MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.5℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ペット高齢化社会...夜も眠れない家族
記事入力 2018-11-16 17:34 | 記事修正 2018-11-20 16:34:01
ソウル市陽川区に住む李さん(仮名、55才)は最近一ヶ月のあいだ、一日の平均睡眠時間は4時間未満にしかならない。毎晩泣く伴侶犬「タミ」のせいだ。 16年間育ててきたタミは高齢で目が見えず、後ろ足を使えない。身動きが難しくなって大小便も場所を選ばず、おしめをつけて一日中座っているタミは、家族がすべて眠った夜明けに李さんをさがして泣く。

おしめをつけ替えて抱きかかえても、タミはなかなか鳴き止まない。動物病院にも連れて行ってみたが、獣医は「犬の年齢がかなりのもので、今では特にしてやれることは何もない」と言い、「自身の健康からまず考えて」とむしろ李さんを心配した。

ペット飼育人口1000万人時代が到来し、高齢ペットの世話をする社会的費用が徐々に大きくなっている。犬ブームが流行した2004年以来、家庭内のペットが高齢化して新たな風俗図が広がることになる。

人と同じようにペットも加齢にともなって病気に弱くなり、はるかに多くの手間を必要とする。このため、老いたペットを世話する経験のある人は、一様に「想像以上に難しくて大変だ」と口をそろえる。 2年前に19年間育てた犬を見送った朴さん(仮名、30才)は、「犬が晩年にかなり具合が悪くなって、家族が当番を決めて夕方早く家に戻ってきて介護した」と回想した。朴さんは「夜明けに急に悪くなり、24時間動物病院を訪れたことも何回か」あったとし、「老いた犬を育てる家族はいつでも出動する、5分待機組と同じ」だとした。

ワールドペット動物病院のユン・ホンジュン院長は、「ペットは年齢とともに心臓病や腎不全などの疾患にかかることもあり、糖尿病になることもある」とし、「生涯薬を服用しているケースが多いために、早期に発見して管理するのがいい」と助言した。

高齢ペットの手術費と治療費の負担も、飼い主たちの困難を大きくする要素だ。飼っていたペットを2匹、すべて見送ったた経験のある崔さん(仮名、28才)は、「一匹は腹部に腫瘍ができて、もう一匹は心臓病になった」とし、「心臓病だった犬は生涯薬を飲んだが、月の薬代だけで20万ウォンずつかかり、費用負担は相当になった」と述べた。

このような負担に耐えられず、老いたペットを捨てる飼い主も続出している。

イサク愛犬訓練所のイ・ウンジョン代表は、「高齢ペットは病気にかかると治療がうまくいかず、コスト負担も相当なものだ」とし、「伴侶犬が年をとるにつれて遺棄される確率も高くなるだろう」と説明した。

このような傾向を読み取って、「ペット保険」を商品として出す保険会社も増えた。メリッツ火災、DB損害保険、KB損害保険などの大型保険会社は今年、ペットのための新しい保険商品を次々と売り出した。しかし保険料は少なくない。保険会社のサイトで6歳のオス犬の月の保険料を計算した結果、6万7510ウォンと出た。大部分の人間の保険料よりも高価だ。

高齢化社会である日本は、老犬のサービス施設も韓国よりも先を行っている。年をとったペットを見守る「老犬ホーム」や「老猫ホーム」施設が全国的に増加して、社団法人協会まで設立されている。

長年一緒に暮らしてきたペットを見送ることは、その衝撃は親が子を失ったときと同様の水準で現れることもある。いわゆる「ペットロス症候群」がひどいと、精神科の治療を受ける場合もある。

イ・ヒョンジュ動物福祉問題研究所代表は、「長く一緒に暮らしてきた動物を見送る悲しみは自然な感情」だとし、「その後に感じる喪失感の大きさは計り知れないので、地域社会でトラウマを世話すためのプログラムなどを設けることも犬高齢化時代に検討するべきこと」だと語った。

専門家らは、老化し病気にかかって痛みが激しい伴侶犬の痛みを和らげるために、安楽死をさせることも方法だと助言する。ペットが苦しむ姿を見守る飼い主と、これに耐えなければならない伴侶犬の両方ともが苦しむことになりうるからだ。

伴侶犬の行動専門家であるカン・ヒョンウク氏は、「米国と日本はペットを安楽死させる割合が韓国よりも2~4倍高い」とし、「韓国ではまだ容易に受け入れられないが、米国では安楽死を社会的に非難しない文化があり、比率も高いものと見られる」と説明した。

[キム・ユシン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

老犬 모시는 사회…`5분 대기조` 된 가족들

애견인구 1000만시대의 그늘

고령 반려견 온갖 질병 취약
새벽에도 동물병원 응급실行

수술비·치료비 부담 크고
사망하면 상실감에 우울증
병들어 버려질 확률도 급증

日선 `노견홈` 서비스 성황


서울 양천구에 사는 이 모씨(55)는 최근 한 달간 하루 평균 수면시간이 4시간도 채 안 된다. 밤마다 우는 반려견 `다미` 때문이다. 16년간 키워 온 시추인 다미는 고령으로 앞을 못 보고 뒷다리를 쓰지 못한다. 거동이 어려워지면서 대소변도 가리지 못해 패드를 착용하고 하루 종일 앉아 있는 다미는 가족이 모두 잠든 새벽 이씨를 찾아 운다. 패드를 갈아주고 안아서 달래도 보지만 다미는 좀처럼 울음을 그치지 않는다. 동물병원에도 데려가 봤지만 수의사는 "강아지가 나이가 많이 들어 지금은 특별히 해줄 수 있는 게 없다"며 "어머니 건강부터 챙기시라"고 오히려 이씨를 걱정했다..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語