MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
2019年「黄金亥年」を占うキーワード...「トレンドコリア2019」
記事入力 2018-10-24 17:58 | 記事修正 2018-10-26 16:17:07
「原子化・細分化する消費者は環境の変化に適応し、アイデンティティと自己コンセプトを求める旅」。ソウル大学消費者学科のキム・ナンド教授(55)は、2019年の「黄金亥年」をこのように展望した。キム教授は「トレンドコリア2019」(未来の窓社発行)を編集して、己亥年を貫通する10大キーワードで「全てに豚の夢を(PIGGY DREAM)」をあげた。

消費トレンドの中で最も重要な流れは、極度の一人世帯化による1人1マーケット、「細胞マーケット」の登場だ。ソーシャルネットワークサービス(SNS)や一人メディアで直接販売に飛び込んだセルシューマー(セル+コンシューマー)は、フォロワーや才能を土台に流通の細胞分裂を加速している。

また、急速に細胞分裂が進む市場で生き残るためには、「コンセプト力」を備えることが急務だ。カソンビ(価格対性能比)や品質よりも、珍しくて面白い「ケムソン(感性を意味する造語)」コンセプトが重要な時代になった。企業はマーケティングではなく、コンセプトティングに進化する必要があるわけだ。映画『ラ・ラ・ランド』が夢見る彼・彼女の都市であれば、「ナ・ナ・ランド」は究極の自己陶酔で武装した人々の土地だ。他人の視線を重要視せず、自尊心を重視する世代が登場している。これにより、アグリーシック(ugly chic)とゆったりした服など、自分の身体を肯定する主義が定着するだろうという展望だ。 「ワンコノミー(1+Economy)」から「ミーコノミー(Me+Economy)」への進化だと説明することができる。

ミレニアル世代が親になり、「ミレニアル家族」も登場した。家族は「絶対犠牲」の場所ではなく、「適正幸福」の場所だ。「私」があり「家族」があるという母親たちは、食事を作る代わりに食事を買い、残る時間は自己啓発に投資する。「ご飯をいつも買ってくれる綺麗なお母さん」の登場だ。ヘルパー経済が発展して簡便家庭食と新家電が人気を得ている。電気乾燥機、食器洗い機、ロボット掃除機が代表的なミレニアル家電だ。

ビッグロゴブランドとLP、カセットテープの人気などをめぐって、「ニュートロ(New-tro)」が始まっているという診断も出した。「レトロ」が壮年層の郷愁に寄りかかったならば、ニュートロは若い世代が感じる古いものの新鮮さで勝負する。過去の黄金期の代表商品を復刻した製品は伝統を強調しており、このことから企業のアーカイブ(保存活動)が重要になっている。

微細粉塵や猛暑の襲撃が日常化した時代には、「環境」では不十分だ。生き残るための「必環境時代」になった。環境汚染を最小限にするゼロ-ウェイスト(Zero Waste)が流行して、ヴィーガニズムなどの動物福祉に対する関心も増えると予想する。最近のパネルがある「額縁型」観察芸能が人気を得ている理由は、感情筋肉が弱くなった「カーリング世代」の登場による。親が子供の行く手をほうきで掃いてくれる「カーリング世代」は、子供の頃からデジタルのみで疎通して感情表現が下手だ。この世代が感性的フレーズのベストセラーとイモチコン(絵文字)などを消費し、感情を購入しているという診断だ。

人工知能(AI)からデータ知能(DI)に、意思決定のパラダイムが進化するという予測も出す。産業の意思決定が徹底してデータから成されることから、個人のすべての消費行動をデータとして追跡する産業が発達するという展望だ。

カメレオンのように状況に応じて自在に変身する空間「カメレゾーン」の登場も予想される。他の業種との相乗効果を創出するために、図書館・展示場・カフェなどのコラボレーションスペースをオープンする企業が増えている。体験空間に進化する旗艦店の人気、共有スペース、共有ハウジングの拡張もこの延長線上にあるとすることができる。

最後にマナー消費者の登場をあげた。週52時間労働や「ウォーラベル(Work and Life Balance/ワーク・ライフ・バランス)」の重視が職場文化の量的変化であるならば、感情労働の保護は質的な変化だ。「人の家の貴重な子供」世代の社会進出で、すべての職種の感情労働化が深化している。これにより、従業員(Worker)とゲスト(Customer)の間のバランスを図る「ウォーカーベル」の必要性が台頭するという診断だ。

[キム・スルギ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

세포마켓·必환경·카멜레존…2019 황금돼지해 이끌 키워드

1인미디어로 판매하는 `셀슈머`
직원과 손님의 균형 `워커밸`

부모가 된 `밀레니얼 세대`
밥 잘사주는 예쁜 엄마 등장…

"변화속 정체성 찾는 여정의 해"


◆ 김난도 교수의 트렌드 2019 PIGGY DREAM ◆ "원자화·세분화하는 소비자들이 환경 변화에 적응하며 정체성과 자기 콘셉트를 찾아가는 여정." 김난도 서울대 소비자학과 교수(55)는 2019년, 황금돼지해를 이렇게 전망했다. 김 교수는 `트렌드 코리아 2019`(미래의창 펴냄)를 펴내며 기해년(己亥年)을 관통하는 10대 키워드로 `모두에게 돼지꿈을(PIGGY DREAM)`을 꼽았다.소비 트렌드 중 가장 중요한 흐름은 극도의 1인 가구화로 인한 1인 1마켓, `세포마켓`의 등장이다. 소셜네트워크서비스(SNS), 1인 미디어로 직접 판매에 뛰어든 셀슈머(셀+컨슈머)들은 폴로어, 재능을 기반으로 유통..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語