MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 22日 ソウル 26.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
シン・テヨンの監督就任第一声
記事入力 2017-07-06 17:36 | 記事修正 2017-07-07 16:38:53

新任のシン・テヨン代表監督(47)に「国家代表」あるいは「ワールドカップ」という言葉は、「痛み」ということばも同様だ。現役時代、シン監督は「グラウンドの狐」と呼ばれ、城南一和(現城南FC)を率いてプロサッカーKリーグの舞台を征服したが、肝心の代表ユニフォームとは縁がなかった選手だったからだ。彼の代表キャリアは全部を合わせてもわずか23試合3ゴールだ。特に4強神話を成し遂げた2002年韓・日ワールドカップでは、2001年シーズンで城南の優勝をリーダーして最優秀選手(MVP)に選ばれても、観客の立場から全国的な祭りを見守らなければならなかった。

そんなシン・テヨンが再びチャンスをつかんだ。

今度は選手ではなく監督としてだ。シン・テヨン監督は6日、ソウル市鍾路区の新門路サッカー会館で開かれた就任記者会見で、「わが国が9回連続でワールドカップに進出できるように、この体を燃やしたい」という言葉で、韓国サッカーの運命を引き受けた所感の代わりとした。

シン監督が前任のウリ・シュティーリケ監督を代行するまでには紆余曲折があった。 「国家代表チーム監督はサッカーの花」だと語ったシン監督は、「技術委員会の会議が終わって、昼の12時くらいに電話が来ると思っていたのにこなくて気楽に考えていた。午後1時半になって、ようやくアン・ギホン大韓サッカー協会専務から電話が来て、心の中でファイティング!よくやったと思った」とし、「毒杯」を飲んだ日を思い起こした。

2018年にロシアW杯に進出して本選まで消化してもせいぜい11ヶ月で終わる短い契約期間、ともすれば今後の監督キャリアに大きな荷物になることもある契約だ。しかし、シン監督はこまかい条件を気にしなかった。シン監督は「年齢がほろんど50になるが、ワールドカップに出られないのが一生の悔いだった」とし、「選手として出られなかったが、監督でさらに高いところまで行けたという意味と思い、遠征16強以上に進めようと考えた」と本音を打ち明けた。

容易ではない挑戦だ。ワールドカップアジア地域最終予選A組で、4勝1分け3敗(勝ち点13点)で本選直行が可能な2位にようやくとどまっている韓国は、4勝4敗(勝ち点12点)のウズベキスタンたった1点差で追撃されている。与えられた時間も資源もそれほど多くない。来る8月31日、イランとのホームゲームを闘って、9月5日にウズベキスタンとのアウェー戦を最後に、最終予選を仕上げる代表チームにリストを発表(8月21日)し、実際に招集(8月28日)するまでわずか一週間ほどしか余裕がない。負傷で倒れたソン・フンミン(25・トッテナム)とキ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)の空白まで考慮すれば、さらに頭が痛くなる。

それでもシン監督は「代表チームに来る選手たちは良いコンディションと最高の技量を持っており、短い時間でも訓練内容をスポンジのように吸い込む」と自信を見せた。特に問題として指摘される守備に対しても、「U20代表チームとオリンピックチームでは年齢制限のためにプレーできない選手を選んで引き上げなければならなかったが、今は最高の選手を選んで使うことができるので、組織力だけを整えれば大丈夫だと思う」と自信感を示した。

代表チームの選抜基準にはっきりした制限を置かなかった。 「所属チームでプレーできない選手は選抜しない」と断言したが守れずに批判されたホン・ミョンボ前監督や、シュティーリケ前監督とは異なる動きを選んだわけだ。シン監督は「世論がなんと言おうと、監督の持つ戦略に必要なら選ぶ」とし、「海外組だからと無条件で選ぶのではなく、Kリーグから日本・中国・中東などを問わず、勝つことができるプレーヤーを選びたい」として批判をもとから遮断した。

よしんば短い時間だがすぐにコーチ陣を構成し、代替選手を抜擢する作業が必要だ。シン監督があげた問題も「疎通」ではなく「戦術」だった。

シン監督は「シュティーリケ前監督が言語的コミュニケーション以外に大きな問題はなかったが、戦術の不在という問題はあった」とし、慎重な分析を出した後に「監督を補佐するだけではなく、監督が考えていなかった戦術を助け、アドバイスできるコーチングスタッフをさがす」と語った。

もちろんこのすべてが意味を持つためには、まずは最終予選を通過して本大会に行くという前提が必要だ。シン監督もそのような意味で、叱責よりも激励を要請した。シン監督は「韓国サッカーの絶体絶命の危機だと思うが、最初から無理をせず選手たちにいっしょにやれるという感じを与えることができたら」と、就任第一声を終えた。

[イ・ヨンイク記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

선수로 못뛴 월드컵 恨 감독으로 푼다

`원정 16강 그 이상`이 목표…소통보다 전술에 문제있어
해외파 선수 선발 보장 없다…전술에 필요한 선수 뽑을 것


■ 신태용 감독 취임 기자회견신임 신태용 축구 국가대표팀 감독(47)에게 `국가대표팀` 혹은 `월드컵`이라는 단어는 `아픔`의 동의어나 마찬가지다. 현역 시절 신 감독은 `그라운드의 여우`로 불리며 성남 일화(현 성남 FC)를 이끌고 프로축구 K리그 무대를 정복했지만 정작 국가대표 유니폼과는 큰 인연이 없었던 선수였기 때문이다. 그의 국가대표 경력은 전부 합쳐도 고작 23경기 3골. 특히 4강 신화를 이뤄낸 2002년 한일 월드컵에서는 2001년 시즌 성남의 우승을 이끌면서 최우수선수(MVP)로 뽑히고도 관객 입장에서 전국적인 축제를 지켜봐야 했다.그런 신태용이 다시 한 번 기회를 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース