MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 15日 ソウル 10.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「一千万ソウル」32年ぶりにくずれる...昨年の人口991万人
記事入力 2021-03-03 17:36 | 記事修正 2021-03-05 15:29:35
1988年に初めて1000万人を超えたソウル市の人口は、32年後の昨年「一千万ソウル」のタイトルを失った。

3日、ソウル市は管内の内国人の住民登録人口(行政安全部の統計)と外国人登録人口(法務部の統計)を加えた総人口は、昨年末の時点で991万1088人(韓国人966万8465人、外国人24万2623人)になったと発表した。 1988年に1029万人を記録した後に維持されたソウル市の人口は、32年ぶりに1000万人未満に減少したわけだ。

昨年のソウル市の人口減少の細部を見ると、内国人の人口が0.62%(6万642人)減少したことに比べ、外国人の人口は13.93%(3万9253人)減少した。内国人の人口はすでに2016年に993万人を記録するなど、1000万人未満だったなかで、昨年のコロナ19の影響で外国人の人口まで大きく減少したことが「一千万ソウル」の崩壊に影響を与えたとみられる。

一方で昨年の年齢別人口は、25~29歳が85万8648人で最も多く、45~49歳(81万9052人)、50~54歳(80万7718人)の順だった。年齢別人口増減率をみると、0~4歳の人口が10.26%減少した一方で、85~89歳の人口は11.42%増加し、急激な少子高齢化現象を示した。

特に内国人の人口を10年前と比較すると、64歳以下の人口は120万人減ったことに比べ、65歳以上の人口は56万人増えて高齢化の傾向が顕著であることが分析された。昨年末の時点で高齢化率(総人口中の65歳以上の人口比)は15.8%で、昨年よりも1.0%ポイント上昇した。

ソウル市の人口を自治区ごとに見てみると、松坡区(67万3926人)が最も多く、中区(13万4635人)が最も少なかった。前年より人口が増加したのは江東区(2万3608人増)と永登浦(6381人増)だけであり、残りの23区では人口が減少した。

[チェ・ヒョンジェ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

32년만에 `천만 서울` 깨졌다…작년 991만명

외국인 인구 14%나 감소
저출산·고령화도 뚜렷


1988년에 처음으로 1000만명을 넘어선 서울시 인구가 32년 만인 지난해 `천만 서울` 타이틀을 잃게 됐다.3일 서울시는 관내 내국인 주민등록인구(행정안전부 통계)와 외국인 등록인구(법무부 통계)를 더한 총인구가 지난해 말 기준 991만1088명(내국인 966만8465명, 외국인 24만2623명)으로 나타났다고 밝혔다. 1988년 1029만명을 기록한 이후 유지됐던 서울시 인구가 32년 만에 1000만명 미만으로 줄어든 것이다.지난해 서울시 인구 감소의 면면을 보면 내국인 인구가 0.62%(6만642명) 감소한 데 비해 외국인 인구는 13.93%(3만9253명)나 감소했다. 내국인 인구가 이미 2016년 993만명을..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース