MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 21日 ソウル 22.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
LG、化学素材の研究開発を本格化...AI・ロボット技術で
記事入力 2020-09-13 17:15 | 記事修正 2020-09-16 15:21:58
LGは親環境(環境にやさしい)触媒と次世代素材などの化学素材の開発分野で、人工知能(AI)とロボット技術を活用した研究開発(R&D)を加速する。

LGサイエンスパークは13日、カナダのトロント大学とマクマスター大学、仏ネルギー・石油企業のトタル(Total )社で「A基盤素材開発コンソーシアム(A3MD/The Alliance for AI-Accelerated Materials Discovery)」を去る11日に結成し、共同研究を推進すると明らかにした。 A3MDはAIを活用した素材開発分野で、世界トップレベルの学界と産業界のパートナーがともに参加する世界初のAI連合だ。

LGは創立メンバーとして参加し、新素材開発のためのAI先行技術を確保すると同時に、素材分野におけるAIの権威者などとの共同研究開発ネットワークの基盤を構築することになったという評価だ。

今回のコンソーシアムには素材情報や計算化学とロボットを利用した、大規模な実験の自動化分野の権威であるトロント大学のテッド・サージェント氏とアラン・アスプル=グジック氏、マクマスター大学のドリュー・ヒギンズ氏など、世界的な教授陣が参与する。エネルギーデータ分析のためのAIソリューションの開発に積極的な仏トタルも、産業界のパートナーとして参加する。

A3MDは非対面オンライン映像会議などを通じて共同プロジェクトを進めながら、生成されたデータとアルゴリズムなどの成果を共有し、AI教育プログラム、専門家フォーラム、企業インターンシップなどを通じて交流を増やす計画だ。

コンソーシアムは「親環境触媒」と「次世代光学素材」の開発を目指し、さまざまなAIモデリングと自動化の実験プラットフォーム構築などを進めている。たとえば通常の石油化学の工程で抽出するエチレンのような化合物は、空気中の二酸化炭素も生成するが、この時に化学反応を誘導する触媒をマシンラーニングと自動化ロボットシステムを利用して設計できるだろう。

[ファン・スンミン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

LG, 인공지능·로봇기술로…화학소재 연구개발 본격화

佛 토탈·加 토론토대와
`소재 개발 컨소시엄` 결성
친환경 촉매 등 개발 목표


LG가 친환경 촉매와 차세대 소재 등 화학소재 개발 분야에서 인공지능(AI)과 로봇 기술을 활용한 연구개발(R&D)을 가속화한다.LG사이언스파크는 지난 11일 캐나다 토론토대와 맥매스터대, 프랑스 에너지·석유회사 토탈과 함께 `AI 기반 소재 개발 컨소시엄(A3MD·The Alliance for AI-Accelerated Materials Discovery)`을 결성하고 공동 연구를 추진한다고 13일 밝혔다. A3MD는 AI를 활용한 소재 개발 분야에서 글로벌 최고 수준의 학계와 산업계 파트너가 함께 참여하는 세계 최초 AI 연합이다. LG는 창립 멤버로 참여해 신소재 개발을 위한 AI 선행 기술을 확보하는 동시에 소재 분야 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース