MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
中国ミュージカルの発展ひきいる「韓国留学派」
記事入力 2018-11-16 17:28 | 記事修正 2018-11-20 16:34:09
ミュージカルプロデューサーのワン・ハイシャオHXコミュニケーション代表(34)は、中国ミュージカルの生き証人だ。 2011年に韓国創作ミュージカル『恋したら踊れ』を中国に紹介し、北京・上海・深センなどの大都市40カ所でステージに上げた。結果は大成功だった。その後、HXコミュニケーションは2014年に上海で開かれた「韓国の人気公演フェスティバル」に参加し、韓国ミュージカル2編を中国語バージョンで制作した。

最近、ミュージカル『ランボー』の制作懇談会に参加するためにソウルを訪問したワン・ハイシャ氏に会った。 『ランボー』は韓国と中国が制作段階から参与した、初の韓・中合作ミュージカルだ。日本の制作者もまた参与して、期待を集めている。

ワン代表は「最初から公演を勉強しようと韓国に来たわけではなかった」と話を切り出した。もともと作曲・編曲を勉強しようと韓国に留学したが、落伍してアートマネジメントに鞍替えした。ワン代表は「他の国で勉強しようとしたが、ちょうど韓国ドラマが人気が高くて留学をすることにした」と明らかにした。

すでに2006年にHXコミュニケーションを創業していたワン代表は、2011年に卒業した後は韓国ミュージカルを紹介することに集中している。ワン代表は「韓国のミュージカル市場はアジア諸国の中で最も進んでいる」とし、「創作人材が不足している中国の立場からは、韓国が積んだ制作のノウハウは貴重な経験だ」と強調した。

特にワン代表は韓国公演市場の利点として、制作の効率性をあげた。ワン代表は「韓国は構造的に非常に効率的によく動く」とし、「理論よりも実践的なノウハウを学んでいる」と語る。したがって、中国の大型制作会社は韓国に留学した中国人学生を必ず一人は採用する。ワン代表は「韓国は製作分野では中国市場に影響力を及ぼしている」とし、「米国、ヨーロッパ、日本で勉強した中国人俳優は多いが、制作陣はほとんど韓国留学派」だと説明した。

ただしワン代表は、まだ中国ミュージカル市場は成熟した段階に進入していないと強調した。彼は「韓国ミュージカル市場は2001年に『オペラ座の怪人』が成功し、投資家に金を稼ぐことができるという確信を与えた」とし、「中国はまだミュージカルで多くの金を稼ぐことができるという認識はなく、投資を誘致するのは難しい」とした。

しかしながらワン代表は、中国文化芸術の市場の発展速度を勘案すると、2~3年以内には軌道に乗るものと予想した。彼は「数年前、中国は韓国の芸能番組を多く輸入したが、最近では中国が自主制作している」とし、「今は中国で作る芸能プログラムも十分おもしろい」と言う。

それでもワン代表は、韓国の制作会社が中国に進出する際には閉鎖性を考慮しなければならないと助言した。最近の「限韓令」のために中国への進出が困難なのことも、同様の理由からだ。ワン代表は、中国の現地制作会社とのコラボレーションモデルを韓国は積極的に考慮すべきだと強調した。彼は「中国はご存知のように、自国へのこだわりがある」とし、「私が感じたことは、韓国と中国は他の国よりもよく合う方だということだ」と言う。しかしながら、文化の違いから疎通の問題が発生することがあるが、これは韓国に滞在した経験の長い中国人留学生を活用すれば良いと説明した。

1984年に生まれたワン代表は、中国江蘇省南京市の出身だ。 2006年にホハイ大学を卒業して韓国に留学し、2011年に中央大学でアートマネジメントの修士号を取得。 HXコミュニケーションは22歳だった2006年に創業した。中国の声調がほとんど感じられないほど韓国語を流暢に駆使する。

[キム・ギュシク記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"中 뮤지컬 발전 이끄는건 韓유학파들"

`랭보` 제작간담회 방한 왕하이샤오 HX커뮤니케이션 대표

韓뮤지컬 아시아서 가장 앞서
함께 작업하며 노하우 쌓을 것

中 진출 노리는 韓 제작사들
현지 협업으로 한한령 극복을


뮤지컬 프로듀서 왕하이샤오 HX커뮤니케이션 대표(34)는 중국 뮤지컬의 산증인이다. 2011년 한국 창작 뮤지컬 `사랑하면 춤을 춰라`를 중국에 소개했는데 베이징, 상하이, 선전 등 대도시 40여 곳 무대에 올렸다. 결과는 대성공이었다. 그 뒤로 HX커뮤니케이션은 2014년 상하이에서 열린 `한국 인기 공연 페스티벌`에 참여했고 한국 뮤지컬 두 편을 중국어 버전으로 제작했다. 뮤지컬 `랭보` 제작간담회에 참여하기 위해 서울을 방문한 그를 최근 만났다. `랭보`는 한국과 중국이 제작 단계부터 참여한 한중 합작 뮤지컬이다. 일본 제작사 또한 참여해 기대를 모으고 있다. 그는 "처음부..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語