MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 24日 ソウル 16.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「空腹でイライラ」競技中のツイート...クロエ・キム選手
記事入力 2018-02-13 17:26 | 記事修正 2018-02-14 16:26:05

◆ GO!平昌 ◆

「勉強がいちばん簡単だった」。おそらくすべての受験生が最も嫌いな勉強の天才たちの話でもありうる。ところが、勉強ほどにも激しいスポーツ競争の世界では、「最高難易度の技術」がいちばん簡単だと言えばどうだろう。

現在、女性スノーボードハーフパイプ最高難易度の技術は、空に飛び上がって3回転する「1080度回転」だ。「バックtoバック1080」は空中で3回転する高難易度の技術で、女子選手としてはクロエ・キム選手が最初に成功した。ところがクロエ・キム選手は1080回転もアップグレードした。

2016年2月にUSグランプリで、ハーフパイプの左と右の連続で1080度回転を行った。 「バックtoバック1080回転」だ。完璧に別の方向に回転しなければならないが、これに連続成功した。とうぜん女子選手としては初めて100点満点を記録した。

米メディアでも「非現実的な技術」と言うバックtoバック1080回転。ところがクロエ・キムはあまりにもかんたんにこの技術を駆使する。クロエ・キムは「1080度回転の技術がいちばんラク」と述べた後、「高く飛んでいっぱい回ればいい」と説明した。

実際には「簡単」という表現は、クロエ・キムが初めてこの技術を成功させた後にも語った言葉だ。クロエ・キムは「最初の1080ジャンプを成功した時、本当に興奮した。ところで、それは思ったよりもはるかに簡単で驚いた」と語っている。

クロエ・キムは13日、平昌フェニックススノー競技場で開かれた2018平昌冬季オリンピック女子ハーフパイプ決勝3回目で「バックtoバック1080回転」を前面に出して、なんと98.25点(100点満点)を記録して1位を獲得した。今回の大会をあわせて、90点以上を記録した選手はクロエ・キムが唯一だった。?佳宇選手(中国)が2回目89.75点で銀メダル、アリエレ・ゴールド選手(米国)が3回目85.75点で銅メダルをそれぞれ獲得した。クロエ・キム選手と刘佳宇選手のスコア差は8.5点にのぼる。

高難度技術を駆使するために、高くかつ長いジャンプをしなければならない。このためクロエ・キムは出発点が男子選手たちと同じようなスタート台のいちばん上だ。とうぜん膨大な速度で疾走し、ジャンプの高さは5メートルに達する。ほとんどの競争相手は3メートル前後だ。

クロエ・キムのコーチ陣は成長を予想できないほどだとうち明ける。すでに女子選手のレベルを超えたクロエ・キムの次の目標は、「ダブルフリップ&コーク1080」だ。コーチ陣は今後2年以内にクロエ・キムがこの技術を消化できると信じている。

もちろんスノーボードを履いた瞬間に圧倒的な「女帝」に変身するが、日常に戻ると平凡な10代の少女になる。そしてどんな緊張状況も避けず受け入れ楽しむだけだ。

大胆不敵な10代らしく、SNSを通じて何を考えているか、自分がどのような状況なのかを表現するのに慣れている。まずクロエ・キムは12日、スノーボード予選中にSNSに「アイスクリームが食べたい」と書き残して関心を集めた。圧迫感などは見られなかった。

そして金メダルがかかった運命の競技中にも、クロエ・キムのとんでもなさは再び出てきた。決戦2回目でミスした後、3回目を待ちながらクロエ・キムは「朝にサンドイッチをぜんぶ食べなかったのが悔やまれる…お腹がすいて腹が立つ」と書いた。彼女が書いた「hangry」は「hungry」のタイプミスではなく、「hungry + angry」を加えた造語で「お腹がすいてイライラ状態」を意味する。

そして完璧な演技で金メダルを首にかけた後、クロエ・キムは再び「空腹の少女」に戻った。 1位を獲得した後、クロエ・キムは記者会見で「今とてもお腹がすいた」とし、「いちばん食べたいのはハンバーガーとフレンチフライ、ハワイアンピザ」と笑った。

[平昌=チョ・ヒョソン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

클로이 김 "1080도 회전 가장 편해"…女선수 한계 넘었다

스노보드 하프파이프 金
5m 점프 후 3바퀴 회전 여자 선수 최초로 성공


◆ GO! 평창 ◆ 치열한 스포츠 경쟁의 세계에서 `최고난이도 기술`이 제일 쉽다고 말하면 어떨까. 현재 여자 스노보드 하프파이프 최고난이도 기술은 하늘을 날아올라 3회전을 하는 `1080도 회전`이다. 백투백 1080 기술은 공중에서 세 바퀴를 도는 고난이도 기술로 여자 선수로는 클로이 김이 최초로 성공했다. 그런데 클로이 김은 1080 회전도 업그레이드했다. 2016년 2월 US그랑프리에서 하프파이프의 왼쪽과 오른쪽에서 연속으로 1080도 회전을 했다. `백투백 1080 회전`이다. 완벽하게 다른 방향으로 회전해야 하는데 이를 연속 성공했다. 당연히 여자 선수로는 처음으로 100점 만점..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語