MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 21日 ソウル 20.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
斗山重、ポーランドで2200億規模のプラント受注
記事入力 2020-08-12 17:20 | 記事修正 2020-08-14 15:21:19
斗山重工業はポーランドで2200億ウォン規模の「廃資源エネルギー化(Waste to Energy/WtE)」プラント建設事業を獲得した。 WtEプラントは捨てられる廃棄物を新たなエネルギーに転換する施設で、最近は「環境」がグローバルな話題として浮上しつつ注目されている。斗山重工業は今回の受注を契機に、今後は欧州のWtE市場の攻略に速度を加える方針だ。

斗山重工業はドイツの子会社である斗山レンチェス(DOOSAN LENTJES)とコンソーシアムを構成して、ポーランドのWtEプラント建設事業を受注したと12日に発表した。発注先はポーランドのエネルギー会社である「ドブラエネルギー(Dobra Energia)」であり、契約金額は約2200億ウォンだ。斗山レンチェスは斗山重工業がWtEと脱硫設備、循環流動層ボイラー(CFB)などの親環境の発電源泉技術を確保するために、2011年に買収したドイツの会社だ。同社はこの30年間に45基のWtEプラントを供給してきた。

斗山重工業・斗山レンチェスコンソーシアムは今回の受注によって、ポーランドの首都ワルシャワから北に約200キロメートル離れたオルシュティン( Olsztyn)地域に、一日300トン規模の生活廃棄物をエネルギーに転換して12MW(メガワット)規模の電力と熱を地域社会に供給する施設を建設する計画だ。

コンソーシアムはプラントの設計から機材の調達と施工まで一括して遂行するEPC方式で、2023年までに工事を完了する予定だ。

[ソン・グァンソプ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

두산重, 폴란드서 2200억 플랜트 수주

폐자원 에너지화 사업


두산중공업이 폴란드에서 2200억원 규모 `폐자원 에너지화(Waste to Energy·WtE)` 플랜트 건설 사업을 따냈다. WtE 플랜트는 버려지는 폐기물을 새로운 에너지로 전환하는 시설로, 최근 `친환경`이 글로벌 화두로 떠오르면서 주목받고 있다. 두산중공업은 이번 수주를 계기로 향후 유럽 WtE 시장 공략에 속도를 낼 방침이다.12일 두산중공업은 독일 자회사인 두산렌체스와 컨소시엄을 구성해 폴란드 WtE 플랜트 건설 사업을 수주했다고 밝혔다. 발주처는 폴란드 에너지 업체인 `도브라 에너지아(Dobra Energia)`이고, 계약 금액은 약 2200억원이다. 두산렌체스는 두산중공업이 WtE 및 탈황..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース