MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 05日 ソウル 7.5℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
未来技術で武装した韓国防衛産業...「ADEX 2021」で展示
記事入力 2021-10-22 17:14 | 記事修正 2021-10-26 16:26:42

京畿道城南市のソウル空港で開かれた「2021ソウル国際航空宇宙・防衛産業展示会(ADEX 2021)」で、国内防衛産業企業の尖端技術が展示されている。韓国航空宇宙産業(KAI)のVR教育訓練シミュレータ。[ハン・ウラム記者/ドアグァンミン記者]

去る21日「2021ソウル国際航空宇宙・防衛産業展示会(ADEX 2021)」が開催された京畿道城南市のソウル空港一帯に轟音が響いた。空軍特殊飛行チームのブラックイーグルスが、大空でくらっとするような航空ショーを繰り広げる音だ。現場を訪れた観覧客は超音速訓練機が通り過ぎる音を追って、航空ショーのシーンをスマートフォンに収めるのに忙しかった。 ADEX 2021は一般公開行事日の23日を最後に、5日間の展示を終了する。

今回の展示会では航空機、バーチャルリアリティ(VR)、ロボット、無人偵察機などはもちろん、宇宙産業にまで伸びていく韓国防衛産業企業が大集合した。展示場Bホールに入るとすぐに目を引く韓国型戦闘機KF-21が代表例だ。KF-21は韓国航空宇宙産業(KAI)が数多くの試行錯誤を経て開発した成果物だ。 KAIは1995年からKF-16をライセンス生産しつつ蓄積した技術を土台にこの日、華やかな航空ショーを披露したブラックイーグルスが搭乗した機体である高等訓練機T-50を開発した。

T-50にレーダーと武装を搭載した軽攻撃機FA-50の開発にも成功し、東南アジアへの輸出もすでに開始した。 FA-50は去る20日にADEX現場を訪れた文在寅(ムン・ヂェイン)大統領が直接搭乗して話題を集めることもした。

KAIは自社投資で開発されているVR操縦訓練装置も目を引いた。 VRゴーグルを着用してコックピットに座ると、ソウル一帯が一望に見えた。コックピットの左側に設置された操縦桿を前にぐいっとスライドさせる急降下し、右側の操縦桿を右にスライドさせると航空機が右旋回した。ブースに設置された3機の航空機シミュレーターが連動し、体験者同士で編隊飛行と交戦までを体験することができた。

最新型戦闘機KF-21モデル。[ハン・ウラム記者/ムン・グァンミン記者]

韓国の防衛産業企業は発射体をこえて、民間主導の「新しい宇宙(ニュースペース)」の時代を準備している。ハンファシステム(Hanwha System)は低軌道通信衛星を通じて、「宇宙インターネット」を構築するために拍車をかけている。高高度で少数の衛星で提供していたインターネットサービスを、低廉かつ軽量の多数の低軌道通信衛星に置き換える未来を描いている。

ハンファシステムは小型SAR衛星も展示した。合成開口レーダー方式のカメラを活用する超小型SAR衛星は、雲がいっぱいの日にも宇宙から地上を見通すように観測することができる。ハンファシステムは都心航空モビリティ(UAM)機体の安全な運航を支援するUAM交通管制システムも実現した。

LIGネクスワン(LIG Nex1)は防衛産業でのノウハウを活用して、宇宙とドローン産業に事業領域を拡大している。水素燃料電池ドローンが先頭にある。国内で開発されている国内輸送ドローンの中で最も大きなこのドローンは、2030年ごろに開幕する新交通生態系を主導するだろうと期待される。

LIGネクスワンは韓国型衛星航法システム(KPS)も披露した。 KPSは来年から14年間に総3兆7234億ウォンを投入して8基の衛星を浮かべる事業で、UAMと自律走行などの第4次産業革命の核心的インフラの役割を果たすことになるだろう。 KPSが開発されれば、韓国はこれまで米国の衛星航法システムに依存してきたことから抜け出して、GPSの自立化を成すことになるという意味を持つ。

ハンファシステムが開発している都心の航空モビリティ(UAM)交通管制システム。[ハン・ウラム記者/ムン・グァンミン記者]

現代ロテム(Hyundai Rotem)は多関節ロボット「ドス(DOSS/Daring Operations in Service and Search)」を展示した。ドスは平地では自動車のように車輪を回転させて進むが、障害物にぶつかると車輪にブレーキをかけて4足歩行をする。現代自動車グループの知能型ロボット技術と人工知能(AI)技術が集約されたこの製品は、モビリティのビジョンを示している。

ヒュニードテクノロジーズ(Huneed Technologies)は「ライファイ(LiFi/Light Fidelity)」技術を公開した。ヒュニードが仏Latecoere(ラテコエール)社と共同開発中のライファイは電波を利用する既存のWi-Fiとは異なり、LED(発光ダイオード)の光を利用して大容量のデータを高速転送することができる。また光を通したデータ転送のために盗聴が不可能であり、セキュリティが重視される国防分野での利用率も大きい見通しだ。

[ハン・ウラム記者/ムン・グァンミン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

우주 인터넷·수소 드론·LED 통신…미래기술 무장한 K방산

방산전시회 `서울 ADEX 2021` 가보니

KAI·현대로템·LIG 등 참가
4족보행 로봇 등 관람객 눈길
VR 조종훈련 등 체험도 가능

23일 하루 일반에 전시 공개


"휘이이잉! 슝!"지난 21일 `2021 서울 국제 항공우주·방위산업 전시회(ADEX 2021)`가 열린 경기도 성남시 서울공항 일대에는 굉음이 울렸다. 공군 특수비행팀 블랙이글스가 하늘에서 아찔한 에어쇼를 펼치며 내는 소리다. 현장을 찾은 관람객들은 초음속 훈련기가 남기고 지나간 소리를 쫓으며 에어쇼 장면을 스마트폰에 담느라 분주했다. ADEX 2021은 일반인 공개 행사일인 23일을 마지막으로 5일간의 전시를 마무리한다.이번 전시회에는 항공기, 가상현실(VR), 로봇, 드론 등은 물론 우주산업으로까지 뻗어나가는 한국 방산기업들이 총집합했다. 전시장 B홀에 들어서자마자 눈길을 끄..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース