MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
8月 18日 ソウル 29.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「新北方政策の同伴者」...トルコと原発・エネルギーで協力強化
記事入力 2018-05-02 17:50 | 記事修正 2018-05-03 16:17:50

ムン・ヂェイン大統領が2日、韓国を国賓訪問したルコのレジェップ・タイイップ・エルドアント大統領とともに青瓦台迎賓館で儀仗隊を査閲している。 [キム・ヂェフン記者]

文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は2日、青瓦台でトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と首脳会談を持ち、「2018南北首脳会談を通じて南北が韓半島にはもはや戦争がないことを闡明し、国際社会の支持と協力の下で平和と繁栄、共存の新しい道を開いていくことにした」と明らかにした。エルドアン大統領は韓半島と北東アジア、ひいては世界の平和・繁栄の新しい歴史を開いていこうという韓国の努力に対してトルコの確固たる支持を再確認した。

ムン大統領は1泊2日の国賓訪韓中のエルドアン大統領と、小規模な首脳会談と拡大首脳会談を行った直後、このような内容を盛り込んだ「韓トルコ共同発表文」を確定した。

両国首脳は、△韓半島情勢、△政務・防衛、△経済、△社会文化、△地域と国際協力などのさまざまな分野で両国関係の発展策を協議した。

両国首脳は「2018南北首脳会談」が、韓半島の完全な非核化と恒久的平和の定着、持続可能な南北関係の発展の重要な転機となったと高く評価した。

ムン大統領は南北首脳会談開催後の、最初の国賓訪問という意味を付与して歓迎の意を送った。ムン大統領は「エルドアン大統領は歴史的な南北首脳会談が開催された直後に、韓半島の平和の春を一緒に祝福するために訪韓した最初の国賓であり、よりいっそう特別な意味が感じられる」と述べた。特にムン大統領は「トルコは歴史的にも文化的にも私たちと非常に近く、長年の友人」だと説明した。また「トルコの祖先であるテュルク族は韓国の古代国家の高句麗と同盟関係であり、トルコは韓国戦争に参加して大韓民国の自由と民主主義を守るためにともに血を流した」とし、「このような格別の縁に、韓国国民はトルコを血を分けた兄弟の国だと思う」とした。また「歴史的・感情的な絆をもとに、戦略的パートナー関係を継続的に発展させてきたことを非常に喜んでいる」と強調した。

ムン大統領はトルコとインフラ、エネルギー、科学技術、防衛産業などのさまざまな分野で、実質的に協力が増大しているとした。ムン大統領は「トルコが国家樹立100周年を記念して建設している世界最長の吊り橋であるチャナッカレ1915大橋プロジェクトは、韓国企業とトルコ企業が一緒に参加して両国間の堅固な協力の象徴となっている」と述べた。チャナッカレ大橋プロジェクト事業の規模は総37億ドルに達している。 SK建設と大林産業がトルコの企業とコンソーシアムの形で参加した。

ムン大統領は「トルコといっそう緊密に協力して第4次産業革命に先行し、将来の成長動力を創出するためにも相互補完的なパートナーになることを期待している」と述べた。これとともに、「国際社会の責任ある中堅国として、ミクタ(MIKTA)とG20(主要20カ国)などを通じた協力を拡大し、新北方政策の推進と関連しても、第3国市場の共同進出などの協力を強化していくことを希望する」と付け加えた。ミクタは韓国・トルコ・インドネシア・オーストラリア・メキシコなど5ヶ国の中堅国の外交長官協議体で、2013年9月に発足した。ムン大統領はミクタを首脳間協議体に発展させるなど、両国の協力を改善する方策を講じることにした。

エルドアン大統領は「2018南北首脳会談」に対し、「この世界に存在している戦争の恐怖を完全になくしてくれる、とても重要な会談だった」と評価して祝った。続いて「和解の雰囲気が今後も永遠に続くことを祈っている」とし、「いまや北韓が大韓民国以外にもその周辺国と交渉して問題を解決していくならば、さらに成功的な結果を招くだろう」と展望した。

エルドアン大統領は両国の経済協力の拡大に相当な期待をかけた。エルドアン大統領は「韓・トルコの両国関係は近年ますます発展してきたし、貿易規模は75億ドル程度だがその規模は十分でないと考えている」とし、「この交易規模がさらに増進されることを望む」と語った。また「韓国とトルコ両国は人口の面で見る時、現在の貿易規模を上回る規模に拡大発展できると思う」と予想した。このことから、韓・トルコ自由貿易協定(FTA)の枠組みの中でのサービス投資協定を早急に発効させるなど、経済協力を強化することにした。

両国首脳は太陽光発電プロジェクトや原発建設などのエネルギー分野、アルタイ戦車の研究開発と量産事業などの防衛産業分野の協力も拡大する。文化の分野では、トルコ文化院がソウルに開設される予定だ。両国首脳が出席した中で、両国の長官らは高等教育と情報通信技術(ICT)、産業と医療などの4分野での協力了解覚書(MOU)をそれぞれ締結した。

エルドアン大統領はムン大統領に、都合の良い時期にトルコを訪問することを要請し、ムン大統領は快く受け入れた。

[カン・ゲマン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

文 "터키, 新북방정책 동반자돼달라"…원전·에너지 협력강화

한국·터키 정상회담


◆ 터키, 경제파트너로 ◆ 문재인 대통령이 2일 청와대에서 레제프 타이이프 에르도안 터키 대통령과 정상회담을 하고 "2018 남북정상회담을 통해 남북이 한반도에 더 이상 전쟁이 없을 것임을 천명하고, 국제사회의 지지와 협력하에 평화와 번영, 공존의 새 길을 열어나가기로 했다"고 밝혔다.에르도안 대통령은 한반도, 동북아시아, 나아가 전 세계 평화·번영의 새로운 역사를 열어가려는 한국의 노력에 대해 터키의 확고한 지지를 재확인했다.문 대통령은 1박2일 국빈방한 중인 에르도안 대통령과 소규모 정상회담과 확대 정상회담을 한 직후 이 같은 내용을 담은 `한·터키 공동언론..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語