MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
6月 26日 ソウル 26.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「極端な選択」減ったが、まだOECDで自殺率2位
記事入力 2019-06-11 14:33 | 記事修正 2019-06-13 16:20:02
国内の自殺率は年々減少しているが、それでも経済協力開発機構(OECD)国家のうちで自殺率2位という不名誉から抜け出せずにいることが分かった。

11日、保健福祉部と中央自殺予防センターが公開した「2019自殺予防白書」によると、2017年に国内で自ら命を絶った人は総1万2463人で、2016年よりも629人(4.8%)減少した。人口10万人当たりの自殺死亡者数である自殺率は、2017年の24.3人から2016年は25.6人へ5.1%減少した。特に自殺者数と自殺率が最も高かった2011年に比べ、2017年は自殺者数が3443人減少したことが分かった。

ただしOECD加盟国のあいだの自殺率を比較すると、国内の自殺率(2016年時点で25.8人)はリトアニア(26.7人)に続いてまだ2番目に高い。 OECD内の自殺率ランキングで韓国は2011年まで1位だったが、2012年からリトアニアに続いて2番目に高い自殺率を続けている。

特に65歳以上の高齢者の自殺率は韓国が58.6人で、OECDの平均(18.8人)よりも圧倒的に高い1位だ。男性の自殺率は34.9人で女性(13.8人)よりも2.5倍以上高かったが、救急室に来院した自殺未遂者数は女性(1万5482人)が男性(1万2843人)よりも多かった。主な自殺の動機は、10~30歳では精神的困難、31~50歳では経済的困難が多く、61歳以上では物理的困難を選んだ事例が多かった。

[ソ・ジヌ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`극단선택` 줄었지만 여전히 OECD 2위

2017년 자살률 5.1% 감소


국내 자살률이 해마다 감소하고 있지만 여전히 경제협력개발기구(OECD) 국가 중 자살률 2위라는 불명예에서 벗어나지 못하고 있는 것으로 나타났다. 11일 보건복지부와 중앙자살예방센터가 공개한 `2019 자살예방백서`에 따르면 2017년 국내에서 스스로 목숨을 끊은 사람은 총 1만2463명으로 2016년보다 629명(4.8%) 감소했다. 인구 10만명당 자살사망자 수인 자살률은 2017년 24.3명으로 2016년 25.6명보다 5.1% 줄었다. 특히 자살자 수와 자살률이 가장 높았던 2011년에 비해 2017년에는 자살자 수가 3443명 감소한 것으로 나타났다.다만 OECD 회원국 간 자살률을 비교하면 국내 자살률..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語