MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 23日 ソウル 19.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「旧作は名作?」名作映画の再公開ラッシュ
記事入力 2017-03-22 17:09 | 記事修正 2017-03-23 15:56:16

ミリオンダラー・ベイビー』(左)『ラパルマン』(右)


「たいていの新作10編よりも再公開の名作1編が良い」という言葉は、最近の映画市場を圧縮してみせる表現だ。アカデミー賞ノミネートもほぼすべて封切られ、メガトン級大作映画も珍しい。韓国映画をじっくりながめても、工場で作り出したようにどれも似たようなジャンル映画一色だ。しばらく劇場はやめて、ぶらりと外出するべきか。まだ諦めるのははやい。粉塵濃度がひどくなるこの時、映画ファンの関心をひきつける昔の名作が続々と再上映される。

まず8日に再公開されたクリント・イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』(2004年)。西部劇の男として一時代を風靡した俳優であり、監督としても巨匠の隊列に登ったイーストウッドの25番めの長編映画だ。

イーストウッドに第二のアカデミー最優秀作品賞と監督賞を抱かせた映画で、娘にきらわれて寂しく暮らしていたボクシング・トレーナーのフランキー(イーストウッド)と、自分を尋ねて来ていつの間にか娘のように思うようになった女性選手マギー(ヒラリー・スウェンク)の話を描く。

何よりも心を打つ場面は、フランキーが病室に横たわっているマギーを天国に送って病室の外に出る時だ。そして横になっているマギーにかける最後のひと言、「モ・クシュラは大切な私の血肉という意味だそうだ」。映画は単にボクシングと安楽死だけを扱ってはいない。それを素材として人と人との関係、生と死の岐路に置かれた存在をどのように見るべきかという深い省察までをひとつかみに投げかける。

この日(8日)に再上映されたリドリー・スコットのフェミニズムロードムービー『テルマ&ルイーズ』(1991)も注目に値する。プレーボーイの夫にいじけて暮らす主婦テルマ(ジーナ・デイビス)と過去に強姦被害の記憶で世の中に冷笑的になったウェイトレスのルイス(スーザン・サランドン)が週末旅行に乗り出して起こる物語を描く。

平和に見えた旅行は、テルマが一人の男からレイプの脅威にさらされて、その場面を目撃したルイーズが男を射殺したことから物語は本軌道に登る。法の網を避けて逃げる二人は、皮肉なことにその過程で本当の自分を発見し、特に世間ずれしていなかったテルマが徐々に堂々と世の中に対抗していくようすがすばらしく感動的だ。 20代イケメン時代のブラッド・ピットを見ることができる映画だ。男性の専有物だったロードムービーを女性化したという点から、映画会社の記念碑的な作品として記憶される。

9日に再公開されたジル・ミモーニー監督の『アパートメント(L'APPARTEMENT)』(1996)も期待を集める。 20年前、この映画を見たビデオテープ世代の多くがパリに対する熱病を患った。映画は愛の外皮をとりつつもスリラー物として、過去と現在を絶妙に交差編集する。監督がばらまいた部分部分を探し回る旅は、アルフレッド・ヒッチコックのスタイルに似ている。美しいパリにふさわしいモニカ・ベルッチといきいきとした青年時代のヴァンサン・カッセルが主要人物として登場し、三角関係なのか四角関係なのか分からないこんがらがった奇妙な愛の物語が卓越に変奏される。

さて、これだけかな?再公開映画の行進はずっと続く。メル・ギブソン監督の宗教映画『パッション』(2004)が4月13日に再封切りを確定した。ナタリー・ポートマンが新人時代に出演したマイク・ニコルス監督の『閉鎖』(2004年)が4月20日に、ローランド・ジョフィ監督の『ミッション』(1986)が同月6日に再公開する。故レスリー・チャンが出演した2つの映画、『欲望の翼』(1990)と『覇王別姫』(1993)も来る30日に観客を迎える。

[キム・シギュン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`구관이 명관?` 명작영화 재개봉 러시

거장 이스트우드 `밀리언달러 베이비`
`델마와 루이스` 와 `라빠르망` 도
장국영 주연 `아비정전` `패왕별희` 등


`어지간한 신작 열 편보다 재개봉 명작 한 편이 낫다`는 말은 최근 영화시장을 압축해서 보여주는 표현이다. 아카데미 시상식 후보작들도 거의 다 개봉했고, 메가톤급 대작 영화도 드물다. 한국 영화들을 살펴봐도 공장에서 찍어낸 듯 고만고만한 장르영화들 일색이다. 잠시 극장은 접고 나들이라도 가야 하나. 아직 단념하기엔 이르다. 미세먼지 농도가 심해지는 이때, 영화광들의 관심을 사로잡을 옛 명작들이 줄줄이 재개봉 중이다. 우선 지난 8일 재개봉한 클린트 이스트우드의 `밀리언달러 베이비`(2004). 서부극의 사나이로 한 시대를 풍미했던 배우이자, 감독으로서도 거장 반열에..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース