MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 20日 ソウル 30.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
自動化設備投資に対する税額控除を3年延長
記事入力 2019-06-25 18:00 | 記事修正 2019-06-27 16:44:20
政府は企業の投資活力を高めて、労働時間の短縮で切実になった生産性の向上に速度を加えるために、自動化・安全設備投資に対する税額控除の期間をのばし控除率を高める方策を推進する。

政府はこのような内容を盛り込んだ仮称「経済活力補強を通じた景気下方リスク管理方策」というタイトルの今年の下半期の経済政策方向を、来月初めの経済活力対策会議を経て発表する予定だ。

25日、複数の政府部処によると、政府は今年の末に日没予定の「生産性向上施設投資などの税額控除」と「安全設備に対する投資税額控除」をそれぞれ最長2022年まで延長し、大企業を基準にして1%に過ぎない控除率を3%に上方修正する案を推進している。

[ソン・イルソン記者/チョン・ソグ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

자동화 설비투자 세액공제 3년 연장


정부가 기업들의 투자 활력을 높이고 근로시간 단축으로 절실해진 생산성 향상에 속도를 내기 위해 자동화·안전 설비투자 세액공제 기간을 늘리고 공제율을 높이는 방안을 추진한다. 정부는 이 같은 내용을 담은 가칭 `경제활력 보강을 통한 경기하방위험 관리 방안`이라는 제목의 올해 하반기 경제정책 방향을 다음달 초 경제활력대책회의를 거쳐 발표할 예정이다. 25일 복수의 부처에 따르면 정부는 올해 말 일몰 예정인 `생산성 향상 시설투자 등에 대한 세액공제`와 `안전설비에 대한 투자세액공제`를 각각 최장 2022년까지 연장하고 대기업 기준 1%에 불과한 공제율을 높게는 3%로 상..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語