MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
アンディ・キム氏...韓・米同盟の強化のために努力
記事入力 2018-11-09 17:36 | 記事修正 2018-11-13 16:32:09
「ドナルド・トランプ政権に入って駐韓米国大使の指名が遅れるなど、韓国は米国の優先順位で落ちているのではないかと言う信号が出ました。これは気になる問題です。韓国は米国の重要なパートナーであり、主要な同盟という点がさらに堅固でなるように、役割を果たします」。

11・6米中間選挙で下院に当選した「韓国人2世」のアンディ・キム候補(36、民主・写真)は8日(現地時間)、「韓半島問題が米国の外交政策の優先順位になるようにする」とこのように述べた。

キム当選者はこの日、ニュージャージー州バーリントンで毎日経済新聞をはじめとする韓国特派員らに会って、「北韓との平和は最優先であり、議会に入ると、その問題に努力する」と抱負を明らかにした。トランプ大統領就任以来、ハリー・ハリス大使が指名されるまで駐韓米国大使は16ヶ月以上空席状態で、「韓国冷遇」論難を呼び起こしたことがある。キム氏はこのような議論を落ち着かせて、アメリカの外交政策で韓国が優先順位から排除されないようにすることを、自身の最優先議題目標にするという計画だ。

前任のオバマ政権で活動した中東専門家としてあげられるキム氏は、国際関係の分野で専門性を生かし、下院軍事委員会で活動したいという意思も明らかにした。

キム氏は韓半島問題に対する関心を尋ねる質問に「当たり前だ(absolutely)」とし、「国家安全保障問題で多くの影響力を与えられる下院軍事委で活動していきたい」と語った。彼は続いて「アジア、韓国と関連した問題について大きく強い声を出す」と述べた。

北韓の核問題に対する解決策に関する質問には、「簡単な答えはありませんが、一つだけあげるなら今の会話を維持すること」だとし、「北韓の核問題を解決するためには、政治的に接近してはならない」と強調した。彼は特に「北韓の核問題は民主・共和の党派的次元をこえて、すべてのアメリカ人と韓国人、全世界のために解決するべき問題」だとし、「党派の違いをこえて、すべての米国人が直面している核の脅威という面から対応しなければならない」と主張した。

また、現在のトランプ政権の対北韓政策については、「トランプ大統領が北韓と対話して、韓国ともこの問題を議論しているのは非常に鼓舞的だ」と評価した。

キム氏はニュージャージー州で学生時代を過ごし、シカゴ大学を卒業した。ローズ奨学生として選抜されて、英オックスフォード大学で国際関係学の博士号を受けた。オックスフォード大の在学時代に世界の指導者たちをインタビューする学校出版作業と関連し、金大中前大統領に会った経験に言及して、「世界の平和に影響を及ぼしたリーダーをインタビューすることだったが、私としては良い機会だった」と語った。

今回の選挙で米州の韓国人社会がキム氏におおきな関心を見せたことについては、「非常にありがたい」とし「移民の息子、韓国系移民の息子が連邦議会選挙に飛び込んで勝利した、それじたいが米国を偉大にすること」だと述べた。彼は続いてまた「ニュージャージーをはじめ、全米の韓国系アメリカ人の関心は、教育と良質の雇用、北韓に対する核対応と韓半島の平和問題」だとし、「これに対して責任を持って対応する」と強調した。

ニュージャージー州の下院第3選挙区に出馬したキム氏は、開票が完了した中で、得票率49.9%で共和党現役のトム・マッカーサー候補(48.8%)を1.1%ポイント差で御した。

韓国系下院議員の誕生はキム・チャンジュン前議員(共和)以後の20年ぶりだ。特にキム氏は民主党所属では米州韓人歴史上で初の連邦下院議員というタイトルを獲得した。

カリフォルニア州第39選挙区ではヤング・キム候補(56、韓国名キム・ヨンオク、共和)の当選が確実視されていることを考慮すると、米国東部と西部で共和党と民主党所属の韓国系下院が同時に排出されたわけだ。

一方、キム氏はオバマ大統領が支持を表明して注目された人物だ。 2013~2015年に米国国防総省とホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)でイラク担当補佐官を務めた。

[バーリントン=チャン・ヨンスン特派員]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

韓·美동맹 강화 위해 강한 목소리 낼 것

한인 사상 첫 美 민주당 하원의원 당선 앤디 김

美 외교정책 우선순위에
한반도 이슈 지속되게 힘쓸것

북핵, 지금처럼 대화 유지를
정쟁 아닌 초당적 협력 필요


"도널드 트럼프 행정부 들어 주한 미국대사 지명이 지연되는 등 한국 이슈가 미국 우선순위에서 밀리는 것 아니냐는 신호가 나왔습니다. 이는 걱정되는 사안입니다. 한국이 미국의 핵심 파트너이자 핵심 동맹이라는 점이 공고해질 수 있도록 앞으로 역할을 하겠습니다."11·6 미국 중간선거에서 연방하원의원에 당선된 `한인 2세` 앤디 김 후보(36·민주·사진)는 8일(현지시간) "한반도 이슈가 미국 외교정책의 우선순위가 되도록 하겠다"며 이같이 말했다. 김 당선인은 이날 뉴저지주 벌링턴에서 매일경제를 비롯한 한국 특파원들을 만나 "북한과 평화는 최우선순위이고, 의회에 들어가..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語