MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 21日 ソウル 17.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
アン・ビョンフンの長打... PGA初勝利に挑戦
記事入力 2017-02-03 15:46 | 記事修正 2017-02-06 16:19:16

世界で最も騒々しくてにぎやかなゴルフ大会にあげられる「ゴルフ解放区」、米プロゴルフ(PGA)ツアー「フェニックス・オープン」初日、「コリアン・ブラザーズ」が先頭圏に名前を上げてさわやかなスタートを期した。

先鋒は安秉勲(アン・ビョンフン、26)だ。アン・ビョンフンは3日(韓国時間)、米アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデール(パー71)ゴルフ場で開かれた大会の1ラウンドで、1イーグル・3バーディーをたばねて5アンダー66打を記録した。 7打を減らし、単独首位に立ったマット・クーチャー(米国)に2打差の共同4位に上がったアン・ビョンフンはこの日、アイアンショットが軽く揺れたが快調のパット感覚で打数を減らした。

アン・ビョンフンはこの日、平均309ヤードに至る長打を放ち、フェアウェイ的中率64.29%を記録した。グリーン的中率も77.78%に過ぎなかったが、快調のパッティング感覚でボギーのない一日を過ごすことができた。

この日の10番ホールから出発したアン・ビョンフンは、13番・14番ホールで連続バーディーに成功した後、17番ホール(パー4)でティーショットがフェアウェイをはずしたものの、精巧なアイアンショットでホールにきっちりとくっつけて、軽くまた再び1打を減らした。後半ホールの3番ホール(パー5)では、アン・ビョンフンの長打が光った。このホールでティーショットを320ヤードほど飛ばしたアン・ビョンフンは、2番目のショットでグリーンを直接攻略してホール3.5mのイーグルチャンスを作った後、一気に2打を減らすことに成功した。

気持ちの良いスタートをしたアン・ビョンフンは、今シーズンは不振をはらってPGA初優勝まで狙うことができるようになった。先月22日、欧州プロゴルフツアーのアブダビHSBC選手権共同13位で2017年を開始したアン・ビョンフンは、先週行われたPGAツアー「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」では、共同49位で不振だった。

アン・ビョンフンに1打差の、共同9位の位置にはカン・ソンフン(30)が名を連ねた。この日、日没のために17番ホールまでしかゲームできなかったカン・ソンフンは、15~17番ホールで3連続バーディーに成功するなど18番ホールを行えない状態で、4アンダーでリッキー・ファウラーとブルックス・ケプカ(以上米国)と共同9位グループを形成した。

この大会で注目を集めた王者松山秀樹(日本)は最近の不振を放ち、「大会2連覇」の可能性を高めた。松山はこの日、ボギーなしでバーディだけ6つをつかみ出すすっきりとしたプレイで、ブレンダン・スティール(米国)とともに6アンダー65打を記録し、共同2位で出発した。非の打ちどころのないプレーだった。

松山はこの日、平均300ヤードのドライバーショットを飛ばし、フェアウェイ的中率71.43%を記録した。アイアンショットはよりシャープだった。グリーン的中率はなんと94.44%。またストロークゲインド・パット指数が1.042になるほど、パッティングもこの日は良いスコアに一役買った。

盧承烈(ノ・スンヨル、26)は1オーバー70打でファーマーズインシュアランスオープン優勝者のジョン・ラーム(スペイン)やジョーダン・スピース(米国)らと同等の成績を出したが、「長兄」崔京周(チェ・ギョンヂュ、47・SKテレコム)とキム・シウ(22・CJ大韓通運)はそれぞれ1オーバー72打と4オーバー75打で不振な姿を見せた。

[チョ・ヒョソン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[PGA 피닉스오픈 1R] 안병훈의 장타…PGA 첫승 도전

5언더 공동 4위, `디펜딩 챔프` 마쓰야마 6언더


세계에서 가장 시끄럽고 떠들썩한 골프 대회로 손꼽히는 `골프 해방구` 미국프로골프(PGA) 투어 피닉스오픈 첫날 `코리안 브러더스`가 선두권에 이름을 올리며 상쾌한 출발을 했다. 선봉은 안병훈(26)이다. 안병훈은 3일(한국시간) 미국 애리조나주 스코츠데일의 TPC스코츠데일(파71) 골프장에서 열린 대회 1라운드에서 이글 1개와 버디 3개를 묶어 5언더파 66타를 적어냈다. 7타를 줄이며 단독 선두에 나선 맷 쿠처(미국)에게 2타 뒤진 공동 4위에 오른 안병훈은 이날 아이언샷이 살짝 흔들렸지만 쾌조의 퍼팅 감각으로 타수를 줄였다. 안병훈은 이날 평균 309야드에 이르는 장타를 터뜨리..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース