MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
6月 23日 ソウル 26.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
大規模な韓国財界代表団、来月にベトナム・中東歴訪
記事入力 2018-02-23 16:13 | 記事修正 2018-02-27 16:13:53

青瓦台は4大グループのト総帥と専門経営者を含めた大・中小企業の代表者で構成された大規模な経済使節団を構成し、来月下旬にベトナムとアラブ首長国連邦(UAE)そしてサウジアラビアの3カ国訪問を推進することが伝えられた。文在寅(ムン・ヂェイン)大統領が平昌冬季オリンピック以後の「ポスト平昌外交」に本格的に乗り出すことになり、財界でも積極的に力を添えるという次元だ。

23日の青瓦台と財界によると、青瓦台の関係者と大韓商工会議所の関係者らが22日に青瓦台で最初の実務会議を持ち、経済使節団を構成するための実務作業に着手した。ムン大統領は昨年5月の就任後、韓半島周辺4強国との外交復元に努力したし、今年は外交多様化とビジネス外交に速度を加える方針だ。

これにより今年の最初の訪問国は、3月下旬のベトナム、UAE、サウジアラビアが有力に検討される。青瓦台は3カ国すべてに大規模な経済使節団が同行するという方針を立てたと伝えられた。このようなことから、尹富根(ユン・ブグン)サムスン電子副会長、鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長、具本俊(ク・ボンヂュン)LGグループ副会長、崔泰源(チェ・テウォン)SK会長など4大グループの総帥・専門経営者だけでなく、主要グループの最高経営責任者、経済団体長、中小企業の代表など100人あまりが総出動するものと見られる。

ムン大統領の国賓訪問を要請したベトナムでは、韓国と自動車部品・防衛産業物資の輸出・中小企業と情報通信など、多方面の経済協力方案が議論されることがありうる。ムン大統領は昨年11月、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれたベトナムのダナンでチャン・ダイ・クアン国家主席と初の首脳会談を行い、「2020年までに貿易1000億ドル目標」に向かって戦略的パートナー関係をさらに発展させていくことで合意した。もしベトナム訪問が確定すると、ムン大統領は5ヶ月ぶりに再び訪れることになる。

ムン大統領はUAEで原発・放散・アーク部隊の縮小などの葛藤を完全に縫合し、未来志向的な関係改善に乗り出す構想だ。

ムン大統領は6月初めにムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンUAE皇太子から、「今年の(韓国電力が受注して建設した)バラカ原発1号機の竣工式に出席してほしい」という要請を受けた。また任鍾晳(イム・ヂョンソク)大統領秘書室長が昨年12月に大統領特使としてUAEを訪問し、1カ月後にはUAE皇太子の特使としてカルドゥン・カリファアル・ムバラクUAEアブダビ行政庁長が訪韓し、戦略的パートナー関係として発展することに合意した。

ムン大統領はUAEの兄弟国であるサウジアラビアも訪問し、韓国型原発の輸出可能性を打診するものと予想される。サウジアラビアは200億ドル規模の原発2基を建設するために、4月初めに新規原発の予備事業者を発表し、12月までに最終的な入札者を選定する。現在、韓国と米国、中国、ロシア、フランスなどの5カ国が激しい受注競争を繰り広げている。サウジアラビアは今後、原発10基、合計100兆ウォン規模の原発を追加発注する計画だと伝えられた。

またムン大統領は日本、ロシア、インド、スリランカ、ウズベキスタンなど、中央アジアなどを歴訪候補国としている。下半期には再び多国間外交の舞台に上がる。

ムン大統領は今年11月にはASEAN(東南アジア諸国連合)+3(韓・中・日)首脳会議が開かれるシンガポールを経て、APEC首脳会議が開催されるパプアニューギニアを訪問し、11月30日~12月1日にはG20(主要20カ国)首脳会議の議長国であるアルゼンチンも訪問するとみられる。

先立って昨年12月のムン大統領の中国訪問にも、主要大企業の総帥が含まれる大規模な経済使節団が同行した。当時、財界は歴代級の経済使節団を組んで大統領の歴訪外交に力を加えた。 △大企業35社、△中堅企業29社、△中小企業160社、△40の機関・団体など、総260前後の国内企業や団体がムン大統領とともに中国を訪問した。歴訪史上で最大規模だった。マンモス級の経済使節団に参加を希望する企業が大挙押し寄せた。参加申し込みが殺到し、経済使節団を選定する主管機関である大韓商工会議所側は「参加企業を公平に選定するための専門家で構成された審査委員会を開き、経済使節団を構成した」と明らかにした。以前はパク・クネ前大統領が2015年10月に米国を訪問した当時の166人が歴代最大規模の経済使節団だった。

これに先立ちムン・ジェイン政府発足後、初めて訪問した米国では52人の経済人団が同行した。朴容晩(パク・ヨンマン)大韓商工会議所会長をはじめ、権五鉉(クォン・オヒョン)サムスン電子副会長、チョン・ウィソン現代自動車副会長、チェ・テウォンSK会長、ク・ボンヂュンLG副会長、許昌秀(ホ・チャンス)GSグループ会長、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長、孫京植(ソン・ギョンシク)CJグループ会長などの財界の大物が米国を訪問した。経済使節団は「韓米ビジネスサミット」に参加し、米国経済界と会談した。ムン大統領の第二の訪問地であるインドネシアには87人が同行した。



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

대규모 재계 사절단 내달 베트남·중동行

총수 등 100여명 달할듯


청와대가 4대 그룹 총수·전문경영인을 포함한 대·중소기업 대표들로 구성된 대규모 경제사절단을 구성하고 다음달 평창동계패럴림픽 이후 베트남, 아랍에미리트(UAE) 등 방문을 추진하는 것으로 전해졌다. 문재인 대통령이 평창동계올림픽을 마치고 `포스트 평창 외교`에 본격 나서게 되면 재계에서도 적극 힘을 보태는 차원이다.23일 청와대와 재계에 따르면 청와대 관계자들과 대한상공회의소 관계자들이 지난 22일 청와대에서 첫 실무회의를 하고 경제사절단 구성을 위한 실무 작업에 착수했다. 문 대통령은 그동안 10여 개국에서 연내 방문 요청을 받았지만, 국내에 머물면서 남북 대..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語