MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 03日 ソウル 6.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
法院、半島建設の議決権に急制動...趙会長側に勝機
記事入力 2020-03-24 17:33 | 記事修正 2020-03-26 17:48:24
趙源泰(チョ・ウォンテ)韓進グループ会長は来る27日の韓進KAL株主総会を控え、「3者連合(趙顕娥前航空副社長、KCGI、半島建設)」との経営権紛争で有利になった。 3者連合が提起した議決権関連の仮処分申請が、法院ですべて棄却されたためだ。特に重要な争点である半島建設の虚偽公示が認められたことで、双方の議決権行使が可能な株式の格差はさらに広がることになった。

24日、ソウル中央地法民事合意50部(部長判事イ・スンリョン)はテホ開発・ハンヨン開発・パンド開発などの半島建設の子会社が韓進KALを相手に、「共同で保有する8.28%の株式に対し、議決権を行使できるようにしてもらいたい」と出した仮処分訴訟で原告の請求を棄却した。

裁判部は棄却事由について、「半島建設側が趙源泰会長に役員選任を最後に要求した昨年12月16日から、経営参加を目的として株式を保有したものとみられる」と説明した。昨年、クォン・ホンサ半島建設会長は「単純投資」目的のために韓進KAL株を買い入れた後、趙会長に会って韓進KALの役員選任権などを要求した行為そのものが「経営参加」目的に該当すると判断したものだ。裁判部は続いて、「この日から5日以内に保有目的の変更報告を行う義務があったが、これに違反しては5%を超える株式の議決権行使を可能にできない」と付け加えた。これによって半島建設が株主総会で議決権を行使することができる株式は5%に減ることになった。

この日、法院はKCGIの特殊目的法人(SPC)であるグレースホールディングスが11日、「大韓航空自家保険と社友会の保有株式(3.79%)に対し、議決権の行使を禁止してほしい」と提出した仮処分訴訟に対しても、原告の請求を棄却した。裁判部は「大韓航空自家保険と社友会が趙会長の特殊関係人や共同保有者に該当するという点に対する釈明が不足している」と判断した。大韓航空自家保険と社友会は案件ごとに賛否意見を出すことから、趙会長の影響力が相当だと見ることは困難だ。先だって大韓航空自家保険は議決権の賛否を役職員が直接選択する、「不統一行事」として実施するという立場を明らかにした。社友会も電子投票システムを通じて、案件ごとに賛否を投票することにした。ただし社内では趙会長を支持する雰囲気があり、自家保険と社友会のかなりの部分は趙会長の側に立つ可能性が大きい。

このような法院の決定が出て、趙会長は勝機を握ることになった。趙会長側の友好持分は、支持を公式表明した静石(チョンソク)企業の李明姫(イ・ミョンヒ)顧問と趙顯旼(チョ・ヒョンミン)韓進KAL専務をはじめとする特殊関係人および財団を合わせた「白騎士」(22.45%)に分類されるデルタ航空(10.00%)、カカオ(1.00%)、ハニルセメント(0.39%)、GSカルテックス(0.25%)、大韓航空自家保険と社友会(3.79%)などを加えると最大で37.88%に達することになる。このことから「3者連合」(28.78%)との格差も9.1%ポイントに増えることになる。

一方で韓進KALはこの日、株主に「3者連合の手練に揺れず、現経営陣体制を支持して欲しい」と訴えた。続いて「航空業界に無知な3者連合が経営権をにぎった場合、6ヶ月も待たずに破産するだろう」と主張した。

[ソン・グァンソプ記者/チョン・ヒヨン記者/チェ・グンド記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

법원, 반도건설 의결권 급제동…조원태 승기 잡았다

한진칼 주총서 유리한 고지

3자연합 가처분신청 기각
의결권 8.2%→5%로 줄어

자가보험·사우회 지분
의결권은 모두 인정받아

한진칼 "항공 무지 3자연합
경영권 잡으면 6개월내 파산"


조원태 한진그룹 회장이 오는 27일 한진칼 주주총회를 앞두고 `3자 연합(조현아 전 대한항공 부사장·사모펀드 KCGI·반도건설)`과의 경영권 분쟁에서 유리한 고지에 올랐다. 3자 연합이 제기한 의결권 관련 가처분 신청이 법원에서 모두 기각됐기 때문이다. 특히 핵심 쟁점인 반도건설의 허위 공시가 인정되면서 양측 간 의결권 행사 가능지분 격차는 더 벌어지게 됐다. 24일 서울중앙지법 민사합의50부(부장판사 이승련)는 대호개발·한영개발·반도개발 등 반도건설 자회사들이 한진칼을 상대로 "공동 보유한 8.28% 주식에 대한 의결권을 행사하게 해달라"며 낸 가처분 소송에서 원고..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース