MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 17日 ソウル 14.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
現代自、「ロボットタクシー」商用化に乗り出す
記事入力 2019-06-13 17:26 | 記事修正 2019-06-17 15:49:24
オーロラの先端自律走行システムである「オーロラドライバ」が装着された、現代自動車の水素電気自動車「ネクソ」。

現代・起亜自動車は世界最高水準の自律走行システムを商用化するために、米国自律走行企業の「オーロラ(Aurora Innovation)」に戦略的投資を断行する。グローバルな自律走行車市場ですばやい追撃者ではなく、技術革新の先導者になるというのが両社の目指すところだ。

13日、現代・起亜自動車はこのような戦略投資方針を公開し、2021年にエコカーを活用したスマートシティ内の「レベル4」自律走行車のモデル事業を成功裏におさめると発表した。このための協力パートナーであるオーロラ社は、2017年に米国で設立された自律走行ソリューション開発部門の技術革新企業としてあげられる。

Googleの自律走行技術総責任者だったクリス・オムスンとテスラ社オートパイロットのスターリング・アンダーソン総括など、自律走行技術の先駆者たちが意気投合した。現代・起亜自動車との縁は昨年1月、鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車首席副会長がオムスン最高経営責任者(CEO)との相互協力計画を発表して本格化した。

以後は最近まで、現代自動車の水素電池車「NEXO(ネクソ)」を活用した自律走行技術を共同研究している。オーロラが持つ独自の自律走行システムである「Aurora Driver(オーロラドライバ)」は、コラボレーションの過程で人工知能(AI)ベースの認知・判断の領域を高度化するために大きな貢献をするものと期待されている。

オーロラドライバは、自律走行車の周辺環境を正確に認知する高性能ライダー(LiDAR)、レーダー(Radar)、カメラと最適の安全運行経路を導出するためのソフトウェア・モジュールが搭載されている。現代・起亜自動車とオーロラは「レベル4」のロボットタクシーモデル事業を成功に導いた後、ユーザーが運転から完全に解放される「ドア・ツー・ドア(Door to Door)」レベルの技術力まで確保するという構想だ。

[イ・ジェチョル記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

현대차, 美오로라 손잡고…`로봇택시` 상용화 나선다

구글·테슬라 출신들과 협업
자율주행 선도위해 전략투자


현대·기아자동차가 글로벌 최고 수준의 자율주행 시스템을 상용화하기 위해 미국 자율주행업체 `오로라(Aurora Innovation)`에 전략 투자를 단행한다. 글로벌 자율주행차 시장에서 빠른 추격자가 아닌, 혁신의 선도자가 되겠다는 게 양사의 지향점이다. 13일 현대·기아차는 이 같은 전략 투자 방침을 공개하며 2021년 친환경차를 활용한 스마트시티 내 `레벨4` 수준의 자율주행차 시범사업을 성공적으로 완수하겠다고 밝혔다. 이를 위한 협력 파트너인 오로라는 2017년 미국에서 설립된 자율주행 솔루션 개발 부문의 혁신 기술기업으로 꼽힌다. 구글의 자율주행 기술 총책임자였던 크리..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語