MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 23日 ソウル 0.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
32ヶ月待って...ユ・ソヨン 「湖水の女王」に
記事入力 2017-04-03 17:06 | 記事修正 2017-04-04 17:00:43

3日(韓国時間)、米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアーシーズン最初のメジャー大会であるANAインスピレーションのプレーオフが繰り広げられた、米国カリフォルニア州ランチョ・ミラージュのミッションヒルズCCダイナショアコース(パー72・6763ヤード)。総14アンダー274打を記録したユ・ソヨン(27・メディヒール)はこの日、「衝撃の4罰打」を受けたレキシー・トンプソン(米国)と延長戦に突入した。この大会に先立って2度も準優勝になったユ・ソヨンにとって、今回の延長戦はこれまで以上に震えた。

落ち着いて見せようと、ティーボックスでは微笑もうかべてみた。そして最初に打ったドライバーショットは、正確にフェアウェイの真ん中に落ちた。

一方、続いて打ったトンプソンのティーショットは右に押されてラフに落ちた。先制に成功。

ユ・ソヨンはためらうことなくユーティリティを取り出した。そしてピンに向かって打ったボールはグリーンに落ちて転がり、グリーン横のハザードのすぐ前に止まった。続いて冷静に打ったアプローチショットはピンから1.5メートルに止まった。トンプソンはバディに失敗した状況。ユ・ソヨンは震える心を落ち着かせるために、「できる」という言葉を続け繰り返し言い続けた。運命のバーディーパット。 打ったボールゆっくりところがってホールの中に消えた。

ようやく緊張が解けた。突然涙があふれた。ユ・ソヨンは両手で顔を包んだまま大粒の涙を流した。喜びの涙を流す音は、マイクを介して生き生きと伝えられた。

ユ・ソヨンは「グリーンで涙を流したのが初めてだったはず」とし、「うまい選手だが優勝できないと言う人に、頂上にのぼることができる能力があることを示したかった」と心境を伝えた。

自分をLPGAツアーに導いた2011年US女子オープン延長戦の勝利の後、第二のメジャー優勝を占めたユ・・ソヨンはうんざりする「無勝行進」にピリオドを打った。ユ・ソヨンが先立って優勝を味わったのは2014年8月、カナダ女子オープンだった。なんと2年8ヶ月。 32ヶ月前のことだ。

ユ・ソヨンは粘り強さの代名詞だ。まるで「ウサギとカメ」に出てくる亀を連想させる。黙々として着実に自分の道を行くユ・ソヨンと同じだ。

容易ではない道だった。この大会までにユ・ソヨンは、今シーズンで準優勝2回と5位と7位を1回ずつとった。トップ10進入率は100%。ユ・ソヨンしかない記録だ。また「連続カット通過記録」も今回の大会を含めて「60大会」に増やした。

さらにすべての選手が最も落ちたがる「ポピーポンド(チャンピオンの池)」セレモニーのあるLPGAシーズン初のメジャー大会ANAインスピレーションで、これまで自分を黙々と応援したキャディー、家族とともに爽快なダイビングを行った。ユ・ソヨンは「もともと冷たいシャワーは好きじゃないけど、これなら100回でもできる」と明るく笑った。

今シーズンを世界9位から始めたユ・ソヨンは先週3位に上がった後、メジャー大会優勝で世界ランキング2位まで浮上することに成功した。

すべてのタイトル部門の1位もユ・ソヨンが独占した。賞金ランキング1位(79万2166ドル)、CMEグローブポイント1位(1425点)、平均スコア1位(68.050)、グリーン的中率1位(83.9%)、トップ10フィニッシュ100%、今年の選手のポイント1位(94点)のすべてがユ・ソヨンの取り分だ。

朴仁妃(29・KB金融グループ)とスーザン・ペターセン(ノルウェー)、そしてオーストラリア同胞のイ・ミンジは1打足りず、延長戦に参加していなかった。

[ジョヒョソン記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[LPGA ANA인스퍼레이션] 32개월 기다림…유소연 `호수의 여왕` 되다

ANA인스퍼레이션 연장서 `4벌타` 받은 톰프슨 꺾어
상금·올해의 선수 1위 질주…쭈타누깐 제치고 세계 2위
60개 대회 연속 컷오프 없어


3일(한국시간) 미국여자프로골프(LPGA) 투어 시즌 첫 번째 메이저대회인 ANA 인스퍼레이션 최종일 경기가 펼쳐진 미국 캘리포니아주 랜초미라지의 미션힐스 컨트리클럽 다이나쇼어 코스(파72·6763야드). 합계 14언더파 274타를 기록한 유소연(27·메디힐)은 이날 `충격의 4벌타`를 받은 렉시 톰프슨(미국)과 연장전에 돌입했다. 이 대회에 앞서 준우승만 두 차례 했던 터라 유소연에게 이번 연장전은 그 어느 때보다 떨렸다. 침착해 보이려고 티박스에서 미소도 지어봤다. 그리고 먼저 친 드라이버샷은 정확히 페어웨이 한가운데에 떨어졌다. 반면 뒤이어 친 톰프슨의 티샷은 오른쪽으로 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース