MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 24日 ソウル 9.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「JSA帰順兵事件」...すぐ背後から発砲
記事入力 2017-11-22 17:56 | 記事修正 2017-11-23 16:13:52

軍曹2人が匍匐で救助...大隊長は10メートル後で援護:13日、板門店共同警備区域(JSA)を通じて帰順する際に、北韓軍が乱射した銃に撃たれて倒れた兵士を救出した当時のようすを収めた熱像監視装置のビデオ映像。赤の部分が倒れた北韓兵士で、緑の部分が北韓兵士を救出するために近づいていくJSA警備隊所属の軍人の姿だ。小さな写真は倒れている北韓軍兵士のすがた。 [写真提供=国連軍司令部]

◆ 帰順兵のCCTVを公開 ◆

去る13日、帰順する北韓軍の兵士を追撃していた北韓軍1人が軍事境界線(MDL)を一時超えたが、北韓側に戻ったことが確認された。国連軍司令部は、北韓軍の追撃組が南側に射撃しながらMDLを超えたのは停戦協定違反だという結論を下した。

国連司令部は22日、共同警備区域(JSA)北韓軍帰順事件の調査結果を発表し、「特別調査団は北韓軍がMDL越しに銃撃を加えたということと、北韓軍兵士が一瞬MDLを超えたことを確認した」とし、「2度にわたる国連停戦協定違反だという重要な結論を下した」と明らかにした。

国連司令部は「JSA内の国連司令部が板門店に位置した連絡チャネルを通じて今日、このような違反に対して北韓軍に通報した」と付け加えた。

国連司令部は北側に、この調査に対する議論と今回の事件のような停戦協定違反の防止のための、今後の対策樹立会議を要請したと伝えた。

国連司令部の関係者は「国連司令部の要員がJSA内のMDL近くで調査結果を朗読した」とし、「北韓軍はMDLに向かって近づいて、すべての状況を録画した」し、「調査結果の朗読は北韓軍に対し、今回の事件が停戦協定に違反したことを通知した手順だと見れば良い」と強調した。この日、国連司令部がJSAのCC(クローズドサーキット)TVと熱像監視装置(TOD)を編集して公開した6分57秒分量の映像には、帰順北韓兵士の自由に向けた必死のあがきがそのまま示された。

映像は13日午後3時11分、帰順者が乗ったジープ車が田畑を横切って、北韓区域の道路を走る場面から始まる。帰順者はコーナーでも速度を落とすことなく、午後3時13分頃に「72時間橋」に進入した。帰順者は橋への進入直前に、北韓軍の哨戒所近くで北韓軍兵士に発覚され、北韓軍が帰順者を最初に認知した時点がこの時だと推定される。以後、帰順者は当惑したように車両のヘッドライトを点けたまま、さらに速い速度で走って「金日成親筆碑」を過ぎてMDLに向かった。

車両は車輪が排水路に落ちて、北側の板門閣の森近くで停止した。このとき(午後3時14分)、板門閣にいた北韓軍4人が車を目撃して走ってくる。帰順兵士は排水路に陥った車両を放棄し、3時15分頃に下車して南側に向かって走り始め、わずか1秒ほどの差で現場に押しかけた北韓軍の追撃組4人は、帰順者の2メートル前後の距離で、右の背後から射撃を開始した。北韓追撃組の中でAK小銃を持った一人が腹臥位で狙い撃ちし、残りの3人は拳銃などで座ったり立って狙い撃ちした。当時、北韓軍はすべて40発ほどを撃ったことが分かっており、相当の数がこの時にMDLの南側に飛んできたものと推定された。

追撃組のうちのある北韓軍兵士は、帰順兵士を追撃しながらMDLの南側に降りてきて、以後あわてたような動きを見せて5秒ほど留まって北側に戻った。負傷した帰順兵士は北韓の追撃組を避けて壁に体を密着し、落ち葉で体を隠したまま横になっていた。

白黒のTOD映像は、午後3時55分頃にわが軍のJSA警備大隊長が援護する中で、副士官2人が這って近付いて引きずってくる場面が盛り込まれた。北韓軍に発覚した後、韓国軍が身柄を回収するまでにかかった時間は42分だった。

国連司令部は去る13日、帰順事件の後に特別調査団を構成して調査に着手しており、20日に調査を完了した。特別調査チームは米国・韓国・ニュージーランドの人員で構成された。

[アン・ドウォン記者/カン・ボンヂン記者]





[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

北 추격조 4명, 귀순병 바로 뒤서 등에 대고 탕 탕 탕!

귀순병, 근접 총탄 쏟아져도 극적 생존 `42분 기적의 드라마`
북한군 MDL 넘은 장면 포착…정전협정 위반 입증됐지만 北에 항의할 수단은 없어 대북확성기로만 사과 요청


◆ JSA 귀순 CCTV 공개 / 유엔사 공개 6분57초 영상 보니 ◆ 지난 13일 귀순하는 북한군 병사를 추격하던 북한군 1명이 군사분계선(MDL)을 한때 넘었다가 북측으로 돌아간 것이 확인됐다. 유엔군사령부는 북한군 추격조가 남쪽으로 사격하고 MDL을 넘은 것은 정전협정 위반이라고 결론을 내렸다.유엔사는 22일 공동경비구역(JSA) 북한군 귀순 사건 조사 결과를 발표하고 "특별조사단은 북한군이 MDL 너머로 총격을 가했다는 것과 북한군 병사가 잠시나마 MDL을 넘었다는 것을 확인했다"며 "두 차례의 유엔 정전협정 위반이라는 중요한 결론을 내렸다"고 밝혔다. 유엔사는 "JSA 내 유엔사 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語