものと期待している。

セルトリオンヘルスケア事業1部のアン・イクソン本部長は、「レムシマSCの開発は便宜性の不足で奪われていた市場を取り戻すことができるという点で意味が大きい」とし、「ヒュミラとエンブレルを使う患者のうちの25%がレムシマSCを使うだろう」と述べた。自己免疫疾患の治療は、時間が経過すると免疫抗体が生じ、薬を定期的に変えなければならないが、これまではSC製剤のヒュミラとエンブレルの間だけで交差投与が行われたが、レムシマSCが登場することで治療薬の異なる選択肢になりうるという説明だ。

ヒュミラとエンブレルを使う患者の25%が毎年約を変えるが、両方の半分ずつがレムシマSCを使っても25%を確保できるというのがセルトリオン側の説明だ。セルトリオンがレムシマSCを、世界の医薬品売上げ1位のヒュミラを超えるブロックバスター製品として育成すると明らかにしたのもこのためだ。

すでに海外ではレムシマSCへのラブコールが続いている。昨年11月に欧州医薬品庁(EMA)は第3相の最終テストが出ていないのに販売許可申請を許し、今年末に販売を開始する予定だ。米国食品医薬品局(FDA)はレムシマSCに対し、臨床第1相なしで3相のみで販売許可を出せるように臨床試験計画を承認した。

サムスンバイオエピスもこの日、欧州で人気上昇中のバイオシミラー3種(ベネパリ、フリクサビ、イムラルディ)の効能と安全性についての研究結果を公開した。サムスンバイオエピスは「エンブレル(一般名エタノセプトゥ)」を投与された関節リウマチと軸性脊椎関節炎患者533人について、バイオシミラーのベネパリを交換投与した結果、6ヶ月が経過するまでに既存に投与したオリジナル薬と比較して臨床的に有意な差がなかったと伝えた。また、バイオシミラー3種を処方された1461人の6~12ヶ月の治療経過は、オリジナル製品と比較して副作用の発生などの疾患の変動レベルが似ていると確認されたと付け加えた。

サムスンバイオエピスコマーシャル本部のパク・サンジン本部長は、「ヒュミラのバイオシミラーでイムラルディはSC製剤のうちのひとつであるペン形で創られて痛みをともなわず、一度だけ押せば良い便利な使い方で需要が高い」とし、「常温保存期間がオリジナルに比べて2倍に達するなど、より競争力がある」と述べた。

[マドリード=キム・ビョンホ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

셀트리온 "램시마SC 블록버스터 될것"

2019 유럽류머티즘학회

환자 스스로 손쉽게 주사
美·유럽서 잇단 러브콜

삼바 바이오시밀러 3종
효능·안정성 결과 발표


바이오시밀러(바이오 복제약) 시장 규모가 확 커지면서 위협을 느낀 다국적 제약사들이 오리지널 약값을 대폭 인하해 바이오시밀러 견제에 나선 데다 제약사들도 잇따라 뛰어들면서 최근 바이오시밀러 시장 경쟁이 격화하고 있다. 이 때문에 바이오시밀러 시장이 레드오션화되고 있다는 우려가 커지는 가운데, 셀트리온 등 국내 바이오 업체들이 투약 편의성을 확 높인 바이오 복제약을 신성장 동력으로 삼아 정면 돌파에 나섰다.지난 13일(현지시간) 스페인 마드리드에서 열린 `2019 유럽류머티즘학회(EULAR)`에서 셀트리온은 류머티즘 관절염 등 자가면역질환 오리지널 치료제인 레미케..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語