MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 08日 ソウル -5.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子「8Kテレビ」同盟が倍増
記事入力 2019-07-17 17:26 | 記事修正 2019-07-19 16:58:00
サムスン電子のモデルが98インチQLED 8Kテレビの前でポーズを取っている。 [写真提供=サムスン電子]

サムスン電子はグローバルばテレビ・ディスプレイメーカーとの協力を拡大し、「8Kテレビの普及」のための広範な動きを続けている。

サムスン電子はまだ底辺が広くない8K生態系を拡張するために、今年の初めに日パナソニックや中ハイセンス、中TCLなどとともに8K協議体である「8Kアソシエーション」を構築し、技術協力やコンテンツの確保などを推進してきたが、参加社は6ヶ月で2倍になったことが確認された。サムスン電子を主軸にした 「8K同盟軍」が急速に勢力を広げ、最近はLG電子をはじめ日ソニーやTCLなど、日本・中国の企業までが8K市場に本格的に加勢し、8K市場の拡大にもいよいよ速度が付く見通しだ。

17日の電子業界によると、サムスン電子が主導している「8Kアソシエーション」に5つの企業が追加で合流した。参加企業がわずか6ヶ月のあいだに2倍に増えた。

サムスン電子は今年の初め、日本のパナソニックや中国のハイセンス、TCLなどのグローバルなテレビメーカーをはじめ、台湾のパネルメーカーAUOなどとともに8K連合を構成した後、8K生態系の拡散に力を入れてきた。サムスン電子とシャープなどが次々と8Kテレビの新製品を出しているが、これを支援するだけのコンテンツ・エコシステムが不足しているとの指摘が相次ぐやいなや、これを克服するためにテレビメーカーが力を合わせて推進したわけだ。

サムスン電子の関係者は、「8K連合に5社が追加で参加したことはそのとおりだ」と言いながらも、「参加企業を明らかにすることはできない」と語った。業界では今回合流した会社を、ディスプレイパネルの生産者とシステムオンチップ(SoC)を生産する半導体メーカーだろうと推定している。

協議体に参加している10社は、8K生態系の拡大を最優先目標としている。このために各企業は仕様の確立と、システム体系化への協力などを集中的に議論していることが分かった。 8K規格の信頼性を確保してハードウェアの底辺を広げ、8Kテレビの安定した市場安着と大衆化をリードするという戦略だ。

サムスン電子は「8K超高解像度」大画面に最適化された専用の半導体(ディスプレイ駆動半導体)を開発するなど、8Kの生態系拡散に乗り出した。 8Kテレビが続々と発売されているが、生態系の底辺が広くないという判断から専用の半導体を開発し、競合他社にも販売する「拡散戦略」を張っているわけだ。

テレビメーカーだけでなく、ネットフリックスやアマゾンなどのコンテンツ・プラットフォーム企業も追加で参加させることが8K協議体の長期的な目標だ。 8Kテレビは現在、主流製品である4K(画素数3840×2160)よりも画質が4倍鮮明な「夢の画質」として期待を集めているが、まだ8Kテレビでしっかり楽しめるコンテンツが不足している点が市場拡大の障害要素としてあげられてきた。

グローバル市場調査会社のIHSマークィットによると、8Kテレビの市場規模は今年の21万5000台から来年は142万8000台、2022年には500万台以上に成長する見込みだ。

8Kテレビが市場に本格的に安着する2021~2022年ごろに、プレミアム市場の最大の激戦地は8Kテレビになると予想される。特に業界では来年、東京オリンピックを起点に8Kテレビ市場が大幅に成長すると見ている。サムスン電子のほか、LG電子が最近になって8K製品を発売し、ソニーやファーウェイ、ハイセンス、TCLなどの日本・中国の各企業も今年は8Kテレビ市場に参入するだろうと見込まれる。

[ファン・スンミン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

초절전 `3진법 반도체` 세계 첫 구현

울산과기원 김경록 교수팀

삼성전자 미래기술로 지원


국내 연구팀이 초절전 고성능 `3진법 반도체 기술`을 대면적 웨이퍼에 세계 최초로 구현하는 데 성공했다. 향후 4차 산업혁명 시대 핵심인 인공지능(AI), 자율주행, 로봇 등 기술 발전에 미치는 파급력이 클 것으로 기대된다.17일 삼성전자에 따르면 김경록 울산과학기술원 전기전자컴퓨터공학부 교수 연구팀이 초절전 `3진법 금속-산화막-반도체`를 세계 최초로 대면적 실리콘 웨이퍼에서 구현하는 데 성공했다. 이 연구 결과는 지난 15일 세계적 학술지 `네이처 일렉트로닉스`에 발표됐다.3진법 반도체는 현재 2진법 기반 반도체보다 대규모 정보를 빠르게 처리하고 집적도를 높여 반도체..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語