MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
3月 06日 ソウル 7.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子、車両用イメージセンサー市場を積極攻略
記事入力 2021-01-19 17:15 | 記事修正 2021-01-21 15:19:30
サムスン電子は次世代有望事業である、車両用イメージセンサー市場の攻略に乗り出す。自律走行車の本格的な普及とともに成長することが期待される車載用イメージセンサーは、2030年には20兆ウォン以上の市場を形成すると予想される。

19日の電子業界によると、サムスン電子はイメージセンサー事業強化のために京畿道華城工場のDRAM11ラインを、CMOSイメージセンサー(CIS)ラインに切り替える作業を進めている。漸進的なライン切り替え作業によって、すでに一部はイメージセンサーの生産が行われていることが伝えられた。このようなラインの切り替え作業は、イメージセンサーの市場規模が継続して大きくなるとの見方によるものだ。市場ではスマートフォン用イメージセンサーの分野で市場をリードしているサムスン電子が、車両用イメージセンサーの分野を通じて市場シェアをさらに拡大できるものと見ている。

グローバルコンサルティング会社のKPMGによると、昨年は470億ドル水準だった世界のイメージセンサー市場の規模は、2030年には1430億ドル(約157兆9000億ウォン)まで上昇すると予想される。現在、イメージセンサー市場で車両用イメージセンサーのシェアが14%水準を記録していることを勘案すれば、22兆ウォン以上の市場が出現するだろうという意味だ。特に車載用イメージセンサーはイメージセンサーの市場全体の中で最も急な成長率を示すと予想されている分野で、市場シェアはさらに高まるものと思われる。

車両用イメージセンサは特性上、他のイメージセンサーに比べて高い性能を要求され、製品ひとつに必要なセンサーの数も多い。自律走行車の運行時に車両の四方を監視する必要があり、その映像をリアルタイムで撮影・分析する必要があるからだ。また誤作動が発生した場合、搭乗者の生命と直結する事例が多く、高いレベルの信頼性hが要求され、使用環境や寿命などでも厳しい条件を満たさなければならない。

市場調査会社のカウンターポイントは、「自動車市場に自律走行技術が導入されて、走行安全性を強化するためにさまざまなセンサーが付けられるだろう」とし、「カメラのセンサーは最尖端の運転支援システム(ADAS)で非常に重要だろう」と展望した。サムスン電子はスマートフォンのイメージセンサーの競争力を土台に、2018年に車両用イメージセンサである「アイソセルオート(ISOCELL Auto)」ブランドを開発し、自律走行車市場の本格的な成長にそなえている。業界のある関係者は、「ソニーなどのグローバル企業とイメージセンサー市場をめぐって競争を繰り広げるために、大規模な投資と先制的戦略が必要だ」とし、「しかし予期せぬ李副会長の拘束で投資が順調に続くのかは未知数」だと憂慮した。

[パク・チェヨン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"車반도체 품귀는 기회"…삼성 `車이미지센서` 선점 나섰다

2030년 車센서시장 20조 넘어
스마트폰 경쟁력 앞세워 공략
총수 경영공백이 성공 변수


삼성전자가 이재용 부회장의 경영공백을 딛고 차세대 먹거리인 차량용 이미지센서 시장 공략에 박차를 가할 계획이다. 자율주행 차량의 본격적인 보급과 함께 성장할 것으로 기대되는 차량용 이미지센서는 2030년 20조원 이상의 시장을 형성할 것으로 전망된다. 19일 전자업계 등에 따르면 삼성전자는 이미지센서 사업 강화를 위해 경기 화성 공장의 D램 11라인을 CMOS이미지센서(CIS) 라인으로 전환하는 작업을 진행 중이다. 점진적인 라인 전환 작업에 따라 이미 일부는 이미지센서 생산이 이뤄지고 있는 것으로 알려졌다. 이 같은 라인 전환 작업은 이미지센서 시장 규모가 지속적으..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース