MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 22日 ソウル 26.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
LPGA、困難といわれた60台スコアの「豊年」
記事入力 2017-07-10 17:26 | 記事修正 2017-07-11 16:17:26

昨年、米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアーで60台のスコアを50%以上打った選手は4人だけだった。平均打数1位に上がった田仁智(51.39%)をはじめ、リディア・コ(51.06%)、アリヤ・ジュタヌガーン(50.93%)、フェン・サンサン(50.62%)らは自分の全ラウンドの半分以上で60台のスコアを打った。連続予選通過記録を使っていた現在の世界ランキング1位ユ・ソヨンも60台のスコアを打つ割合は45.75%に過ぎなかった。 60台打数の割合が40%を超えた選手も8人すべて。

しかし今年は60台スコアがあふれている。「60台打数豊年」と言っても良いほどだ。

10日(韓国時間)、米国ウィスコンシン州オナイダのソーンベリークリークゴルフコース(パー72・6624ヤード)で終わったソーンベリークリークLPGAクラシック(賞金総額200万ドル)最終日の試合でキム・セヨンはボギーなしの1イーグル7バーディで9アンダー63打を打った。タイのポルナノン・ファトラムは10アンダー62打を記録した。二人の追撃戦が火を噴いたが、優勝はこの日2アンダー70を打ったキャサリン・カーク(オーストラリア)に帰した。キム・セヨンは単独3位(合計20アンダー268打)、ファトラムは単独4位(合計19アンダー269打)を記録した。カークは3ラウンドまで60台打数の行進(68-63-65打)を行い、打数の違いを充分に得られたおかげで、2010年10月のナビスターLPGAクラシック以来の約6年9ヶ月ぶりにLPGAツアー通算3勝目を上げることができた。今回の大会で四日を通して60台打数を打った選手も6人もいた。

ソーンベリークリークLPGAクラシックまで含めて18大会が行われた今年のLPGAツアーで、50%以上が60台打数を打った選手は14人にもなる。昨年に比べて10人、なんと3.5倍に増えた数だ。 40%以上の選手らに拡大すると、その数は33人にのぼる。今年は60台打数を60%以上記録する選手らもいる。負傷から復帰した五輪金メダリストの朴仁妃(66.67%)をはじめ、「ゴルフの女王」ユ・ソヨン(64.44%)、長打レキシー・トンプソン(63.04%)などが今年のホットショットを飛ばした主人公だ。これら「ショットメーカー3人」は、平均打数でも熾烈な競争を繰り広げている。トンプソンが68.848打で1位、朴仁妃が68.976打でその後に続き、ユ・ソヨンは69.000打で3位だ。

60台打数だけでなく、平均打数も例年に比べて好成績があふれている。昨年、70打を破って69打台の平均打数を記録した選手は合計5人だった。 LPGA史上で最も多くの数だった。しかし今年、この数字は現在22人に増えた。 4倍以上多くの数字だ。 71打を破った選手に拡張すると、総51人にもなる。昨年は71打よりもよい平均打数を記録した選手は24人に過ぎなかった。

現在までにLPGAツアーで平均打数69打を破った選手は、2004年のアニカ・ソレンスタム(68.697打)が唯一だ。トンプソン、朴仁妃、ユ・ソヨンはソレンスタム以後の13年ぶりに、「平均打数69打崩し」に挑戦している。

このように今年は好成績が相次ぐ理由は、LPGAがホットゴルフを誘導するためにコースセッティングを容易にしているからだ。このためティーショット一発でボールをグリーンに上げることができる「ドライバブルパー4ホール」もよく登場する。

選手たちの実力が上向きで平準化することも、好成績が相次ぐ理由の一つだ。韓国をはじめとするアジアのトップランカーたちが大挙LPGAに目を向けて、実力のある選手がいきなり増え、西洋の選手たちも猛特訓を行い実力が良くなっているというわけだ。あまりにも競争が激しいことから、秀でた技量を備えたといえども2勝するのは難しいのがLPGAの現実だ。

今年の最多勝は2勝のユ・ソヨンが独特だ。 18大会でなんと17人の互いに異なる顔のチャンピオンが登場した。

今週のLPGA大会は13日(現地時間)から4日間、ニュージャージー州ベッドミンスターのトランプナショナルゴルフクラブで開催されるUS女子オープンにつながる。コースを最も困難にセッティングすることで悪名高い今回の大会でも、60台打数を打つ選手がたくさん出てくるかに関心が集まっている。

[オ・テシク記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

LPGA, 어렵다던 60대 스코어 `풍년`

실력 향상에 코스도 쉬워져…60대 타수 22명으로 4배↑
박인비, 60대타 비율 최고…유소연·톰프슨 2·3위 기록


지난해 미국여자프로골프(LPGA) 투어에서 60대 스코어를 50% 이상 친 선수는 4명뿐이었다. 평균 타수 1위에 오른 전인지(51.39%)를 비롯해 리디아 고(51.06%), 에리야 쭈타누깐(50.93%), 펑산산(50.62%)이 자신의 전체 라운드 중 절반 이상 60대 스코어를 쳤다. 연속 컷 통과 기록을 쓰던 현 세계랭킹 1위 유소연도 60대 스코어를 친 비율이 45.75%에 불과했다. 60대 타수 비율이 40%를 넘은 선수도 8명이 전부다. 하지만 올해는 60대 스코어가 넘쳐난다. `60대 타수 풍년`이라고 해도 될 정도다.10일(한국시간) 미국 위스콘신주 오나이다의 손베리 크리크 골프장(파72·6624야드)에서 끝난..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース